自作パソコンでのOSインストール

自作パソコンにおいては、BIOS・UEFIの確認後、OSのインストールを行います。

Windowsは、XP、Vista、7、8、10とありますが、OSインストールの基本的な流れは以下のようになります。

  • インストールメディアから起動(光学ディスクやUSB)
  • Press any key to boot・・で何かのキーを押す
  • インストール先のストレージを選択
  • Windowsのインストール
  • プロダクトキーの入力
  • ユーザー名やコンピューター名の入力
  • その他 設定など

OSによって項目の順番が多少異なったりしますが、概ねこのような流れ、設定項目になります。

インストールは、対話形式 ウィザードによって進みます。キーボードのみでも操作できますが、マウスがあったほうがスムーズに行うことができます。

インストール先のストレージを選択するところで、パーティションを設定できます。パーティションの作成は、OSインストール後にディスクの管理からも行うことができるため、特に理由がない場合は、パーティション作成は行わずにインストールを行います。

Windows 10

UEFIに入っている状態で、Windows 10のインストールディスクを光学ドライブに入れます。

インストールディスク

再起動させて UEFIに入ると、UEFIのマークが付いた光学ドライブが表示されます。

UEFIマーク

F8キーで光学ドライブを選択するか、再起動することで Press any key boot from CD or DVDのメッセージが出ます。数秒以内にEnterキーなど何かのキーを押します。

メッセージ

Windows 10のインストールが始まります。ここから先は、すべてウィザード形式で進みます。マウスやキーボードで選択したり入力していきます。

インストール中は何度か自動的に再起動が行われます。

Windows 10 インストール

インストールが終わると、デスクトップ画面が表示されます。この時点で 光学ドライブのインストールディスクを取り出すことができます。

デスクトップ画面

Windows 10のインストール時間はCPU・メモリーやストレージの性能によって多少異なってきます。ストレージがSSDの場合、平均すると20分前後、性能のよいパソコンやストレージがNVMe SSDでは、10分~15分と考えられます。

OSのインストール後は、マザーボードのドライバのインストールを行います。

ライセンス認証

OSのライセンス認証は、LANに接続していると自動的に行われます。

ライセンス認証を行う、あるいはライセンス認証されているかどうかを確認する場合は、PC 右クリック→プロパティ、あるいはコントロールパネル→システムを開き、ライセンス認証の項目を確認します。

ライセンス認証がされていなければ、ここでライセンス認証を行うことができます。ライセンス認証されていれば、認証済みのメッセージが出ます。

システム

OSを再度インストールする際は、プロダクトキーの入力やライセンス認証を行います。OSに付属しているプロダクトキーはなくなさないように保管しておきます。

実例

システム情報OSインストール後、システム情報のBIOSモードの項目。UEFIでのインストールではUEFI、BIOSでのインストールでは、レガシーとなります。


ディスクの管理ディスクの管理

UEFIでのインストールはEFIパーティション、BIOSでのインストールはシステム予約済みの領域が作成されます。


USBパッケージ版 Windows 10。パソコンにインストールメディアであるUSBを取り付けて、電源を入れます。


USBのUEFIのマーク起動デバイスとして表示されます。USBにUEFIのマークが付いています。


64bitを選択Windows 64bitと32bitの選択画面になります。64bitを選択します。

DSP版と同じでウィザード形式でインストールを進めます。


Windows 10は他に、MicrosoftからISOファイルをダウンロードして起動ディスクを作成してインストールディスクにすることができますが、インストール中の画面は、DSP版やパッケージ版とほぼ同じです。

ユーザー名を間違って入力したなど、インストールをやり直す場合は、はじめの Press any key・・から再インストールします。

パーティション削除パーティションの削除。


削除後削除後。


中古やすでにフォーマット済のディスクにインストールする場合は、この画面でパーティションを削除することができますが、データはすべて消えます

またインストールに使うメディアによっては、すでにMBRでフォーマットされているディスクに対しては、「Windowsをインストールできません」というメッセージが表示され、GPT・UEFIでのインストールができないことがあります。

削除できないパーティション、メッセージが表示されインストールできないという場合は、この画面で、Shift + F10でコマンドプロンプトを開き、diskpartでハードディスク消去という方法をとることがあります。データはすべて消えるため、他のドライブなどが接続されていないかなど注意が必要です。