Windowsの設定へアクセスする

Windowsには様々な機能があり、ユーザーが設定を行うことができます。

Windowsにおいて設定を行う入り口となっているのは、設定とコントロールパネルという箇所です。Windows上で 何らかの設定や確認を行うという場合は、この2つのいずれかから行うことが多くなります。

Windows 10、スタートボタン→設定。

設定

Windowsの設定。

Windowsの設定

あるいは、タスクバー右端の通知→すべての設定。

すべての設定

スタートボタン、タスクバー右端のどちらからも同じ設定の画面に入ることができます。

注意点は、タスクバーの右端の設定の近くには タブレットモードというものがあり、ここをクリックしてオンにすると、デスクトップ画面がタブレットモードに切り替わります。元に戻すときは、再度タブレットモードをクリックしてオフにします。

Windowsの設定では、主にシステム、ネットワークとインターネット、個人用設定、更新とセキュリティなどに入ることができます。

デスクトップ上で右クリックして表示される ディスプレイ設定と個人設定は、Windowsの設定にリンクしています。ディスプレイ設定は、Windowsの設定→システム→ディスプレイ。個人設定は、Windowsの設定→個人設定です。

ディスプレイ設定と個人設定

タスクバー上で右クリックして表示される タスクバーの設定は、Windowsの設定→個人用設定→タスクバーにリンクしています。

タスクバーの設定

つまり実際の設定は、Windowsの設定という箇所で行いますが、デスクトップやタスクバーに関連した設定は、すぐに設定できるように右クリックで設定画面にショートカットするようになっています。