ハードディスクの消去

Winndowsでは、ディスクの管理という機能によって、ハードディスクなどの初期化、パーティションの作成・削除、フォーマットなどが行うことができます。

しかし、ディスクの管理で一度初期化すると、MBRとGPTというパーティション形式を規定することになり、この情報を削除することはできません。

ディスクの管理で、パーティションを削除して MBRとGPTを切り替えることはできますが、規定している領域を削除する場合は、ハードディスクを初期化する前の段階にする必要があります。

また、元々パソコンに内蔵されていたハードディスクなどを外付けとして使う場合に、不要なパーティションを削除しようとしても、ディスクの管理からは削除できないことがあります。

このような時に、diskpartというコマンドが使われることがあります。ハードディスクの全情報の削除になるため、操作は慎重に行う必要があります。

使用方法

操作は慎重に行います。USBメモリーや外付けハードディスクなど他のデバイスは可能な限り、パソコンから取り外しておきます。

コマンドプロンプトを起動して、diskpartと入力し、Enterキー。ユーザーアカウント制御など確認の画面が出ます。

コマンドプロンプト

diskpartの画面。コマンドプロンプトの元の画面は最小化などしておきます。

diskpartの画面

list diskと入力し、Enter。接続されているドライブが表示されます。

コマンドプロンプト

ディスク0、ディスク1というのは、Windowsのディスクの管理に表示されているドライブと同じになります。

起動しているドライブ、Cドライブの全削除はできないようになっています。

次に、select disk nと入力し、Enter。n に該当するディスクの番号を入力します。ここではディスク1を選択しています。

コマンドプロンプト

次の入力で全消去となるため、確認のため 再度、list diskと入力します。該当するディスクの左端に *印が付いていることを確認します。

コマンドプロンプト

cleanと入力し、Enter。数秒でハードディスクの消去が行われます。

コマンドプロンプト

exitと入力し、Enter。diskpartから退出します。

コマンドプロンプト

ディスクの管理では、以下のようになります。

事前にディスクの管理で、該当するハードディスクのディスク番号や容量などを確認しておきます。ここではディスク1になります。

コマンドプロンプト

diskpartで削除後。パーティションやMBR・GPTなどすべての情報が消去されており、ディスクの初期化から行うことができます。

コマンドプロンプト

diskpartは、内蔵や外付けのディスクに対して行うことができます。

MBRやGPTの情報を規定している領域の削除、ディスクの管理からでは削除できないパーティションの削除、自作パソコンなどでOSインストール中に起動させて使われることがあります。

該当するディスクを十分に確認した上で操作を行います。