使用頻度の高いアイコン

パソコンを使用する上でよく使用するアイコンに、ユーザーファイル、コンピューター、ネットワーク、ゴミ箱、コントロールパネルなどがあります。

ゴミ箱はデスクトップに表示されていますが、ユーザーファイル、コンピュータ、ネットワーク、コントロールパネルもデスクトップに表示させておくこともできます。

デスクトップ上で右クリックプロパティ→個人設定

個人設定

デスクトップアイコンの変更。

デスクトップアイコンの変更

チェックを入れて、OK。Vitsa,7,8ではコントロールパネルのアイコンもデスクトップ上に表示させることができます。

コントロールパネル

デスクトップにマイドキュメント、マイコンピュータ、マイネットワーク、コントロールパネルのアイコンが表示されます。

デスクトップ

それぞれのアイコン

ユーザーファイルこのフォルダは、 ユーザーフォルダともいいます。お気に入り、ダウンロード、マイドキュメント、マイピクチャ、マイミュージックなどが入っています。


使用しているパソコンのデータは、ほとんどここに入っていることがわかります。

自分の使いたいデータにアクセスしやすく、この中に新規フォルダを作成してデータを保存しておくということもできます。

コンピューターコンピューターを開くと CドライブやDドライブ、光学ドライブ、USB機器などが表示されています。

接続したUSB機器やカード類を把握したり操作することができます。


このコンピューターからパソコン内のすべてのフォルダ・ファイルを見つけていくことができます。

右クリックを使うことで、デバイスマネージャ、システム詳細設定、コンピューターの管理などへ行くこともできます。

ネットワークネットワークを開くことで ネートワーク内のパソコンや周辺機器を見つけることができます。


また右クリックを使うことで ネットワークと共有センターにいくことができます。

コントロールパネルコントロールパネルでは、パソコンの基本的な設定を行うことができます。


プログラムの追加と削除、電源設定、デバイスとプリンターなどよく使う項目が多いところです。

これらのアイコンを表示させておくと、「あのデータはどこに?」「この操作がしたいけどどうしたらいいか・・」というようなことがほとんどなくなってきます。