主要なデータの格納場所

Windowsには、ユーザーアカウントごとに作成される ユーザーフォルダというものがあります。

ユーザーフォルダには、ドキュメント、デスクトップ、ダウンロード、ピクチャ、ビデオ、ミュージックなどのフォルダが入っています。

デスクトップアイコンとして表示されていることがあります。ユーザーファイルということもあります。

ユーザーフォルダのアイコン

アイコンの中のフォルダ。

アイコンの中のフォルダ

ユーザーフォルダは、エクスプローラーで辿ると PC→Cドライブ→ユーザー→アカウント名のフォルダになります。

ユーザーフォルダすべてをバックアップする場合は、エクスプローラーで辿り ユーザーアカウント名の付いたこのフォルダをコピーします。

エクスプローラー

ユーザーフォルダの中のフォルダ。

ユーザーフォルダの中のフォルダ

ユーザーフォルダには、ダウンロードフォルダがあり、容量が大きくなることがあるため、事前に容量を確認したり、必要なフォルダのみコピーすることもあります。

お気に入り

またお気に入りというフォルダは、基本的にIEのお気に入りしか入らないため、他のブラウザではエクスポートなどが必要になります。

IEのお気に入りは、お気に入りフォルダをバックアップすることができます。

お気に入り

ドキュメント

ドキュメントは、ソフトウェアがデータ用のフォルダを作成していることがあります。個別にバックアップをとることができます。

ドキュメント

このようにユーザーフォルダは、主要なデータの格納場所になっており、多くのソフトウェアがドキュメントなどにデータ用のフォルダを作成することがあります。

こうしたことから、Windows バックアップファイル履歴の機能は、主にユーザーフォルダのデータが中心となっています。