BIOSで基本的な項目を確認する

ケース内に全ての部品を取り付け、電源やケーブルの配線も終えOSのインストール準備が整ったら、パソコンの電源を入れてBIOSで確認作業を行います。

ハードウェアが認識できているかどうか、正常に組み立てができたかなどの確認になります。

マザーボードによりBIOSの表示は異なりますが、確認する項目は主に下記の点になります。

  • 日付・時刻の確認
  • CPU、メモリ、HDD、光学ドライブなどのデバイスが認識されているかどうか?
  • CPU温度は適切かどうか?
  • 必要であれば、起動順位をCD/DVD優先起動にする

通常はキーボードのカーソルキーやEnterキー、Escキーなどを使って操作します。ただ 最近のBIOS(UEFI BIOS)では、マウスを使って操作できるようになっています。

方法

BIOS画面に入るには、電源投入後 マザーボードのメーカーやロゴが表示されている時に、Deleteキーを押します。マザーボードメーカーにより一部異なります。BIOS画面です。

bios

日付・時刻が正しいかどうか、光学ドライブやHDDが認識されているかどうか確認します。

ドライブ

System InformationなどでCPU、メモリーを確認します。

CPUとメモリー

PowerやHardwareMonitorなどで、CPU温度の確認をします。通常40度~60度が正常です。

切り込み

BootやBoot Device Priorityで、CD/DVDドライブやUSBなどOSインストールメディアを起動順位1番目にします。

Boot Menuで一時的に起動デバイスを変更してインストールすることもできるので、必ずしも設定しなければならないというわけではありません。

起動順位

時刻の調整

ASUSやGIGABYTEなど、自作パソコンで使用されるマザーボードの多くは台湾メーカーです。

時刻が1時間ずれて設定されていることがあります。日本と台湾の時差が1時間あるためです。

工場出荷値では台湾時間に設定されていることが多いので、1時間時刻を進めて調整します。

Ctrl+Alt+Delete

BIOSに入り、もし分からなくなったら キーボードのCtrl+Alt+Deleteを押して パソコンを再起動させることができます。

一旦 BIOSに入ったものの操作の仕方がわからない、出る方法が分からない、あるいは特に設定を変更せずに確認だけ行ったという時は、Ctrl+Alt+Deleteを押してパソコンを再起動させます。

自作パソコンやBTOパソコンには、PCケースに再起動ボタンがあることも多く、それを押しても再起動させることができます。


関連情報