グラフィック性能を強化する

自作パソコンやBTOパソコンでは、グラフィックボードが故障した場合、あるいはマルチディスプレイ・動画編集・3Dゲームなど、スペックを上げるためにグラフィックボードを交換・増設することがあります。

グラフィックカードの交換や増設は、特別に難しいということはありませんが、いくつか注意しておいたほうがいい点はあります。

このページでは、グラフィックボードの取り付け・交換の方法や、グラフィックボードの選び方について解説しています。

注意点

1.もともとインストールされているドライバは削除する

新たに取り付ける場合は関係ありませんが、交換する場合はパソコンが起動している状態で、もともとインストールされているドライバを削除します。

削除はプログラムの追加と削除から行います。NvidiaやAMDから始まるものがアンインストール対象となります。

ただ最近のドライバは、インストール時に自動で古いドライバを検知し、削除することがほとんどなので、必ずしも必須というわけではありません。

2.適切なグラフィックボードを選ぶ

大きさや補助電源の有無になります。

例えば高性能なグラフィックボードは、長さがあり、大きいためケースに収まらないということもあります。

また電源ユニットに補助電源が1つしかないのに、補助電源が2つ必要なグラフィックボードを付けることはできません。

グラフィックボードは、ハイエンドなものになると電力の消費も大きいため、電源ユニットの出力数が足りなくなるということもあります。

ケースに入る大きさであるかどうか?電源供給に問題ないか?の確認は必要です。

3.スロットの爪に注意する

グラフィックボードは、PCI-Express×16のスロットに増設します。

他の拡張スロットにはないものの、PCI-Expressにだけあるものとしてグラフィックボードを固定する爪があります。

すべてのメーカーのマザーボードにこの爪があるわけではありませんし、スライドタイプのような簡単なものもあるので一概にはいえませんが、グラフィックボードの取り外し・取り付けではこの爪の存在を忘れないことが大切です。

取り付け方法

新たに取り付ける場合から解説したいと思います。

今回グラフィックボードを増設するパソコンです。まずサイドパネルをあけて内部にアクセスできるようにします。

サイドパネルを開ける

パソコンを横にして主電源はOFFにします。○印がOFF。必要であればケーブルを抜いておきます。

電源をOFFにする

増設する場所を確認します。グラフィックボードは、PCI-Express×16のスロットです。切掛けは左の方にあります。スロットの色はマザーボードによって異なります。

PCI-Express×16のスロットが2つある場合は、上にある方・CPUに近い方を優先して使用します。

増設場所

スロットカバーは、各拡張スロットにそれぞれ付いていることが分かります。

グラフィックボードにもよりますが、スロットカバーを2つ外す場合と1つだけ外す場合とがあります。

PCIスロットカバー

スロットカバーを取り外します。PCケースによってネジで固定されている場合やラッチやカバーで固定されている場合とがあります。

PCIスロットカバーの取り外し

今回増設する補助電源なしのグラフィックボード。

増設するグラフィックボード

グラフィックボードを取り付けます。高さが合っていることと、グラフィックボードの端子部分がしっかりスロットに入っていることを確認できたら取り付けは成功です。

取り付ける

インチネジで固定します。PCケースによっては、ラッチやカバーが付いていたりするので、必ずしもネジを使用するわけではありません。

またグラフィックボードに補助電源が必要な場合は、補助電源を接続します。

固定する

ケース背面。

ケース背面

今までマザーボードの端子に付いていた液晶ケーブルをグラフィックボードに接続します。VGAやDVI、HDMIになります。

液晶ケーブル

電源をONにして起動させます。ドライバーがインストールされていないので、解像度は低くなることもあります。

起動させる

起動したら添付CDをセットします。解像度が低くなって見づらくなっていることもありますが、基本的に解像度はまだ扱いません。

添付CDをセットする

添付のCDでドライバーやユーティリティをインストールします。

ドライバーのインストール

メッセージに従い再起動させます。

再起動させる

起動したらディスプレイに最適な解像度に調整します。以上で終わりです。

解像度の調整

グラフィックボードの増設では、添付CDを使わずに事前に最新のドライバーとユーティリティをメーカーサイトからダウンロードして、増設後にインストールするという方法もあります。

中古のグラフィックボードでは、添付CDが付いていない、添付CDが付いていてもドライバーが古いということもあります。こういう場合は、メーカーサイトからダウンロードしたほうが適切です。


交換・増設方法

次にグラフィックボードの交換を解説します。

プログラムの追加と削除から、もともと付いていたGeforceやATI Radeonのグラフィックボードのドライバや付属ソフトなどを削除します。

ただ前述しましたように、最近のドライバは、古いドライバやソフトを自動で検知して削除・更新するため、必ずしも削除するというわけではありません。

プログラムの追加と削除

まず、もともと付いているグラフィックボードを外します。

外すときは固定しているネジや繋がっている電源ケーブルを抜き、最後にマザーボードのスロットから取り外します。この時、マザーボードによっては、爪がかかってことがあるので、よく確認するようにします。

グラフィックボード

グラフィックボードを取り外した様子です。

取り外した様子

上が取り外したグラフィックボード、下が交換する新しいグラフィックボードです。

交換するグラフィックボード

新しいグラフィックボードをマザボードのスロットに取り付けます。補助電源付きのものは、電源ユニットの電源ケーブルも接続するようにします。

取り付け

パソコンに、電源ケーブル、ディスプレイケーブルを接続し、電源を入れパソコンを起動します。

起動

起動させるとパソコンの画面は低い解像度で表示されることもあります。これはまだドライバーがインストールされていないためです。

低い解像度

新しく交換したグラフィックボードのドライバをインストールします。CDなどがない場合は、メーカーサイトでダウンロードしてインストールします。

ドライバー

再起動を求められたら、パソコンを再起動します。

インストール

ドライバをインストール後、パソコンを再起動させると自動的にパソコンの解像度が適切になることもあります。

ディスプレイアダプタ

グラフィックドライバーが正しくインストールされているかどうかは、デバイスマネージャのディスプレイアダプタを確認します。

製品やグラフィックチップ名が表示され、!マークや?マークが表示されていなければ問題ありません。


グラフィックボードを固定する爪

マザーボードのメーカーによってグラフィックボードを固定する爪の形状は異なります。付いていない場合もあります。

最近では取り付け・取り外しが簡単にできるように、固定する爪は付いていないマザーボードの方が多いようです。

ASUSのマザーボードASUSのマザーボードでよく使用されていたものです。

取り外しの際にレバーを下げることで、グラフィックボードを固定している爪が外れます。

こうした爪がある場合は、取り付けの際も少しレバーを押し下げたほうが、装着しやすくなっています。


爪上記の凸部分がグラフィックボードにかかっていることが分かります。


スライド式スライド式の爪。最近のマザーボードでよく見かけるタイプです。


ロックがかかる装着するとロックがかかるようになっています。


スライドして解除取り外す時は スライドして解除します。

グラフィックボードの選び方

グラフィックボードは、種類やメーカーもたくさんあって、少し分かりにくいところがあります。要点を整理します。

NvidiaとATI

まずグラフィックボードは、基板上にGPU(グラフィックチップ)があります。通常はファンなどに隠れていて見えません。

このGPUは、Nvidia(エヌビディア)とATI(エーティーアイ)の2社があります。型番にGTやGTXが付くのがGeforce、HDやRXが付くのがRadeonです。

  • Nvidia・・Geforce(ジーフォース)、GT、GTX
  • ATI・・Radeon(ラディオン)、HD、RX

メーカー

GPUを組み込んで、グラフィックボードを製造・販売しているのがグラフィックボードのメーカーです。主なところでは下記のメーカーがあります。

メーカーが違うと、同じGPUを搭載していてもデザインやファンの形、グラフィックメモリー搭載量などが異なります。

  • ASUS
  • GIGABYTE
  • MSI
  • GALAXY
  • ELSA
  • 玄人志向

性能

グラフィックボードは性能別に大別されています。性能が違うと、グラフィック描画能力に差が出てきます。

最も性能が低いといわれるローエンドのものでも、第三世代 Core iシリーズ(サンディーブリッジ)のCPUの内蔵グラフィック機能より性能は上です。サンディーブリッジ以前のマザーボードのチップセット内蔵グラフィック機能よりも当然性能は上になります。

  • ローエンド・・・低価格・廉価版
  • ミドルレンジ・・・価格・性能バランス重視
  • ハイエンド・・・高性能

補助電源

グラフィックボードはパソコンパーツの中でも電源を消費するパーツです。特にミドルレンジ以上はその傾向が強くなります。ローエンドのものは低消費電力です。

性能が高くなるにつれて補助電源が必要となります。補助電源は電源ユニットから取ることになります。

補助電源には、6pin×1、6pin×2、8pin×1、8pin×2などがあります。

ミドルレンジのものは、6pin×1がほとんどで、ハイエンドのものが6pin×2や8pin×2になってきます。

グラフィックボードの6pin×1ミドルレンジのグラフィックボードの6pin×1の補助電源。


電源ユニットの6pin×1電源ユニットの6pin×1の補助電源。


電源ユニットの8pin×2電源ユニットの8pin×2。8pinは6pin+2pinの構成になっていて6pinで使用することも8pinとして使用することもできます。


つまり、グラフィックボードを選ぶ場合、グラフィックボード用の電源コネクターがそもそも電源ユニットに付いているのかどうか?、付いているなら6pin×1か8pin×2か?確認しておく必要があります。

もしグラフィックボード用の電源が足りないという場合は、補助電源なしのグラフィックボードにするか、電源ユニットを交換するかで対応します。

消費電力

ローエンドのものは気にする必要はないのですが、ミドルレンジ以上のものはそれなりに電源を消費することになります。

あくまで目安ですが必要な電源ユニットの出力数は以下のようになります。

  • ローエンド・・・350w~450w
  • ミドルレンジ・・・400w~550w
  • ハイエンド・・・550w~750w

電源ユニットに6pinや8pinなどグラフィックボード用の電源があるということは、それなりに出力数が大きい電源ユニットであるといえますので、コネクターの種類・数は電源ユニットの性能も表しているといえます。

メモリー

グラフィックボードには、基板上にグラフィックメモリーが付いています。

512MB、1GB、2GBなどです。メモリーが多いほうが性能はやや上がっていきます。前述しましたように、同一のGPU搭載でもメーカーが異なれば、メモリー搭載量や値段が変わってくることもあります。

接続端子

グラフィックボードは、ディスプレイにつなぐ接続端子が複数用意されています。

これからグラフィックボードを増設したり、交換するという場合は、現在使用しているディスプレイの接続端子を確認しておいたほうがいいでしょう。VGA、DVI、HDMIなどです。

場合によっては、DVIやHDMIからVGAに変換が必要なこともあります。

世代

PCI-Expressには、2.0とか3.0という世代があります。

混同しがちになるのですが、これは接続規格ではありません。接続する場所はあくまで、マザーボードのPCI-Express×16スロットです。

最近のグラフィックボードは、3.0の世代になっています。GEN3といいます。2.0より転送速度が速くなります。

マザーボードが PCI-Express 3.0に対応している場合に、上限の3.0の速度が出ます。PCI-Express 3.0はGEN3ともいいます。

それほど体感できるようなものではありませんが、ベンチマークテストや一人称視点のゲームなどでは多少の違いはあると言われています。

GEN3の対応スロットのないマザーボードでは、2.0の速度になります。USB2.0やUSB3.0のようなものだと思えば問題ありません。

型番・性能の違い

最近のシリーズでの比較になります。

Geforce

Geforceでは、下3桁の数字がシリーズ名です。現在は、GeForce 1000シリーズGeforce 900シリーズが中心です。700シリーズ。その前が 600シリーズになります。

1000や900など数字の大きいほうが、新しい世代・製品になります。

同じ世代でも、下2桁の数字が大きいほど性能は高くなります。()内は必要な補助電源。補助電源はあくまで目安です。

Gefoce 900シリーズ

  • GTX TITAN X(8pin + 6pin)
  • GTX 980 Ti (8pin + 6pin)
  • GTX 980 (6pin x 2)
  • GTX 970 (6pin x 2)
  • GTX 960 (6pin x 2)
  • GTX 950 (6pin x 1)

Gefoce 700シリーズ

  • GTX TITAN Z(8pin x 2)
  • GTX TITAN BLACK (8pin + 6pin)
  • GTX 780 Ti (8pin + 6pin)
  • GTX 780 (6pin + 8pin)
  • GTX 770 (6pin + 8pin)
  • GTX 760 (6pin x 8pin)
  • GTX 750 Ti ※ほぼ補助電源不要
  • GTX 750 ※ほぼ補助電源不要

Gefoce 600シリーズ

  • GTX 690 (8pin x 2)
  • GTX 680 (6pin x 2)
  • GTX 670 (6pin x 2)
  • GTX 660 Ti (6pin x 2)
  • GTX 660 (6pin x 1)
  • GTX 650 Ti (6pin x 1)
  • GTX 650 (6pin x 1) ※補助電源なしもあります
  • GT 640
  • GT 630
  • GT 620
  • GT 610

Radeon

Radeonでは、現在RX 500シリーズ、RX 400シリーズ、Rx 300シリーズ、その前は Rx 200シリーズ、7000シリーズです。下3桁の数字が大きいほど性能は高くなります。

Radeon R300シリーズ

  • Radeon R9 FuryX (8pin+8pin)
  • Radeon R9 Fury (8pin+8pin)
  • Radeon R9 390X (8pin+6pin)
  • Radeon R9 390 (6pin+8pin)
  • Radeon R9 380 (6pin x 2)
  • Radeon R7 370 (6pin x 1)
  • Radeon R7 360 (6pin x 1)

Radeon R200シリーズ

  • Radeon R9 295X2(8pin x 2)
  • Radeon R9 290X (8pin+8pin)
  • Radeon R9 290 (6pin+8pin)
  • Radeon R9 280X (6pin+8pin)
  • Radeon R9 270X (6pin x 2)
  • Radeon R9 270 (6pin x 1)
  • Radeon R7 260X (6pin x 1)
  • Radeon R7 250
  • Radeon R7 240

Radeon 7000シリーズ

  • Radeon HD7990 (8pin+8pin)
  • Radeon HD7970 (6pin+8pin)
  • Radeon HD7950 (6pin x 2)
  • Radeon HD7870 (6pin x 2)
  • Radeon HD7850 (6pin x 1)
  • Radeon HD7770 (6pin x 1)
  • Radeon HD7750

単純に世代が新しい方が全体的な性能は上がりますが、異なる世代でも下2桁・下3桁の数字が大きい方が性能は高くなります。

例えば GTX570>GTX650、HD6950>HD7750などです。

ただし GTX900シリーズは全般的に性能が高めで GTX970>GTX780、GTX980>GTX780Ti、GTX950>GTX760、GTX750Tiということもあります。

全体の比較

全体のイメージ図としてはこのようになります。世代・型番によって性能に違いがあることが分かります。

性能比較

パソコンパーツショップなどの性能比較表などを参考にすることもできます。

CPUと同じでかなりハイエンドなものがあります。

低消費電力化が進んでいるので、性能のわりに必要な補助電源が少なくなっている傾向があります。

特に人気があるグラフィックボードは、ミドルレンジからハイエンドのグラフィックボードです。

3Dゲームやオンラインゲームなどで、推奨グラフィックボードに指定されているのもこのクラスのものになります。

ローエンドのグラフィックボードは、マルチディスプレイ、地デジ用、ブルーレイ再生、動画再生支援などでよく使用されます。

またロープロファイルにも対応するので、スリムタイプのケースでも増設することができます。

静電気対策用手袋。グラフィックボードを持つ際は、基盤を触れることもあるので、どちらかというと こういう手袋をした方がスムーズにいきます。

関連情報