接点・橋渡し

インターフェースとは、接点・橋渡し・界面という意味です。何かと何かの間で、接点・橋渡しとなるものです。

インターフェース

パソコン用語では、大きく3つに分けられます。

  • ハードウェアインターフェース・・・ハードウェア間
  • ソフトウェアインターフェース・・・ソフトウェア間
  • ユーザーインターフェース・・・ハードウェアとユーザー間

ハードウェアインターフェース

パソコンや周辺機器など機能や形状が異なるハードウェアは、インターフェースを通じて通信できるようになります。

ハードウェアインターフェース

パソコンや周辺機器の代表的なインターフェースには、USBがあります。マウス・キーボード、プリンター、外付けHDD、USBメモリーなどがあります。

パソコンと液晶ディスプレイを接続する規格には、HDMIDVIが使われています。

機器と接続するために外部・外側に付いているインターフェースであることから外部インターフェース、また 入力や出力に関するインターフェースであることから 入出力インターフェースともいいます。

パソコンの内部でも、機器と機器が接続されています。

ハードディスクや光学ドライブをマザーボードと接続する規格である SATA、ビデオカード増設などで使われている PCI-Expressがあります。

また Bluetoothのように、有線ではなく無線でパソコンと周辺機器を接続する規格もあり、ワイアレスインタフェースといいます。

レガシーインターフェース

ハードディスクの接続規格は、現在はSATAが主流となっていますが、以前はIDEという規格が使われていました。

他にもマウス・キーボードの接続で使われていたPS/2、プリンターの接続で使われていたIEEE 1284 パラレルポートなどがあり、USBの登場により徐々に使われなくなっています。

レガシーとは、遺産・遺物という意味です。

インターフェースとして全く使われていないというわけではありませんが、新しい規格により代替され使われなくなったインターフェースのことを、レガシーインターフェースということがあります。

ネットワークインターフェース

パソコンやネットワーク機器の仕様書などに記載されていることがあります。

ネットワーク、つまりLANの接続規格です。

有線LANか無線LANいずれかを指しています。正式な名称で、有線LANならIEEE 802.3、無線LANならIEEE802.11n、IEEE802.11acなどとなっていることがあります。

インターフェースカード

インターフェースカードとは、機器を接続するためにインターフェースを追加するカードやボードのことです。内蔵型のボードやノートパソコン用のカードタイプのものがあります。

  • LANボード・LANカード・・・LANポートの増設
  • USBボード・USBカード・・・USBポートの増設

近年のパソコンでは、ほとんど使うことはありませんが、稀に増設して使うことがあります。

増設用のLANのインターフェースカードやパソコンや機器に内蔵されているLANのポートは、すべてネットワークインターフェースカード、NIC ニックということがあります。

API

ソフトウェアとソフトウェアの間で橋渡しをするものが、ソフトウェアインターフェースです。

ハードウェアと異なり 実際に形あるものではありませんが、ソフトウェア・プログラム間でのやり取りを可能とするものです。この代表的なものを API アプリケーション・プログラミング・インターフェースといいます。

Windowsには Windows APIというものがあり、Windows上のソフトウェアは OSであるWindowsとWindows APIでやり取りしています。

API

APIは、ソフトウェア開発・プログラミングなどでよく出てくる用語です。

またWeb APIというは、外部のWebサイトの情報、例えば 価格情報・地図情報・気象情報などを、自分のWebサイトやアプリケーションに呼び出したり実装したりするときに使われます。

一定の条件のもと自由に使えるように公開されており、公開APIともいいます。

ユーザーインターフェース

ユーザーインターフェースとは、ユーザー・利用者と機器の接点という意味です。略して UI。マンマシンインターフェース、ヒューマンインタフェースともいいます。

ユーザーインターフェース

マウス、キーボードなどユーザーと接点となるところは、すべてユーザーインターフェースです。パソコンの画面表示では、グラフィカルなユーザーインターフェース、GUIが使われています。

ユーザーインターフェースは、ユーザーや人間の使いやすさなどを考慮した ユーザー中心設計が用いられます。

ユーザーインターフェースなどを通して得られる 機器やソフトウェアの有効さ、効率、満足度の総合的な指標を ユーザビリティ、購入前・利用前の期待感から利用後までの印象を含む より包括的な概念を ユーザーエクスペリエンス、略して UXといいます。