CUIとGUIとは?

CUIは、Character User Interfaceの略。GUIは、Graphical User Interfaceの略。

User Interface ユーザーインターフェースとは、ユーザーとコンピューター間での情報のやり取りの方法、仲立ちするものという意味です。

ユーザーインターフェースが、Cなのか?Gなのか?ということです。

  • CUI・・・Character、文字
  • GUI・・・Graphical、グラフィックや図表

いずれかの方法で 人とコンピューターが情報のやり取りをするということになります。

CUI

身近で代表的なものは Windowsに搭載されている コマンドプロンプトといわれるものです。

例えば ipconfigという文字でコマンド・命令を出します。

コマンドプロンプト

それに対して パソコンが答えを出してきます。

ipconfig

このように、あらかじめ決まっている文字や命令をコマンドといい、コマンドを入力して行うやり取りを CUIといいます。

黒い画面にカーソルだけが点滅しているという感じです。主にキーボードが使われます。

Windowsが出てくる前の MicrosftのMS-DOSというOSがCUIです。

CUIは主に、UNIXやLinuxなどのOS、シスコ社製のルーターなど機器の操作・保守管理などで使われています。

GUI

GUIは、CUIと違ってグラフィカルな画面です。

Windowsのパソコンは、GUIです。

GUI

キーボードの他にマウスやタッチパネルも使われます。

デスクトップ画面を見るとわかりますが、グラフィカルでアイコンやメニューボタンなどが用意されていて、どのように操作すればよいのか分かりやすくなっています。

メニューバー、プルダウンメニュー、チェックボックス、選択ボタン、テキストボックス、エラーメッセージなどもGUIを構成しているものです。

Windowsだけでなく Macやスマートフォン、タブレットなどのデジタル機器や各種アプリケーションは、ほぼすべてGUIです。

また広い意味では、銀行のATM、カーナビなど視覚的に簡単に操作できる機器やシステムもGUIになります。