HDD・SSD・光学ドライブのインターフェース

HDDや光学ドライブには、IDEとSATAという2種類の接続規格、インターフェースがあります。

現在主流となっている規格は、SATAです。転送速度の違いにより SATAⅡやSATAⅢなどがあります。SATAの前の規格は、IDEであり ATA、パラレルATAともいいます。

IDEは新たに使用するという規格ではないため、予備知識程度に知っておくといいでしょう。

IDE

IDEはSATAが登場するまでの古い規格になります。

IDEのHDD、光学ドライブは現在ほとんど生産されていません。

IDE接続のハードディスクIDE接続のハードディスク。ピンがたくさんあるのが特徴です。


ATAPIの光学ドライブIDE接続の光学ドライブ。

IDEではなく、ATAPIということがあります。


電源コネクターIDE接続のHDD、光学ドライブで使用される電源コネクター。ペリフェラル4pin電源ともいいます。


マザーボードマザーボードのIDE接続端子。最近のマザーボードでは 実装されなくなってきています。


IDEケーブルIDE接続ケーブル。色や長さはケーブルによって異なります。一般的にマザーボード側に接続するほうに色が付いています。

SATA

SATA(シリアルATA)は、IDEより高速なデータ転送が可能であり、ケーブルや接続方法はシンプルになっています。現在主流の接続規格です。

SATAには、SATA、SATAⅡ、SATAⅢの3つがありますが、主に使用されているのはSATAⅡ、SATAⅢです。SATAⅢが最も新しく転送速度が速くなります。

  • SATA・・・・150Mbyte/s、1.5Gb/s
  • SATAⅡ・・300Mbyte/s、3Gb/s
  • SATAⅢ・・600Mbyte/s、6Gb/s

互換性があるため、SATAⅢのHDDやSSDを SATAⅡのマザーボードに接続しても動作します。この場合 SATAⅢのHDDやSSDは、SATAⅡの速度で動作します。

光学ドライブハードディスクは物理動作するため、SATAⅡ、SATAⅢどちらに接続しても速度はほとんど同じです。違いが出るのは、SSDを接続したときになります。

SATAⅢに対応しているかどうかは、パソコンのマザーボードのチップセット次第になりますが、USB3.0のポートがあれば、概ねSATAⅢに対応しています。

SATA接続のハードディスクSATA接続のハードディスク。L字型のコネクターになっています。

大きい方に電源、小さい方にSATAケーブルをつなぎます。


SATA接続の光学ドライブSATA接続の光学ドライブ。


SATAの電源コネクターSATA接続のHDD、光学ドライブで使用される電源コネクター。


SATAケーブルSATAケーブル。色や長さはケーブルによって異なります。

片方がL字型になっているものや、固定を確実に行うことができる金具 ラッチが付いているものもあります。


SATAⅢマザーボードのSATA接続端子。

SATAⅡとSATAⅢが混在していることもあります。

ここでは SATAⅡ(真ん中 水色×4)とSATAⅢ(一番上 青色×1と下 白色×2)。


SSDSATA接続のSSD。


USB3.0マザーボードのUSB3.0端子(青色の端子)。

SATAⅢ対応のマザーボードは、基本的にほとんどがUSB3.0の端子を持っています。


対応転送モードクリスタルディスクインフォ、対応転送モード。

左がマザーボード、右がHDDやSSDの対応。ここでは、SATAⅢのポートにSATAⅢに対応しているHDDが接続されています。


左がSATA300となっている場合は、マザーボードはSATAⅡのポートを使用していることになります。

このようにSATAは、HDD・SSD、光学ドライブなどの主要なインターフェースとなっています。