USB2.0とUSB3.0の違い

USB機器には、USB2.0やUSB3.0という規格があります。

USB規格は USB2.0のものが長く使われていましたが、USB3.0が登場してから、パソコンや周辺機器のUSB規格もUSB3.0対応のものが増えてきました。

このページでは、USB2.0とUSB3.0の違い、新しい規格である USB3.1について解説しています。

速度

USB2.0もUSB3.0も同じUSB規格であるため、大きく形状が違うということはありません。異なる点としては、先ず転送速度があげられます。

USB3.0の方が新しい規格なので、データの転送速度がUSB2.0よりも速くなります。

  • USB2.0・・・480Mbps
  • USB3.0・・・5Gbps (5120Mbps)

USB3.0はUSB2.0に比べると、理論上 スピードに大きな差があります。例えば、パソコンからUSBメモリーなどへコピーをする時の速度が、より速くなるということです。

見ため

USBメモリーや外付けHDDなどUSBを使用した周辺機器は、パッケージなどでUSB3.0対応という表記があります。

USB3.0の接続端子部分を見てみると、今までのUSB2.0とは少し違うのが分かります。

USB2.0のUSBメモリー USB2.0のUSBメモリー。


USB3.0のUSBメモリー USB3.0対応のUSBメモリー。端子の部分が青くなっています。


USB2.0ポート パソコンのUSB2.0ポート。


USB3.0ポート USB3.0のポート。端子が青くなっています。

SSという文字が刻印されていることもあります。SSは、Super Speedの略。


この青い端子というのは、従来のUSB2.0と区別するために用いられていますが、機器によっては色が付いていないこともあります。

USB3.0

USB3.0は、USB3.0に対応した機器を、パソコン側のUSB3.0のポートに接続した時に、はじめてUSB3.0の速度がでます。

例えば、USB3.0のUSBメモリーを、従来のUSB2.0のUSBポートに接続しても、速度の上限は USB2.0になります。

また、USB2.0のUSBメモリーを、パソコン側のUSB3.0のポートに接続しても、速度の上限は USB2.0になります。

互換性があり、規格が異なる場合は上位の規格が下位の規格に速度を合わせるようになっています。

USB3.0の周辺機器は、パソコン側のUSBポートがUSB3.0でない場合、USB3.0の速度は出ませんが、特に問題なく使用することはできます。

USB3.0のポートがある場合、USBメモリーや外付けHDDなどは、USB3.0対応のもののほうが転送速度が速くなるということです。

実際の比較

実際にどのくらいコピー速度に違いがあるのか見てみます。

比較 使用するのは トランセンド製のUSBメモリー。

左がUSB2.0、右がUSB3.0です。両方とも容量は同じ32GBです。


青いポート USB3.0のポートを持つパソコンに接続します。青いポートです。


テストここにそれぞれ順番に繋いでテストしてみます。


データのコピ約3GBほどのデータが入ったフォルダをコピーして、かかった時間を計測します。


結果は以下のとおりです。

  • USB2.0・・・5分43秒
  • USB3.0・・・2分57秒

少しデータを追加して 約7GBのコピーも行ってみました。

  • USB2.0・・・13分21秒
  • USB3.0・・・7分21秒

USB3.0のポートがあるパソコンなら、USB3.0のメモリーを使用したほうが明らかに転送速度が速くなるというのが分かります。USBメモリーだけでなく、外付けのハードディスクなどでも同じような結果になると考えられます。

USBメモリーの選び方

まずは、USB2.0対応のものかUSB3.0対応のものかになります。価格はそれほど大きく違うわけではないので、USB3.0に対応しているものの方が人気があります。

次に容量ですが、USBメモリーは近年 大容量化が進んだデバイスのひとつです。

以前は 64MB、128MB、256MBという単位のメモリーがよく使用されていましたが、最近では、2GB、4GB、8GB、16GB、32GBなどのUSBメモリーが多くなっています。64GB、128GBも出てきています。

1024MBで1GBなのでかなり容量が増えているのが分かります。

USB3.1

USB3.0がしばらく普及した後、USB 3.1の規格が策定されています。

これにより、従来のUSB 3.0は、USB3.1 Gen1に言い換えられています。つまり、USB3.0とUSB3.1 Gen1は同じです。Genは世代 Generationの略です。

USB3.1では、USB3.1 Gen2から転送速度が変わります。従来の5Gbpsから10Gbpsとなります。

USB3.1 パソコンのUSB3.1 Gen2ポート(上)とGen1ポート(下)。

従来のUSB3.0と区別するため、色が付いていたり、10Gbpsを示すため SS10と表記されていることがあります。


パソコン側と機器がGen2に対応していれば、より転送速度は速くなります。

USB3.1の規格化と同時に、Type-Cというコネクタも登場しています。USBメモリーのように表や裏がなく繋ぎやすくなっているなどの特徴があります。

USB3.1は、Gen1(USB3.0)かGen2の違いが速度の違いになります。例えば、USBメモリーでUSB3.1となっている場合は、Gen1なのかGen2なのかを確認します。Gen1であれば従来のUSB3.0になります。Type-Cでも同様です。

実際はUSB3.1 Gen2のUSBメモリーや機器というのは、まだそれほど普及していません。