WindowsにおけるCUI

Windowsにはコマンドプロンプトという機能があります。

Windowsにおける代表的なCUIであり、キーボードで文字・コマンドを入力して操作を行います。

主に、Windows上でネットワークの状態を確認するときに使いますが、他にもいくつか応用的な操作があります。

このページでは、コマンドプロンプトの起動方法、使い方について解説しています。

起動方法

Windowsの検索窓に cmdと入力します。プログラムの一覧、Windows システムツールにもコマンドプロンプトはあります。

cmdと入力

Windows 10、コマンドプロンプト。

コマンドプロンプト

Windows上 回復→PCの起動をカスタマイズする、修復ディスクなどからの詳細オプションからも入ることがあります。

詳細オプション

コマンドプロンプト

コマンドプロンプト

Windows上から起動させて使う場合は、主にネットワーク関連の状態の確認、詳細オプションからは起動の回復などやや高度な操作になります。

使い方

一般的な使い方としては、ネットワークの状態を確認するときです。

ipconfig

ipconfigipconfigを使うと、ルーターとの接続状況、ルーターのIPアドレス、パソコンのIPアドレス、パソコンのMACアドレスを調べることができます。


インターネットにつながらないというときに、パソコンとルーターの接続状況を確認することで、どこに問題があるか探ることができます。

ping

pingpingを使うと、インターネットの通信、ルーターやネットワーク機器との通信が確立しているかどうか調べることができます。


インターネットにつながらないというときに、内部的につながっているのかどうか確認することができます。

getmac、getmac /v、arp -a

MACアドレスgetmac または getmac /vで使用しているパソコンのMACアドレスを調べることができます。


arp -aで 現在ネットワークに接続されている機器のプライベートIPアドレスとMACアドレスを取得することができます。

diskpart

diskpartハードディスクやSSDを交換したり、増設したりすることもあります。そうした場合に diskpartというコマンドが使われることがあります。やや上級者むけの操作になります。


起動回復など

パソコンが起動しないという場合に、詳細オプションからコマンドプロンプトに入り起動復旧などを試みることがあります。コマンドを知っておく必要があり高度な操作となります。

また必ずしも起動が復旧するというわけではなく、操作次第では状況が悪化したり、他の方法による復旧が必要になることもあります。パソコンの初期化までを含めた総合的な復旧を理解して操作することになります。