自作パソコンのハードディスク増設

自作パソコンでは、ハードディスクの増設を行うことができます。

ハードディスクを増設することで、データ保管場所やバックアップの保存先などにすることができます。

PCケースによっては、ハードディスク増設ができないものもありますが、自作パソコン、BTOパソコンのフルタワー、ミニタワーなどのPCケースでは基本的にハードディスク増設が可能です。

ハードディスク増設は、HDDを入れるベイがあれば可能なので、メーカー製のデスクトップパソコンでもハードディスク増設ができることがあります。

ハードディスクを増設できるかどうか分からない時はケースを開け、3.5インチベイ、マザーボードのSATA端子、電源ケーブルにそれぞれ空きがあるかどうか確認してみる方法もあります。

方法

ケースのサイドパネルなどを外し、パソコン内部にアクセスできるようにします。ハードディスクは3.5インチドライブベイに固定されています。3.5インチベイの数はケースによって異なります。

3.5インチベイ

ハードディスク増設には、ハードディスクとマザーボードを接続するケーブルが必要です。最近のマザーボードではほとんどが、SATA接続のハードディスクです。

ハードディスクとケーブル

ハードディスクを3.5インチベイに入れます。このときハードディスクは慎重に扱い、ネジ穴が合うようにします。

増設

ネジ穴をあわせ、インチネジで取り付けます。

取り付け

可能であれば、反対側からもネジを取り付けます。

反対側

ハードディスクに余っている電源ケーブルと新たにSATAケーブルを接続します。SATAの電源がない場合は、4pin(PATA)→SATAに変換するケーブルを使います。

接続

マザーボードのSATA端子を探して、空いているSATA端子にハードディスクとつながっているSATAケーブルを接続します。

SATAケーブル接続

電源ケーブル・SATAケーブル接続後。

ドライバー

マザーボードにSATAⅡとSATAⅢがある場合は、どちらに接続しても速度は同じです。ハードディスクは物理動作するため、SATAⅢの速度には到達できないためです。SSDはSATAⅢのポートに接続すると速度が速くなります。


BIOSでの確認

パソコンの電源を入れて BIOSで認識されているかどうか確認します。ここではHitachi製のハードディスクを増設しています。確認が出来たらそのままBIOSからEXIT。Windowsを起動させます。

BIOS

ハードディスクを増設したら、Windowsが起動しないということもしばしばありま。これはBIOSでのハードディスクの起動順位が入れ替わってしまい、Windowsのインストールされていないハードディスクを一番最初に読み込んでいるためです。BootメニューのHard diskの項目へ行きます。

Hard disk

優先的に起動するハードディスクを選択します。もともと付いているハードディスク(Windowsがインストールされているハードディスク)を一番最初に読み込むように設定します。

優先起動するハードディスク

Windows 起動後

増設したドライブは Windowsで使用できるようにフォーマットします。特に難しい作業ではありません。ここからはディスクの初期化とフォーマットを行います。

マイコンピュータ右クリック→管理。

管理

ディスクの管理へ進むとディスクの初期化と変換ウィザードの開始の画面が出てきますがキャンセルします。

ディスクの管理で見ると、増設したハードディスクは初期化されておらず未割り当ての領域になっています。Vistaと7では、MBRかGPTかを聞いてきます。1TBから2TBならMBR、2.5TBや3TBならGPTを選びます。

ディスクの管理

右クリック→ディスクの初期化。

初期化

ディスクが選択されていることを確認して、OK。以上で初期化は終わりです。

初期化が終わったらパーティションを作成します。右クリック→新しいパーティション。

新しいパーティション

新しいパーティション ウィザードの開始 次へ。

BIOS

プライマリパーティションか拡張パーティションを選びますが、どちらでもOKです。基本はプライマリパーティションです。

プライマリパーティション

サイズを指定します。変更なしの場合そのまま次へ。複数のパーティションを作成する場合は、一つ目のパーティションの大きさを指定することになります。

サイズ

ドライブ文字・パスの割り当て。ドライブ文字を割り当てます。

ドライブ文字

ボリュームラベルは、マイコンピュータを開いた時の名前です。後から変更は可能です。新品のハードディスクの場合、フォーマットはクイックフォーマットを選択します。中古のハードディスクなどはチェックを外して通常のフォーマットを行うのが一般的です。

ボリュームラベル

画面を閉じます。

閉じる

フォーマット中となります。

フォーマット中

クイックフォーマットは数秒か数十秒で終わります。正常となったら終わりです。

クイックフォーマット

マイコンピュータなどからドライブが見えて開ければ、ハードディスク増設・フォーマットは成功です。

ドライブ

メリット

1.バックアップ体制が整う

ハードディスクが1台という状態では、バックアップ体制というものがありません。

システムドライブが壊れたり、ハードディスクそのものが壊れることは考えられるのですが、もしそうなった場合はデータやWindowsが取り戻せないということもあります。

増設したハードディスクにデータをコピー・保存したり、Cドライブの丸ごとバックアップ(イメージバックアップ)をおいておくことができます。

1つ目のメリットはバックアップ体制が整うというのがあげられます。

2.大きいデータの保存ができる

また最近では動画や番組録画などで元々付いているハードディスクの容量では不足するということもあります。

2つ目のメリットとしてはハードディスクを追加することで大きいデータの保存に対応できることがあります。

2.外付けより有利な点は多い

ハードディスクを内蔵でするか、外付けでするかという選択になるのですが、転送速度に関しては内蔵の方がやや速いといえます。外付けはUSBを経由するからです。

また外付けハードディスクだと、箱に覆われているので熱問題があります。

もちろん内蔵でもこれはあるのですが、内蔵の場合はハードディスクが完全に裸で固定されているので箱に覆われている外付けよりも熱がすぐに逃げていきます。

パソコン内部をクリーニングして、フロントファンなどを付けてメンテナンスすれば、内蔵の方が熱問題では有利といえます。

そして外付けハードディスクのように落下したり倒れたりということはほとんどありません。

パソコン内部でしっかり固定されているので、衝撃などにも強い方です。外付けハードディスクのように新たに電源(コンセント)やおき場所を確保することもありません。

つまり内蔵ハードディスクは3つ目のメリットとして、外付けハードディスクと比べて場所を取らない、転送速度が早い、比較的安全に使用出来るということが上げられます。

SATAでは難しく考える必要はない

IDEのハードディスクでのハードディスク増設というのは、IDEケーブルのつなぎ方に決まりがあったり、ハードディスクに付いているジャンパーピンを変更したりとやや面倒なところもあったのですが、SATAではそうした煩わしさというのはありません。

どれが優先起動するハードディスクにするかは、BIOSのBootメニューで決めます。そのため接続するポートを厳密に決める必要はありません。

SATAでは、IDEのようなジャンパーピンという概念・方法はほとんど意味をなさないものとなっています。

SSDとの組み合わせ

自作パソコンを組み立てるときに システムドライブにSSD、データ保存用にHDDという組み合わせが増えています。一部のショップパソコンやBTOパソコンでもこの方式が採用されています。

SSDの方が、読み書きが高速なので Winodwsの起動やアプリーケションの動作が非常に速いためです。

ただしSSDの場合は 容量が 120GB~512GBが主流となっているため、やや容量が足りないということがあります。そこで1TB~4TBのハードディスクを、セカンドドライブとして用いるということになります。

ハイブリットPCシステムドライブに高速なSSD、データドライブに大容量のハードディスク。


これにより SSDとHDDの長所を活かしたパソコンにすることができます。ハイブリットPCということがあります。


ハードディスクの選び方

容量

ハードディスクの容量としては主に、500GB、1TB、2TB、3TB、4TBなどがあります。

XP(32bit)では、2TB超のハードディスクは基本的に使用できません。少し設定が必要になります。2TBの壁と言われるものです。またAFT問題というのがあります。

Vusta,7では3TBまでデータドライブとしてフルに使えます。AFTもほとんど関係ありません。選択の自由度は高いといえます。

2.5TBや3TBのハードディスクを増設する際は、ハードディスク増設後のディスクの管理で、GPTを選択します。

速度

増設したハードディスクは、起動ドライブとして使用するわけではないので、ハードディスクの速度はそれほど影響するわけではありません。ただ読み書き速度が速いほうが、データのバックアップやコピーをする時に速くできます。

ハードディスクの速度を決めるのは、主にプラッタ容量、回転数、キャッシュ、プラッタ一枚あたりの容量などです。

一般的に回転数は、5400回転より7200回転のほうが速度は早くなります。3TBや4TBで、7200回転ではなく主に5400回転になっているのは、故障率を下げ信頼性を向上させるためだと考えられます。そのため、回転数と容量のバランスを判断して選択することになります。

ラッチ付き SATAケーブル。SATAⅢにも対応。ハードディスクの固定はインチネジで行います。

関連情報