パソコンの機能を拡張する

パソコンの機能を拡張するものとして、拡張カードといわれるものがあります。

主な拡張カードとして、グラフィックボード、USBボード、LANボード、サウンドカード、TVキャプチャボードなどがあります。

拡張カードは、マザーボードの拡張スロットという箇所に増設を行います。

このページでは、拡張カードの増設方法、関連する項目について解説しています。

基本的な流れ

拡張カードを増設する基本的な流れは、以下のようになります。

  • 電源OFF、主電源OFF
  • 増設場所の確認
  • 拡張カードの準備
  • 増設
  • 電源ON
  • ドライバのインストール

グラフィックボードは、拡張スロットの中でも PCI-Express×16に増設します。それ以外の拡張カードは、該当する拡張スロットを使います。グラフィックボード以外に関しては、概ねPCI-Express×1やPCI-Express×4を使います。

方法

ここでは例として、USB3.0のボードを使い解説しています。

拡張スロットまず使用しているパソコンの拡張スロットの種類や数を確認します。

この例では、上からPCI-E×1、PCI-Express×16、PCIスロット、PCIスロットの4つであることが分かります。


USB3.0の増設ボードUSB3.0の増設ボード。PCI-Express×1に対応したものを準備します。


増設切り欠けを合わせ増設します。取り付け後、インチネジ大で固定します。


USB3.0のボードは、補助電源が必要になることがあります。その場合は、電源ユニットからケーブルを繋ぎます。FDD用4ピンやペリフェラル4ピンが使われることがあります。


ケース背面増設後、ケース背面から確認します。ケースと干渉している場合、ネジを緩めて微調整を行います。


ドライバーのインストール電源をONにしてパソコンを起動させ、ドライバーをインストールします。

使用するOSやボードによっては、ドライバーのインストールを行わなくてもいい場合があります。


ドライバーインストール後に、USBメモリーなどを繋ぎ動作確認を行います。

インターフェース

拡張スロットのインターフェースには、PCI-ExpressやPCIがありますが、PCIはPCI-Expressに移行しつつあり、近年のマザーボードは PCIスロットを実装していないものが多くなってきています。

またこれに伴い、PCIのインターフェースを持つ拡張カードも少なくなってきており、汎用性を考慮するとPCI-Expressを選択することが多いと考えられます。

ただ使用しているマザーボードにPCIスロットがあり、それを活用するという場合は、PCIスロットに対応したカードを選択することもあります。

USB3.0のボードは、基本的にPCI-Express×1になります。LANボードなど他の拡張カードでPCIのものがあります。

内蔵と外付け

拡張カードは、拡張スロットに増設し内蔵させて使うものになります。

ただこの拡張カードと同等のものは、外付けのUSB接続でもあります。機能としてはほとんど変わらず、内蔵させて使うか外付けで使うかという違いになります。

例えば、USB3.0ボードであれば USBハブ、LANボードやTVキャプチャボードであればUSBタイプのものもあります。TVキャプチャボードというのは、地デジを視聴するカードのことです。

内蔵させて使う場合は、PC外に配線がないなどのメリットがあります。

ただUSB接続で機能を実現できるようになってきていることから、近年はサウンドカード、TVキャプチャボードなど、拡張カードのものは少なくなってきています。

実例

TVキャプチャボードPCI-E接続のTVキャプチャボード。


増設グラフィックボードの2スロット専有があるため、干渉しないスロットに増設。


ケース背面ケース背面。


LANボードPCI接続のLANボード。


ロープロファイルロープロファイルの金具に付け替え。

ロープロファイルとは、主にスリムタイプのケースで使います。


増設PCIスロットに増設。


ケース背面ケース背面。


グラフィックボードがすでに取り付けてある場合は、拡張カードとの干渉の有無を確認することになります。

PCIスロットカバー

PCケース背面にある拡張スロット部分のカバーを、PCIスロットカバー、PCIブラケットカバーといいます。

PCケースによっては 着脱式のものではなく、完全に取り外すタイプになっていることもあります。このような場合、拡張カードを取り外すと元々付いていたカバーを付けることができないことがあります。

また中古の自作パソコンやPCケースでは、スロットカバーが外れているということもあります。

ケース背面のカバーケース背面の部分。


ブラケットカバーPCIブラケットカバー。


取り付け取り付け。拡張カードと同様、インチネジ大で固定します。


ケース背面取り付け後。


PCIスロットカバーは、ミドルタワーでもミニタワーでも基本的に幅は同じです。

網掛けのメッシュタイプや通風孔付きのタイプが主流となっています。インチネジは、付属していないことが多いため 別途用意する必要があります。