プリンターの種類

プリンターは パソコン・ネットワークの周辺機器としては最も使われているもののひとつです。

家庭でも会社でも 見かけることができます。

プリンターは印刷方法の違い、接続方法の違いなどで分かりやすく分類することができます。

印刷方法

インクジェットプリンター

インクジェットプリンターは 家庭や会社などで幅広く使われているプリンターです。

紙にインクを吹き付けて印刷する方法になります。CMYKのインクを使い カラー印刷を得意としています。CMYKの基本インクの他に数色追加しているプリンターもあります。

動作音が比較的静かなのも特徴です。

文書や写真の印刷などパーソナルユースでは最も使われています。

レーザープリンター

会社・事業所などでよく使われているプリンターです。

レーザー光線をトナーにあて 静電気で紙に定着させて印刷します。高速印刷を得意としています。

レーザープリンターには、モノクロ(白黒)とカラーの2種類があります。カラーは、CMYKのトナーを使います。

ドットインパクトプリンター

事業所で使われる 複写式伝票の印刷・重ね印刷に使われるプリンター。インパクトプリンターともいいます。

ピンのついたプリントヘッドをインクリボンに叩き付けて印刷します。基本的にはモノクロが使われますが、カラー対応のものもあります。

コピー機・複写機

事業所で使われる大型のコピー機・複写機。コンビニにもおいてあります。

印刷方法はレーザープリンターと同じでレーザー光線を使います。コピーやスキャン、FAX送受信の機能もあり万能型の機械です。

CanonやSharpなどの機器があり、事業所に導入する場合は保守契約になることが一般的です。

複合機

プリンター機能以外に コピー、FAX機能などの機能を搭載しているものを複合機といいます。

大きく分けるとインクジェット複合機とレーザー複合機の2種類あります。モノクロとカラーがあります。

印刷のみではなくコピーやスキャンをしたり、電話線をつないで FAX機として使うこともできます。

パーソナルユース、SOHOなどで使われます。

接続方法

USB

インクジェットプリンターでよく使われる接続方法。

1台のパソコンで使う場合や、USBを差し替えて他のパソコンで印刷します。

ネットワーク内で共有する場合は、共有設定を行うか、プリントサーバーという機器を取り付けます。

LAN

プリンターにLANケーブルを付けて複数台のパソコンから印刷できます。

インクジェットプリンターやレーザープリンター、複合機などほぼすべてのプリンターで使われます。

一部のプリンターは 無線LANにも対応しており 無線LANアクセスポイントと接続して印刷することも可能です。

パラレルポート

ドットインパクトプリンターで使われる接続方法。

旧式の接続方法であるため パソコンにパラレルポートがないということもあります。

USBと変換できるアダプターを付けることもあります。

DPIとPPM

DPIは、1インチ=2.54cmにおける 印刷できるドット数を表します。プリンターやスキャナーで使われる単位。数値が大きいほど、きめ細かできれいに印刷することができます。

PPMは、主にレーザープリンターや複写機で使われる単位。1分間に印刷できるページ数を表します。数値が大きいほど 印刷速度が速くなります。