OSとハードウェアの橋渡し

ドライバとは、内蔵のデバイス、周辺機器を使用できるようにするソフトウェアのことです。動作させるためのファイル。デバイスドライバともいいます。

ドライバは、OSであるWindowsと機器の橋渡しをする役割があります。

ハードウェアにOSをインストールした直後や周辺機器を増設した後。一部の機器は、動作させることができないことがあります。ドライバが必要となります。

OSインストール直後

ドライバをインストール。橋渡し・潤滑油のような役目があります。

ドライバインストール

OS標準ドライバ

マウスやキーボード、USBメモリなどよく使われる機器では、ユーザー側で ドライバをインストールする必要がないものもあります。

WindowsのなかにOS標準ドライバが入っているからです。

OS標準ドライバで対応している機器は、ケーブルを差し込むだけですぐ使えます。これをプラグアンドプレイといいます。

周辺機器にプラグアンドプレイ対応とある場合、そのほとんどがドライバをインストールすることなく、そのままパソコンに繋いで使うことができます。

ドライバディスク

ドライバが入っているCD-ROMのこと。

プリンターや周辺機器、拡張カードには必ず付いています。ドライバの他に添付のソフトもディスクの中に入っていることがあります。

中古などのプリンターや周辺機器で、ドライバディスクがないときはメーカーのホームページに行きます。たいていドライバが公開されており、ユーザーが自由にダウンロードできるようになっています。

ドライバは、パソコンや周辺機器のメーカーがホームページ上で型番ごとに公開されています。

ドライバ更新

ドライバアップデートともいいます。

後から不具合や機能の追加があるときに、更新ファイルがメーカーから提供されます。

メーカー製パソコンでは、タスクトレイにメッセージが出て更新できることがあります。また更新ファイルがあるかどうかは、ホームページで確認できることがほとんどです。

トラブル解決につながることもある

パソコンは、OS、ドライバ、アプリケーション、ハードウェアの組み合わせで成り立っています。

パソコントラブルが起きると、このいずれかが原因になっています。

ドライバ

OSやハードウェアのトラブルは多いですが、ドライバがトラブルの原因になっていることも多くあります。

例えばドライバーが間違って削除されていたり、古いドライバーが更新されたOSに対応できていないなど。

ドライバーのインストール状況は、デバイスマネージャで確認することができます。

ここに認識されていないデバイス、不明なデバイス、!マークや?マークが付いていないか確認します。

またメーカーサイトで新しいバージョンのドライバがあれば、それをダウンロード・インストールすることで、トラブルが解決するということもあります。