RGBとCMYKの違い

デジタル機器やソフトウェアでは RGBとCMYKという言葉が出てくることがあります。これは色を表現する際に使われる用語です。

具体的には、液晶ディスプレイやデジタルカメラ、Web素材で RGB、プリンター、印刷物などで CMYKという言葉が使われます。

色を表現しているのが 光なのか?インクなのか?という違いです。

  • RGB・・ディスプレイ、デジカメ、光の3原色
  • CMYK・・・プリンター、色の3原色

RGB

光、白色光というのは、プリズムという分光器に当てると色の帯、スペクトルが出ることで知られています。身近なところでは、CDやDVDに反射した光、雨上がりの虹などがあります。つまり、白色光はすべての色が混ざっている状態です。

この法則を利用すると赤・緑・青を重ねると白になります。

ディスプレイには解像度、デジカメの写真には画素というものがありますが、ひとつひとつの細かい点で構成されています。

この点を、赤と緑と青の3色の光で表現します。RGBは、RedのR、GreenのG、BlueのBのことです。

RGB

それぞれの色が組み合わさって、黄色、赤紫色、水色になります。これを光の三原色といいます。加法混色といい 混ぜれば混ぜるほど白に近づくという特徴があります。逆に光らせない場合は、黒になります。

デジタルデータでは、各色に8bit 合計24bit割り当てます。

赤・緑・青にそれぞれ 0~255の256通りの強弱をつけることで、組み合わせは 16,777,216色。24bitフルカラーともいいます。

  • 赤・・R 255、G 0、B 0
  • 緑・・R 0、G 250、B 0
  • 白・・R 255、G 255、B 255

このようにRGBに数値を割り当て 色を表現します。パソコン、スマートフォンなどディスプレイのほとんどは、このフルカラー 約1677万色に対応しています。

写真編集ソフトやイラストレーターでは 色指定 パネル画面で RGBにそれぞれ 0~255の数値を入れて色を指定することもできます。

イラストレーター

247、147、30がRGBの10進数での数字、右下の F7931Eは16進数の数字になります。

(スペクトル:物理学者 アイザック・ニュートンがプリズムの実験で発見・命名)

CMYK

プリンターでは、インクを使います。

Cyan 水色、Magenta 赤紫、Yellow 黄、Black 黒です。

CMYK

それぞれ混ぜあわせた色は 青、赤、緑、すべて混ぜ合わせると黒になります。これを色の三原色といいます。減法混色といい、混ぜれば混ぜるほど黒に近づくという特徴があります。

それぞれの色をパーセントきざみで強弱をつけて、様々な色を表現することができます。

色の三原色は、CMYを指すのですが、プリンターでは はっきりとした黒を再現するために、混ぜあわせた黒ではなく Blackのインクを使います。これを CMYKカラーモデルともいいます。

カラーレーザープリンターやインクジェットプリンターでは、CMYKのトナーやインクを基本としています。

再現する色の違い

RGBとCMYKでは 色の表現方法が異なるので ディスプレイに表示されているものを印刷したら 少し色合いが違うものなることがあります。

これはRGBで再現する色とCMYKで再現する色が多少異なるからです。

パソコンのデータは、プリンターで印刷する際は RGBからCMYKに変換されます。

一般的に、RGBのほうが再現する色の領域が広いため、ディスプレイに表示されているデジタルデータのほうが綺麗に映ります。

イラストレーターなどのソフトでは、Web用の作品なのか?印刷物なのか?でRGBかCMYKのどちらを使うか制作時点で選択することがあります。

カラーモード

Web用ならRGB、印刷するならCMYKとなります。