画像編集の基本

Windowsで扱う拡張子の中でも、JPGの写真は最も多いファイルです。

画像編集の基本となるのは サイズ変更、トリミング、明るさとコントラストの調整、回転と反転です。

  • サイズ変更
  • トリミング
  • 明るさとコントラスト
  • 回転と反転

また応用的な操作として、

  • 文字を書き込む
  • 不要な箇所を塗りつぶす
  • エフェクト
  • レイヤー機能

などがあります。

このページでは、画像編集の基本操作、応用操作、用語について実例を交えて解説しています。

サイズ変更

サイズ変更は、リサイズともいいます。

デジカメで撮影した写真は高画素のものが多くサイズが大きくなりがちです。パソコンのディスプレイでは縮小されているだけと考えると分かりやすくなります。

必ずしもサイズ変更が必要というわけではありませんが、Webサイトにアップロードする、メールで送信するとなると 大きすぎて扱いにくくなります。

例えば 4896×3672などの高画素の写真。

写真

500×375に変更します。

リサイズ

写真の容量も 6MB→100KBなど この例でいうと60分の1になります。

実際にアップロードした 500×375の画像。

500×375

トリミング

トリミングというのは 写真の一部を切り取り必要な部分だけ残すことです。切り取り、切り抜きともいいます。

トリミング

必要な箇所だけ切り取ったり 不要な箇所を切り離したりできます。

トリミング後

他に、対象を大きく見せたい、構図を整えたいというときにトリミングを使います。

対象

縦横比を維持するか、縦横比を維持せずに自由にトリミングするか、2通りの操作ができます。

構図変更

一般的に、トリミングしてサイズ変更という操作が最も多いです。


明るさとコントラスト

画像編集ソフトの多くで 明るさとコントラストの調整ができるようになっています。

明るさやコントラストをそれぞれ設定することもあれば、自動調整の機能を使うことがあります。

明るさとコントラスト

撮影した写真の明るさやコントラスが足りない時によく使われます。

回転と反転

回転と反転

右へ90度や左へ90度回転させたり、左右を反転、上下を反転させたりすることができます。

上の写真を左右反転。

回転と反転

テキストを入力したり、画像をはがきやチラシにのせる際に、レイアウト上の問題で回転や反転を使うことがあります。

また傾いて撮影した写真、水平に撮影できなかった写真は、任意の角度で回転させて トリミングすることで補正することができます。

傾いた写真

回転させてトリミング。

回転とトリミング

トリミング後。

トリミング後

Windows フォトギャラリーなど画像編集ソフトの傾きの調整機能は、回転とトリミングの操作を行っていることになります。

文字や記号の書き込み

Windowsのソフトでは ペイントがあります。

文字や記号を書き込むソフトでは 最も入門的なソフトです。

ペイント

文字・記号の書き込み、塗りつぶし、ブラシ機能などがあります。

不要な箇所を塗りつぶす

写真に写り込んだ不要なものを、塗りつぶしたり 周囲と同じ色にして分からないようにするということはよくあります。

ペイントでこの作業は行うことができます。

ツールの色の選択で 写真上の使用したい色がある部分を選びます。

色の選択

ブラシなどで塗りつぶすことができます。

ブラシで塗りつぶし

この機能は、Windows フォトではスポット修正、GIMPやPhotoshop Elementsなどの編集ソフトでは、スタンプツールとして使うことができます。

画像の結合・組み合わせ

複数の画像を組み合わせて、1枚の画像ファイルにします。フリーソフトでもある程度簡単にできるものがあります。

画像の結合

GIMPなどの画像編集ソフトでは、枠線を付けたり自由な編集ができます。

画像の組み合わせ

エフェクト

エフェクトとは 効果という意味です。

簡単な操作を行い 写真に違った効果を出すことです。フィルターをかける、ということもあります。

橋

白黒(フォトギャラリー)。

白黒

クロスプロセス(Picasa)。

クロスプロセス

色の反転。特殊効果などで使われる手法。(ペイント)

クロスプロセス

パステル画 (Photoshop Elements)。

パステル画

Picasa、Photoshop Elementsなどでは レベルの調整など細かい設定ができます。

レイヤーとは

レイヤーとは、層という意味です。

複数の写真をかさねて 合成写真にしたり 文字やイラストを書き込んだりすることができます。非常に重要な概念になります。

透明のフィルムを重ねたものをイメージすると分かりやすいです。

例えばこの画像では、メインの画像に3つのレイヤーを重ねています。

合成画像

左下の透過画像、真ん中の光の効果、右下のテキスト、それぞれを透明のフィルムに描き出し重ねています。

修正や加工をレイヤー単位で行うことができるので、画像編集の作業がしやすいというメリットがあり、高機能なソフトほどレイヤー機能が搭載されています。

ペイントなどレイヤー機能がないソフトでは文字やイラストを入力して保存したら JPGという完成した画像で保存されます。

GIMPやPhotoshopなどレイヤー機能があるソフトでは、レイヤー構造を残したまま XCFやPSDというファイルで保存されます。

重ね合わせた画像の透過度、テキストのフォントを変更・修正する場合、GIMPなら XCF、Photoshopなら PSDのファイルを開き 一部のレイヤーのみ編集したり、場合によっては新しいレイヤーを追加したりということができます。

GIMPやPhotoshopでは、編集用として XCFやPSDのファイルを残し、完成品を JPGとして保存します。

画像編集ソフト

画像を編集することを フォトレタッチといい、編集するソフトをフォトレタッチソフトといいます。

トリミングやサイズ変更など よく使われるソフトには以下のものがあります。

まずは 自分のパソコンにどのようなソフトが入っているか、使えるかを調べてみるといいでしょう。

Windowsは、標準でインストールされているソフトがOSにより異なります。ペイントはすべてのOSにインストールされています。

  • Microsoft Office Picture Manager
  • Windows フォトギャラリー
  • Windows フォト
  • ペイント

ペイントは 名前の通り 色を付けたり、文字を書いたりすることができます。画面キャプチャを画像にすることもできます。

他には、無償・有償のものを含め以下のようなソフトがあります。

  • Google フォト
  • GIMP
  • Adobe Photoshop Elements
  • Adobe Photoshop CC

GIMPは、画像編集ができる 多機能なフリーソフト。写真を重ね合わせて合成写真などを作成できるレイヤー機能をはじめ、補正、加工などができます。

フリーソフトでは 最も機能が多いソフトのひとつです。使用するにはある程度操作方法を覚える必要がありますが、一定数のユーザーがおり書籍なども販売されています。

Adobe Photoshop Elementsは、Adobe Photoshopの家庭向け、入門向け、簡易版にあたり、業務用途でも使われることの多い有償のソフトです。

トリミング、サイズ変更などの基本操作からテキスト入力、エフェクト、レイヤー機能などの応用的な操作まで、写真に関することはひと通りできます。

Adobe Photoshop CCは、画像編集では最高峰ともいえるソフト。現在は Adobe Creative Cloudの製品として利用できます。