複数台のパソコンから印刷できるネットワークプリンター

プリンターには、USB接続のものとネットワーク接続のものがあります。

USB接続では、基本的に接続しているパソコン1台でしか印刷はできません。それに対し、ネットワークプリンターでは複数台のパソコンから印刷やスキャンなどの操作ができます。

このページでは、ネットワークプリンターとは何か?ネットワークプリンターの接続方法について解説しています。

ネットワークプリンター

ネットワークプリンターは、LANケーブルで繋がれていたり、無線LANでネットワークに参加しているプリンターです。

つまり LANポートが付いている、または 無線LAN機能が付いているプリンターです。

ネットワークプリンターLANポート付きのネットワークプリンター。


ネットワークプリンターは 主に家庭用で使われるものと会社や事業所で使われるものがあります。

プリンター機能のみのものもあれば、プリンター機能以外にもコピーやスキャン、FAXなど いくつかの機能がひとまとめになっているものもあります。こうしたプリンターを 複合機といいます。

複合機プリンター以外にも コピー、スキャン、FAX機能などが付いている複合機。


業務用の複合機業務用のネットワークプリンター・複合機。


FAX機能が付いたネットワークプリンターや複合機は、電話回線も接続できるようになっています。またUSB接続もできるようになっていることもあります。

設定方法

メーカーや機種によって多少の違いは有りますが、基本的な設定方法はどのネットワークプリンターも同じです。

LANケーブルをつなぐLANポートをつなぐ

ネットワークプリンターに ルーターからLANケーブルをつなぎます。またネットワークプリンターの電源を入れます。


ドライバーディスクドライバーディスクをセット

添付のドライバーディスクをセットしてドライバーやソフトウェアをインストールします。


ネットワーク接続ネットワーク接続を選択

USB接続かネットワーク接続を選ぶことができます。ネットワーク接続やLAN接続を選びます。


プリンターの選択プリンターを選択

しばらくするとネットワーク接続されているプリンターが表示されます。ここで該当のネットワークプリンターを選びます。


インストール後

インストール後

インストールが終わると ネットワークプリンターで印刷できるようになります。


業務用のネットワークプリンターもLAN接続したのちに、プリンタードライバをインストールします。ドライバのインストール中にネットワーク内のプリンターが検索され表示されます。

ただスキャンの設定などは、やや専門的な知識が必要なので、導入時の設定は保守サポートの会社で行うことがほとんどです。

無線LAN

USBプリンターでは、ドライバーディスクをセットして、途中で指示が出たら USBをパソコンにつなぎます。それに対してネットワークプリンターは、先にLANケーブルをネットワークプリンターに繋いで、その後ドライバーディスクをセットしてインストールします。

無線LANのネットワークプリンターも有線LANと同様で、本体設定で無線LANの接続を行い、ネットワークに参加させてからドライバーのインストールを行います。

無線LAN接続はパソコンと同じで、本体設定でSSIDとパスワードを入力するとネットワークに入ります。

IPアドレス

ネットワーク機器なのでIPアドレスがあります。基本的にルーターとつないだ時点で ルーターから自動的にIPアドレスが付与されます。

IPアドレスを固定して設定することもできます。

この場合はドライバーのインストール前に、プリンター側で設定します。管理画面のネットワークやマニュアルを確認します。

一般的に、業務用のネットワークプリンターは、IPアドレスを使いブラウザからもアクセスできるようになっています。

電話線・電話器

ネットワークプリンターでFAX機能のあるものは電話線や電話器をつなぎます。

LINEとPHONELINEに大元の電話線、モデム・ONUから電話線をつなぎ、PHONE電話器のマークのあるところに 電話器への電話線をつなぎます。


電話線の接続ネットワークプリンターでFAXの送受信ができます。

FAXではなく電話がかかってきた場合は、つないでいる電話器の呼び出し音がなるようにできます。細かい設定はマニュアルを参考にします。

スキャン

複合機にはスキャン機能が付いています。スキャンして、パソコンに取り込むことができます。

ガラス台スキャン機能のあるものは スキャン用のガラス台などがあります。


スキャンソフトソフトを起動させて スキャン画像を取り込むことができます。

JPGやPDFの形式、白黒やカラーの選択、スキャンした画像の保存先のフォルダを変更することができます。


スキャンは複合機側で操作する方法もあります。