ネットワーク内のIPアドレス

プライベートIPアドレスは、ローカルIPアドレスともいいます。自宅や会社など、ネットワーク内のIPアドレスのことです。

ルーターに複数のパソコンや機器をつないで使う場合、プライベートIPアドレスがあることでルーターとパソコン間、パソコンと機器間が通信できます。

分かりやすく識別番号が付いているということです。

なぜ 192.168.~なのか?

IPアドレスは 数字3桁が4つに分かれているのですが、この3桁の数字の上限は255と決まっています。

0~255までの数字が使われます。

IPアドレスはすべてこの組み合わせです。グローバルIPアドレスはこの中から割り当てられています。

この数字の組み合わせの中で、プライベートIPアドレスとして使っていいことになっているのが、

  • 10.0.0.0~10.255.255.255
  • 172.16.0.0~172.32.255.255
  • 192.168.0.0~192.168.255.255

となっています。

この内、10.から始まるものはクラスAといわれ 大規模ネットワーク向け、172.~始まるものがクラスB 中規模ネットワーク向け、そして 192.168.~始まるものがクラスC 小規模ネットワーク向けとなっています。

ルーターの初期値のアドレスやパソコンのプライベートIPアドレスが 192.168から始まっているのは、こういう割り当てがあるからです。

一般的に、プライベートIPアドレスといえば 192.168.から始まります。

サブネットマスク 255.255.255.0 とは何か?

プライベートIPアドレスには ネットワーク部とホスト部というのがあります。

例えば 192.168.1.11 というIPアドレスがある場合、

192.168.1 がネットワーク部、11がホスト部になります。

社内で 20台のパソコンがある場合、同一のネットワークなのでネットワーク部はすべて 192.168.1 になります。

ホスト部である11の部分が、各パソコンや機器に割り当てられている箇所です。

このように始めの 192.168.11 をネットワーク部、最後の数字をホスト部にするというルールを確定させるのがサブネットマスクです。

この例でいうと、255.255.255.0 という数字が 192.168.11 をネットワーク部にして 最後をホスト部にするということになります。

サブネットマスクは、ネットワーク管理で変更することはありますが、一般的に使う場合は、まず変更することはありません。

192.168.から始まるプライベートIPアドレスでは、サブネットマスクは 255.255.255.0 となります。

割り当て

ホスト部の数字は 0~255までです。0を入れると256通りになります。

ただし、決まり事があり 0と255は割り当てができないことになっています。

0は、ネットワークアドレスといい、例えば 192.168.1.0というのは そのネットワーク全体を示すときに使われるので ホスト部には使えません。

255はブロードキャストアドレスといい、これはホスト部すべてを示すときに使われるので使えないようになっています。

そのため、1~254の254台までホスト部を使うことができるということになります。

ただルーターのアドレスは基本的にホスト部が 1になります。パソコンや機器への割り当ては 2~254になってきます。

CIDR表記

例えば 自宅や会社のプライベートIPアドレスが、192.168.1.~だとすると、ネットワーク内のパソコンや機器は、すべてそのようになっています。

前述しましたように、末尾の0はそのネットワーク全体を表しますので、この場合 192.168.1.0がそのネットワーク全体を示すときに使われます。

通常は、192.168.1.0/24 のように表記されます。

末尾に /24が付きます。CIDR(サイダー)表記、プレフィックス表記といいます。

/24は、先頭 24bitがネットワーク部というのを示しています。

IPアドレスは全体で 32bitです。8bitづつ4ブロックに分かれています。つまり、 192.168.1がネットワーク部であり、これはサブネットマスク 255.255.255.0 とも同じ意味合いです。

DHCP

ルーターには、DHCPという機能があります。接続された機器に、自動的にプライベートIPアドレスを割り当てる機能です。

そのため特別な設定をしなくても、LANケーブルを繋げばパソコンや機器は、プライベートIPアドレスを取得しネットワークに入ることができます。

ルーターの管理画面内で、プライベートIPアドレスの割り当て範囲を設定することもできます。

またデフォルトゲートウェイという言葉がしばしば出てきますが これは出入口という意味で、ルーターのことです。

ネットワーク内の機器のIPアドレスを調べる

ネットワークのプライベートIPアドレスを調べるときは、ipconfig を使います。

IP Addressに パソコンのアドレス、Default Gatewayに ルーターのアドレスが表示されます。

ネットワーク内では他に、無線LANアクセスポイント、ネットワークディスク、ネットワークプリンターなどがIPアドレスを持ちます。

これらの機器は、管理ソフトや管理画面で IPアドレスを調べることができます。

IPアドレスを調べるソフトもあります。

プライベートIPアドレスの固定

家庭内LANや社内LANで、パソコンのプライベートIPアドレスを固定して使うこともできます。

ローカルエリア接続のプロパティから設定します。

プライベートIPアドレスの固定

IPv4を選びます。

IPアドレスに使いたいアドレス、サブネットマスクに 255.255.255.0、デフォルトゲートウェイにルーターのIPアドレスを入力します。

DNSサーバーはプロバイダから指定されているアドレス、もしくは何も入力しない、ルーターのアドレスを入力するのいずれかです。

パソコン以外の機器では管理ソフト・管理画面でIPアドレスを固定することができます。


関連情報