コンピューターで使われる演算子

演算子とは、足し算とか引き算、掛け算など計算で使われる記号や値の大小を比較する際に使われる記号のことです。

コンピューターやソフトウェアでよく用いられる演算子に、算術演算子、比較演算子、論理演算子などがあります。

最もよく使われるのは、算術演算子です。身近なところでは Excelがあります。検索エンジンでも、検索窓に直接 計算式を入力すれば、解答を得ることができるようになっています。

このページでは、様々な演算子とその意味について紹介しています。

算術演算子

足し算、引き算、掛け算など計算で使われる演算子を 算術演算子といいます。演算子はすべて半角で入力します。

  • 加算・・・ +
  • 減算・・・ -
  • 乗算・・・ *
  • 除算・・・ /
  • 累乗・・・ ^
  • 剰余・・・ %

Excelでよく使われるのは、加算、減算、乗算、除算です。キーボードのテンキーにもこの4つが付いています。

一般的にExcelで計算する場合、セル内に =5+10、=2*3、=25/5 のように = から入力します。

累乗は、25、56などの計算で、=2^5のように入力します。

剰余は、余りを求める計算。モジュロ演算ともいいます。=15%6 と入力すると3が出ます。よく使用する % パーセントは、100*20%、100*108%など乗算の演算子を挟んで研鑽します。

これら算術演算子は、コンピューターやソフトウェアでは一般的に使われています。近年の検索エンジンでは、数値と算術演算子を入力すれば、電卓のように計算結果が返ってきます。検索エンジンでは、 = を省いて入力することができます。

比較演算子

イコール、大なり、小なりなど比較するときに使われる演算子を 比較演算子といいます。Excelでは関数でよく使います。

  • 等しい・・・ =
  • 等しくない・・・ <>
  • 大きい、小さい・・・ ><
  • 以上、以下・・・ >=<=

プログラミング言語では = は代入の意味を示すため、イコールの意味で使う場合は =====が使われることがあります。

論理演算子

論理演算の基礎的な考え方は、数学の集合の演算に出てきます。統計、コンピューターの回路、プログラミング、データベースなどで使われます。

  • 論理積・・・ AND&
  • 論理和・・・ OR|
  • 論理否定・・・NOT!

AND、OR、NOTという言葉と、の記号は度々出てきます。一般的に論理演算子といわれるものは、データベースでAND、OR、NOT、プログラミングで &、|、!などになります。

論理演算というのは 「ベン図」を使ってよく説明されます。

論理積 AND。AかつBであるもの。

論理積

論理和 OR。AまたはBであるもの。

論理和

論理否定 NOT。Aではないもの。

論理否定

身近なところでは 検索エンジンにおけるキーワード検索があります。AかつBという検索を行っています。

図書館の蔵書検索などでも、検索窓の近くにANDやORという言葉が出てくることがあります。この場合、論理積か論理和かどちらかの演算かというのを表しています。

一部のプログラミングでは、論理積を $$、論理和を || で記述します。