コンピューターで使われる演算子

演算子とは、足し算や掛け算などの計算や値の大小を比較する際に使われる記号のことです。

コンピューターやソフトウェアで用いられる演算子には、算術演算子、比較演算子、論理演算子などがあります。

身近なところでは 検索エンジンやExcelがあります。検索エンジンでは、検索窓に直接 計算式を入力すれば、解答を得ることができるようになっています。

このページでは、様々な演算子とその意味について解説しています。

算術演算子

足し算、引き算、掛け算、割り算などで使われる演算子を 算術演算子といいます。演算子はすべて半角で入力します。

  • 加算・・・ +
  • 減算・・・ -
  • 乗算・・・ * (アスタリスク)
  • 除算・・・ / (スラッシュ)
  • 累乗・・・ ^ (キャレット)
  • 剰余・・・ % (パーセント)
  • 階乗・・・ ! (エクスクラメーションマーク )

最も使われるのは、加算、減算、乗算、除算の四則演算です。これらの記号は、キーボードのEnterキーの左側付近にあります。またテンキーにも、この4つの記号は付いています。

四則演算のキーEnterキーの左にある 四則演算のキー。

= と -は同じ場所にあります。


テンキーテンキーにある四則演算のキー。


キーボード上段キーボード上段、右から ^ % !。


累乗は 25、56などの計算で 2^5、階乗は 6×5×4×3×2×1のような計算で 6!と表します。

剰余は余りを求める計算で モジュロ演算といいます。例えば、18を5で割ると余りは3です。18%5と表します。一般的に使われることはありませんが、プログラミングやセキュリティ関連の技術でしばしば出てくることがあります。

検索エンジン(例:Google)では、数値と算術演算子を入力すれば、計算結果が返ってきます。四則演算の他、累乗、剰余、階乗の計算も行うことができます。ただ入力する数値や計算結果の桁数が大きくなる場合は、ある程度の数値までの計算になります。

検索エンジンでの四則演算

Excelでは、セル内に =5+10、=2*3、=25/5、=2^5 のように = から入力します。Enterキーで計算結果が表示されます。四則演算と累乗の計算を行うことができます。

Excelでの四則演算

剰余と階乗は それぞれMOD関数、FACT関数として用意されているため、18%6は =MOD(18,6)、6!は =FACT(6) のように入力します。%は モジュロ演算ではなく パーセントを求める計算で使います。例えば、=100*20%、=100*110%のように乗算の演算子を挟んで入力します。

比較演算子

イコール、大なり、小なりなど比較するときに使われる演算子を、比較演算子といいます。Excelでは関数で使います。

  • 等しい・・・ =
  • 等しくない・・・ <>
  • 大きい、小さい・・・ ><
  • 以上、以下・・・ >=<=

プログラミング言語では = は代入の意味を示すことで知られています。イコールの意味では =====、等しくないという意味では !=が使われることがあります。

論理演算子

論理演算の基礎的な考え方は、数学の集合の概念に出てきます。統計、コンピューターの回路、プログラミング、データベースなどで使われます。

  • 論理積・・・ AND&&
  • 論理和・・・ OR||
  • 論理否定・・・NOT!

一般的に ExcelやデータベースでAND、OR、NOT、プログラミングで &&、||、!などが使われます。また集合や論理演算の概念は ベン図を使って説明されます。

論理積 AND。A かつ Bであるもの。数学では A∩B、積集合。

論理積

論理和 OR。A または Bであるもの。数学では A∪B、和集合。

論理和

論理否定 NOT。Aではないもの。数学では 補集合。

論理否定

例えば 図書館の蔵書検索などでは、検索窓の近くにANDやORという単語が出てくることがあります。この場合、論理積か論理和かどちらの方法で検索するか選ぶことができます。