サーバーとクライアントとは

サーバーは serverと書きます。

仕える人、給仕する人という意味があります。

普段パソコンを使っていても ほとんど意識することがないのですが、

パソコンを使ったり、インターネットをするということは サーバーとクライアントの関係のなかにいるということがほとんどです。

サーバーとクライアント

  • サーバー・・・サービスを提供する側
  • クライアント・・・サービスを要求する側、受ける側

ウォーターサーバーというのがありますが、あれをイメージすると分かりやすいでしょう。

会社の中に ウォーターサーバーがあるとします。

みんなが必要なときに コップに水をとって飲みます。

また企業によっては お客さんのことを「クライアント」ということもありますね。

サーバーとクライアントは 「一対多」という関係になっています。

様々なサーバー

コンピューターの世界は 「サーバーとクライアント」の関係をいろいろなところで見ることができます。

どんなサーバーがあるのか見てみましょう。

WEBサーバー

誰もが一番よく利用するのが インターネットですが、

これこそ サーバーとクライアント以外の何ものでもありません。

どういうことか?といいますと

ホームページというのは WEBサーバーというコンピューターにファイルがおかれています。

ブラウザを起動してURLを入力したり お気に入りのサイトをクリックしたりすると まず最初にサーバーに情報を要求しているのです。

要求を受け取ったサーバーは、必要なファイルの情報・データをそのパソコンに対して送信します。

データを受け取ったブラウザは レイアウトを整えたりして表示します。

こうしてインターネットはできているわけです。

インターネットは、WEBサーバーとクライアントのやり取りであるということです。

メールサーバー

インターネットと同じくよく利用するのがメールです。

これもメールサーバーというのを使っています。

受信する際は メールサーバーまで取りに行き、送信する際はメールサーバーに接続してから メールサーバーがメールを送信しています。

メール設定というのは メールサーバーとのやり取りを行うための設定になります。

ファイルサーバー

会社などでよく使われます。

データのおき場所になっていて どのパソコンからでもアクセスできたり、データを共有できるようになっています。

またアプリケーションサーバーといって ソフトウェアをサーバーにインストールして 各パソコンからアクセスして使うこともあります。

WindowsサーバーやNASが使われます。

家庭でもNASをデータの保存場所にすることがあります。

プリントサーバー

USBタイプのプリンターを複数のパソコンで使いたいというに使われる機器に プリントサーバーというものがあります。

本来なら1台のパソコンでしか使えないのですが、プリントサーバーを付け USB-LAN、USB-無線LANとすることで複数のパソコンから印刷できるようになります。

プリンターを共有することができる機器をプリントサーバーといいます。

複数台のパソコンから印刷できるネットワークプリンターは、プリントサーバーを内蔵していることになります。

DNSサーバー

WEBサイトにアクセスする際は、ドメインとIPアドレスの対応確認が行われています。

URL→IPアドレス→目的のWEBサーバーという流れです。

ドメインとIPアドレスの対応を確認するところが DNSサーバーです。

WEBサイトにアクセスするときは、必ずDNSサーバーでの参照は行われています。

プロキシサーバー

インターネットでは パソコン→WEBサーバーとつながるのですが、プロキシサーバーはパソコンとWEBサーバーの間で中継する役割があります。

プロキシ=代理という意味です。

プロキシサーバーは WEBサーバーにアクセスのログ、IPアドレスのログを残したくないときなどに使われます。

このプロキシサーバーも 利用したいという複数の人が同じサーバーを使います。

NTPサーバー

パソコンの時刻合わせで使うことができるサーバー。

インターネット上には NTPサーバーとよばれるものがあり、パソコンとNTPサーバーの時刻の同期をとることができます。

サーバーと名のつくものは、「複数の端末からアクセスされる」「サービスを提供する」と認識しておけばいいでしょう。


クライアントサーバーシステム

WEBサーバーとパソコン、ファイルサーバーとパソコンなどの関係を見ますと、

サーバーとパソコンでは 明確に役割が違うことが分かります。

サービスを提供する側と要求する側に分かれているということです。

このように役割が分担されていることを クライアントサーバーシステムといいます。

また逆に 役割分担がなく複数のコンピューターが直接つながり、データのやり取り・共有することをピアツーピアといいます。

サーバーはハードウェアが少し違う

サーバーとクライアントであるパソコンでは 役割が異なるのでハードウェアの構成も違ってきます。

たとえば OSやCPUなどです。

パソコンのOS Windows 7や8、Macなどですがこれらは クライアントむけのOSです。

サーバーは複数の端末からのアクセスになるので それに特化したOSである LinuxやWindows Serverなどが使われます。

CPUも処理が速いXeonという性能が高いものであったりします。

また常時電源が入っている必要があるので 省電力なCPUが使われたり、堅牢な造りになっていることもあります。

クライアントソフト

サーバーや拠点などに接続して使うソフトを クライアントソフトといいます。

例えば WEBサーバーに接続して ホームページのHTMLファイルなどをアップロードする FTPクライアントソフト、会社や拠点に外部から接続して使う VPNクライアントソフトなどがあります。

スタンドアローン

ネットワークや他の機器に接続せずに使うコンピューターを スタンドアローンといいます。

もしくはネットワークや他の機器からデータを取り込んだりしなくても使えるコンピューターをいいます。

「スタンドアローン版」などソフトウェアの形態を表すときに使われることがあります。

スタンドアローン版のソフトウェアは、単独でインストールして使用できるという意味です。

シンクライアントシステム

シンクライアントという言葉があります。

シン thinは、薄い・細い・わずかなという意味。

サーバーにデータやアプリケーションを一元管理させて、クライアントであるパソコンには LANや入出力・画面表示だけの必要最低限だけの機能をもたせることです。

このようなパソコンをシンクライアントPC、シンクライアント端末といいます。

セキュリティの強化や低コストでの運用などのメリットがあり、シンクライアントシステムは企業などで活用されています。

パーソナルユースでも パソコンにはデータをおかず クラウドやNASにデータをすべて保存したり、G-MAILなどのWEBメールでメールを管理したりすることも増えています。

サーバーでデータを一元管理し クライアント側にデータをおかないという意味では シンクライアントに近いといえます。