複数台のパソコンから印刷できるネットワークプリンター

プリンターというと USB接続のものをイメージすることが多いかもしれません。

USB接続のプリンターは今でも多いですし、Windows XP時代でもよく使われていたプリンターです。

自宅で使うプリンターといえばUSB接続という感じです。

ただ最近では ネットワークプリンターが非常に増えてきています。

これはやはりインターネット環境がルーター接続になってきていることや、無線LANルーターが使われるようになってきていることも関係しています。

ネットワークプリンターとは?

端的にいいますと ネットワーク接続のプリンターです。

LANケーブルで繋がれていたり、無線LANでネットワークに参加しているプリンターです。

要するにネットワークプリンターというのは LANポートが付いている、または無線LAN機能が付いていると考えていいでしょう。

ネットワークプリンターLANポート付きのネットワークプリンター。


ネットワークプリンターは 主に家庭用で使われるものと会社や事業所で使われるものがあります。

どちらも同じネットワークプリンターでプリンター機能のみのものもあれば、プリンター機能以外にもコピーやスキャン、FAXなどいくつかの機能がひとまとめになっているものもあります。

こうしたプリンターは複合機ともいいます。

複合機プリンター以外にも コピー、スキャン、FAX機能などが付いている複合機。


業務用業務用のネットワークプリンター・複合機。

ネットワークプリンターのメリット

ネットワークプリンターは、ネットワーク内にパソコン全てからプリントアウントやスキャンなどの操作ができます。

USBは、基本的に接続しているパソコン1台でしか印刷はできません。

他のパソコンで印刷しようと思ったら ケーブルを差し替えたりする必要もあります。

複数のパソコンを使用している環境では 利便性が向上します。

またコピーやスキャン、FAX機能も付いたもの複合機は、複数の機能を1台の機器にまとめているので コンパクトにできるというメリットもあります。


設定方法

メーカーや機種によって多少の違いは有りますが、基本的な設定方法はどのネットワークプリンターも同じです。

そして設定方法は思っている以上に簡単だと考えていいでしょう。

LANポートをつなぐ
LANケーブルをつなぐネットワークプリンターに ルーターからLANケーブルをつなぎます。
またネットワークプリンターの電源を入れます。


ドライバーディスクをセット
ドライバーディスク添付のドライバーディスクをセットしてドライバーやソフトウェアをインストールします。


ネットワーク接続を選択
ネットワーク接続ネットワークプリンターでは USB接続かネットワーク接続を選ぶことができます。
ネットワーク接続やLAN接続を選びます。


プリンターを選択
プリンターの選択しばらくするとネットワーク接続されているプリンターが表示されます。ここで該当のネットワークプリンターを選びます。


インストール後
インストール後インストールが終わると ネットワークプリンターで印刷できるようになります。テスト印刷してみましょう。


設定方法は非常に簡単なので難しく考える必要はありません。

業務用のネットワークプリンターもLAN接続したのちに プリンタードライバをインストールします。

ドライバのインストール中に ネットワーク内のプリンターを検索して見つけてくれます。

ただしスキャンの設定などは やや専門的な知識が必要なので 通常は保守サポートの会社に連絡して設定してもらうことが多いです。

まずネットワークに参加させる

USBプリンターでは ドライバーディスクをセットして 途中で指示が出たら USBをパソコンにつなぐのですが、ネットワークプリンターでは 先にルーターからLANケーブルをネットワークプリンターに繋いで その後ドライバーディスクをセットしてインストールします。

無線LANのネットワークプリンターも同様に 本体設定で 無線LANの接続を行いネットワークに参加させてからドライバーのインストールを行います。

無線LAN接続はパソコンと同じで 本体設定でSSIDとパスワードを入力するとネットワークに入ります。

IPアドレス

ネットワーク機器なのでIPアドレスがあるのですが、基本的にルーターとつないだ時点で ルーターから自動的にIPアドレスが付与されるので 自分で設定するということはありません。

もちろん自分でIPアドレスを設定することもできます。

この場合はドライバーのインストール前に プリンター側で設定します。マニュアルを確認するといいでしょう。

電話線・電話器の接続

ネットワークプリンターでFAX機能のあるものは電話線や電話器をつなぎます。

LINEとPHONELINEに大元の電話線やモデム・ONUから電話線をつなぎ、PHONEや電話器のマークのあるところに 電話器への電話線をつなぎます。


電話線の接続これで ネットワークプリンターでFAXの送受信ができます。FAXではなく電話がかかってきた場合は つないでいる電話器の呼び出し音がなるようにできます。

細かい設定はマニュアルを参考にするといいでしょう。

スキャン

複合機にはスキャン機能が付いています。

スキャンしてそのまま印刷やスキャンしてパソコンに取り込みなどができます。

ドライバーのインストール時にソフトウェアも一緒にインストールされますが、それらソフトウェアにスキャンして取り込むソフトも入っていることがほとんどです。

簡単な操作で スキャンした画像を取り込み・保存することができます。

ガラス台スキャン機能のあるものは スキャン用のガラス台などがあります。


スキャンソフトソフトを起動させて スキャン画像の取り込みを行います。JPGやPDFの形式を選べたり 白黒やカラーを選べたりします。

ソフトの設定でスキャンした画像の保存先のフォルダを変更することもできます。



ネットワークプリンターの選び方

有名なメーカーには Canon、Epson、Brotherなどがあります。

設定方法や添付ソフトでできることにそれほど大きな違いはありません。

前述したようにネットワークプリンターを選ぶ際は ネットワーク対応かどうかの確認は必要です。

通常ネットワークに対応しているプリンターは 有線LAN対応、無線LAN対応と表記されます。

またプリンターの方法としては インクジェット式とレーザー式の2種類があります。

インクジェット式は主に個人向け・カラー重視、レーザー式はビジネス・SOHO向け・モノクロ重視とも言われますが これも用途に応じて選びます。

プリンターは白黒なのかカラーか、用紙サイズの違い、スキャンやFAX機能が付いているかどうか、インクジェット式かレーザー式かなどが 選ぶ際の基準になります。