無線LAN設定の基本

無線LANルーターはいろいろなメーカーから出ています。設定は、説明書・マニュアルを見て、添付CDなどを使って行います。

無線LANルーターの設定は、原理原則のようなものがあるので、それを覚えればどこのメーカーの無線LANであっても設定はできるようになります。

このページでは、バッファローのルーターを使いながら無線LANルータ-の設定方法をはじめ、管理画面への入り方、IPアドレス、ブリッジなど関連する項目について解説しています。

接続方法

回線の状況

インターネット接続というのはルーター接続とパソコンでのPPPoE接続の2通りあります。プロバイダのID・パスワードが、ルーターに入力されているのか、パソコンに入力されているのか?の違いです。

いま使用している回線がこのいずれかによって、無線LANルーターの動作モードは変わってきます。

回線機器と無線ルーターを繋ぐ

もともとあるモデムやルーターと無線LANをつなぎます。1本 余分にLANケーブルが必要になりますが、通常 添付品としてLANケーブルが同梱されています。

無線LANルーターの背面ポートの色が異なるポートがあります。通常は一番下のポートになります。InternetやWANとかかれているところです。

モデム・ルーターなど回線側からのLANケーブルは、必ずここに接続します。これは基本中の基本になります。回線にもよりますが、この時点でほぼ無線接続が可能といえるような状態になります。

回線と繋ぐ

上の余ったポートのどれかにLANケーブルを接続して、パソコンと繋ぎます。この4つのポートはすべてパソコンや周辺機器用です。パソコンと繋がないと無線の設定ができないというわけではありません。

パソコンと繋ぐ

背面にスイッチがあります。ROUTERとかかれたところです。動作モードを決めるスイッチです。

すでに使用している回線機器がルーターなら、スイッチをAUTOかOFFやBRIDGE、大元の回線機器がルーターではないなら スイッチをROUTER、分からない場合は、Autoにします。

スイッチ

Autoにすれば自動的に回線を判別して適切な動作モードになります。

もともと付いている回線機器がルーターと分かっている場合でも、スイッチをOFFやBRIDGEより、AUTOのほうが推奨です。

SSIDとパスワードの設定

もしパソコンと無線LANルーターをLANケーブルで接続している場合は、接続を終えて3分~5分待って、ブラウザを起動させます。これでインターネットができているなら、インターネット接続設定は不要です。

無線LANルーターの本体に記載されている SSIDを見つけ暗号キーを入力するだけとなります。

また、仮にパソコンと無線LANルーターをLANケーブルで接続していなくても、この時点で、取り付けた無線LANルーターのSSIDがパソコンで確認できます。

SSIDを見つけて、パスワードを入力、接続が確立したあとブラウザを起動させればインターネットにつながります。

無線LANルーターは、電源を入れたら数分後には、電波SSIDを発します。そのため、大元の回線がすでにルーター接続であるなら、わざわざパソコンを無線LANルーターに繋がなくても、SSIDを見つけパスワードを入力するだけで接続できるということになります。

スイッチをROUTERにするというのは、プロバイダのIDとパスワードを再度入力しなければならない回線です。このような場合は、パソコンとの接続が必要なときがあります。

いずれにせよバッファロー製の場合は、AUTOでほぼ対応できるようになっています。

ログイン

無線LANルーターというのは、動作モードによらずログインできる機器です。

概ねセキュリティなどの設定は、ある程度適切な設定になっていますが、SSIDの名称を変更する、チャネルを変更する、ファームウェアのアップデートを行う際は、無線LANルーターにログインします。

またルーターとして、プロバイダのIDとパスワードの入力を行う場合は、無線LANの設定というよりも、ルーターの設定ということになります。

ルーターにログインする場合、バッファローなら添付CDのエアステーション設定ツール、あるいはダウンロード・インストールして起動します。

エアステーション設定ツール

ウィザード

探索中

親機である無線LANルーターが表示されます。次へ

親機の選択

設定画面を開きます。

設定画面を開く

ルーターには、IDとパスワードを入力します。

バッファローの初期値は、admin、password、あるいはユーザー名 root、パスワードなしなどです。メーカーや機種によってIDとパスワードは違います。マニュアルや無線LANルーター本体に記載されています。

IDとパスワード

root

ログイン画面。

ルーターログイン画面

インターネットが繋がっておらず設定が必要な場合は、そのままウィザード画面が出てくるので従い、ID・パスワードの入力を行います。

その画面でうまくできなかった場合は、Internet/LAN→PPPoEと進みます。

PPPoE

接続先の編集

編集

プロバイダーのユーザー名(ID、認証IDなど)とパスワードを入力します。接続先名称は自分で分かるように適当に入力します。入力後→新規追加。

入力

ログアウトして、無線LANとパソコンのLANケーブルを外します。あとはパソコン側でSSIDを見つけ、暗号キーを入力すれば 無線接続ができます。

設定

無線LANルーターの管理画面では、主に以下のような項目を確認します。

ファームウェアの更新ファームウェアの更新

管理設定→ファーム更新などから確認できます。自動更新を選ぶと簡単に行うことができます。


SSIDの変更SSIDの名称変更

無線設定→基本などから SSIDの名前を変更することができます。


SSIDは英数字の組み合わせなのですが、便宜上もう少し分りやすい名称にしたいということもあります。

初期値ではメーカーで決められているものになりますが、変更することもできます。


マルチセキュリティセキュリティ

無線設定→基本などから設定することができます。

無線LANのセキュリティは、WPA2-PSK/ASKが主流です。


古いゲーム機器や一部の無線子機では WEPのみ、WPAのみに対応していることがあります。こうした場合は、WPA-PSK/ASKをWPA/WPA2-mixedに変更、あるいはマルチセキュリティ機能で WEPを追加するということになります。

しかし、WEPは旧式の暗号化形式であるため、懸念があると言わざるを得ません。ゲーム機などでやむを得ず使う場合でも、MACアドレスフィルタリングなどでセキュリティを高くする必要があります。

またルーターの初期設定で、ゲーム用のSSID、WEPが使われている場合も、使わないのであれば無効化、削除しておいたほうが無難といえます。

WPAは、WPA2の前の暗号化形式です。脆弱性の指摘があります。無線LANの接続では、WPA2-PSK/ASKが基本的な暗号化形式ということになります。


チャンネル変更チャンネル変更

無線設定→基本などからチャンネルを変更することができます。デフォルトでは空いたチャンネルを自動で選択する設定になっています。

2.4GHz帯を使用する無線LANルーターでは、電波障害が起きることがあります。

13チャンネルのなかに複数の電波が混在し速度が遅い、SSIDが見えなくなる、繋がらないということもあります。


倍速モード倍速モード

無線設定→基本などから倍速モードの設定を行うことができます。

11nの無線LANルーターでは、速度向上を図ることができます。


具体的には 20MHzを40Mhzに広げて使用するものです。理論的には速度向上が期待できますが、幅が広くなるので他の無線電波などと電波干渉が起きやすくなる可能性もあります。ケースバイケースでの設定といえます。


無線子機

Window 7 タスクトレイの無線接続のマーク。これをクリックします。

タスクトレイ

使用している無線LANルーターのSSIDを見つけてクリックします。

SSID

接続をクリックします。

接続

暗号キーを入力して OK。

暗号キーの入力

このマークになると無線接続は確立しています。

無線接続の確立

無線子機での接続方法は、Widnows標準の無線LANアイコンから行う方法と、添付ソフトやパソコン付属のユーティリティソフトから行う方法とがあります。バッファローならクライアントマネージャになります。

どちらから設定しても繋がるようになっています。

スマートフォン・タブレット

スマートフォンやタブレットでの無線接続も簡単です。

SSIDを見つけセキュリティーキーを入力するだけです。

設定→無線とネットワーク。

無線とネットワーク

Wi-Fi機能をONにします。

Wi-Fi機能

Wi-Fi設定からSSIDを探します。

SSIDを探す

SSIDを選択後、キーを入力して接続。

キーを入力

Wi-Fiの接続がおわると、通信中のマークが出ます。

マーク

ほとんどの端末において、一度 Wi-Fi設定を行うことで、以後 無線LANの圏内に入れば自動的にWi-Fi接続になります。

無線プリンター設定

無線機能が付いたプリンターも無線接続で使うことができます。

設定方法は無線プリンターのマニュアルを参照します。パソコンやスマートフォンなどと同じで プリンター本体のパネル画面にある無線設定の箇所で SSIDを探しキーを手動で入力します。その後パソコンにドライバーのインストールを行います。

まずは無線LANと無線プリンターの接続を確立することが大事です。ドライバーのインストールはその後になります。

接続が確立されていれば、ドライバーインストール時にネットワーク上のプリンターが表示されます。

IPアドレス

無線LANルーターは、バッファローならエアーステーション設定ツールでログイン画面にいくことができますが、ブラウザのURLに直接 IPアドレスを入力してログインすることもできます。

無線LANルーターがルーターモードの時に、ルーターのアドレスを ipconfigコマンドで知ることができます。

またルーターモードの時にどういうIPアドレスになるかは、ルーターの側面に記載されていることもあります。

ブリッジ

ルータースイッチをOFFにすることを、ブリッジといいます。メーカーによって ルーターOFFとなっていることもあれば BR(ブリッジ)となっていることもあります。

背面スイッチをルーターOFFやBRにした場合と、AUTOにした場合では IPアドレスが異なることがあります。

例えば、ある無線LANルーターでは、ルーターモードをOFFにすると 現在のネットワーク環境がどうであれ 192.168.11.100になります。

ルーターOFFにすると、どのようなIPアドレスになるかは 無線LANルーターの側面に記載されていることがあります。

もともと使用している回線機器がルーターで IPアドレスが 192.168.1.1、パソコンが 192.168.1.5となっていると、192.168.11.100は系統が異なることが分かりませす。つまり、ブラウザのURL欄に 192.168.11.100と入力してもログインすることはできません。

このようにルーターモードをOFFにすると 大元のルーターからIPアドレスを自動的に取得しないようになっています。もともと使用している環境・ネットワークのIPアドレスとは異なる値が強制的につくことがあります。

アクセスポイントにログインするときは バッファローのエアーステーション設定ツールで、アクセスポイントのIPアドレスを現在のネットワークに合わせ、変更することができます。

IPアドレスを揃える

AUTOで使うと、大元のルーターを基点としてIPアドレスが割り当てられるので、無線LANルーターのIPアドレスは、192.168.1.100のようになります。

ブラウザのURLに 192.168.1.100と入力してログインできます。

無線LANルーターはアクセスポイントとして使用する場合でも、ファームウェアの更新やSSIDの変更など、後々ログインすることもあるので 、現在の環境に合わせてログインしやすいように IPアドレスを揃えておくことができます。

AOSS

AOSSというのは、バッフォローの無線設定を自動化する方法のことです。

他のメーカーでも名前は違いますが、自動化する方法はあります。基本的に親機側のボタンを押して暗号キーが発信されている間に、子機側のボタンを押すというやり方です。子機側はボタンというよりもソフト上で行います。バッファローならクライアントマネージャーになります。

管理画面内のAOSSボタン管理画面内のAOSSボタン。ボタンを押すとAOSS接続を開始します。


本体のAOSSボタン本体上部にあるAOSSボタン。長押しするとAOSS接続を開始します。


ソフトウェアのAOSSボタンパソコンにインストールしているソフトウェアのAOSSボタン。

無線LANルーターの初期化

設定を扱ってよく分からなくなったり、繋がらなくなって設定をやり直したい場合は、無線LANルーターを初期化することができます。設定は何度でもやり直せるということになります。

初期化する方法は管理画面から行う方法と本体の初期化ボタンを押す方法とがあります。

初期化管理画面→初期化/再起動→設定初期化。


リセットボタン本体底面などにある初期化・リセットボタン。


DIAGランプ長押しすると DIAGランプが点滅・点灯を開始します。起動するまで数分待ちます。


初期化後は ログインID・パスワードもデフォルト値になります。


無線ルーター

無線LANルーターを選ぶ際は、2.4GHzのみ対応か、2.4GHzと5GHzに両方対応かというのが最も重要になります。

そして、転送速度、電波強度なども選ぶ際のポイントになります。

関連情報