複数のPCからアクセスできるネットワークディスク

ネットワークディスクとは、LAN接続タイプのハードディスクのことです。

別名 NAS ナスともいいます。

LAN接続なので パソコンやネットワークプリンターのように LANケーブルを接続して使います。

もともとネットワークディスクは事業所などで使われるのが一般的だったのですが、最近では 動画ファイルをはじめ データが大きくなってきていることや、複数のパソコンを使う人も増えてきたので家庭用で使用することも非常に増えてきています。

仕組み

ネットワークディスクはLAN接続のハードディスクです。

LAN接続LANケーブルをさして使います。


構造構造的には ケース、基板、ハードディスクで構成されていて USBタイプの外付けハードディスクと基本的な仕組みはそれほど違いはありません。


ネットワークディスクは Linux系のOSがインストールされており、このOSがディスク全般を管理しています。

管理画面IPアドレスを持ちますので ネットワークディスクの管理画面に入ることもできます。

ユーティリティソフトやブラウザのURLにIPアドレスを入力してログインします。


Windowsでは ハードディスクは主にNTFSでフォーマットされていますが、ネットワークディスクの多くは XFSやExt2、Ext3などでフォーマットされています。

シングルHDDと複数HDD

ネットワークディスクには ハードディスクが1台搭載されているもの、2台搭載されているもの、4台以上搭載されているものなどがあります。

2台搭載されているものや4台搭載されているものは RAIDというで仕組みで動作しています。

一般的によく使われるものには RAID0やRAID1があります。

RAID0
ストライピングといいます。2台のハードディスクにデータを分散して保存。読み書き速度が速い傾向があります。

RAID1
ミラーリングといいます。2台のハードディスクにデータをミラーリングして保存。同じデータが書き込まれますので データの保全性が高くなります。

ハードディスク1台搭載シングルハードディスクのネットワークディスク。RAIDは使われていません。


ハードディスク2台搭載ハードディスク2台搭載のネットワークディスクでは 主にRAID0やRAID1が使われます。


ハードディスク4台以上搭載他にハードディスクが4台以上搭載されているネットワークディスクでは RAID5、RAID6、RAID10なども使われます。


使い方とメリット

USBタイプのハードディスクはマイコンピュータから開きますが、ネットワークディスクは マイネットワークから開きます。

マイネットワーク

初期設定は ルーターとネットワークディスクをLANケーブルでつなぎ ネットワークディスク付属のユーティリティソフトなどで行いますので それほど難しいわけではありません。

USBタイプのハードディスクとの最大の違いは LAN接続なので ネットワーク内のすべてのパソコンからアクセスできるという点になります。

またネットワークディスクは OSが搭載されている機器なので 設定できる項目、できることが多いというのがあります。

例えば 出先からのリモートアクセス、自動バックアップ機能、アクセス制限、共有フォルダの作成・設定など。


選び方

有名な機種では バッファローのリンクステーションやテラステーション、アイオーデータのLANディスクなどがあります。

自分でHDDを選び OSインストールやセットアップを行う QNAPのNASも有名です。

本格的にNASを運用・管理したいという方に人気があります。

ネットワークディスクというのは メーカーがどこであっても 基本的な構造に大きな違いはありません。

選ぶ際は 通常のハードディスク1台搭載のものか、ハードディスクが2台搭載されていてRAID0かRAID1か、また4台以上という選択肢もあります。

通常 家庭用なら ハードディスク1台~2台搭載、法人・事業所ならハードディスク2台~4台搭載というのが多いようです。