ディレクトリは、フォルダのこと

パソコン・IT用語では、ディレクトリという言葉が出てくることがあります。

ディレクトリというのは、フォルダのことです。Windowsでは、わかりやすくフォルダと表現しています。

WindowsやMacでは フォルダという言葉を使っていますが、コンピュータ全般では ディレクトリという言葉が昔から使われてます。

ディレクトリは Linux OSやコマンドプロンプトなど CUIのコマンド入力においては、DIRと表記されることもあります。

階層構造

パソコンにあるデータは、フォルダによって管理されていることがほとんどです。

フォルダの中にさらにフォルダを作って分類していきます。

Windowsそのものが Cドライブを開けば フォルダがあり、そのフォルダを開けばさらにフォルダがいくつもあるという構造になっています。

Windowsというのは ハードディスクやストレージ上で フォルダ・ディレクトリによってファイルが分類され構成されています。

これを階層構造、ツリー構造といいます。

ハードディスクやフォルダを開こうとして、「ディレクトリー名が無効です」「壊れています」というエラーが出るのは、このような階層構造やフォルダが壊れているということになります。

ルートディレクトリ

コンピューターを開くと CドライブやDドライブがあります。

Windowsやプログラム、データはすべてこのCドライブにあります。

Cドライブ

Cドライブを開くといろいろなフォルダがおかれています。

ルートディレクトリ

ディスクを開いて一番最初にフォルダがある場所、階層構造の一番上にある場所を ルートディレクトリといいます。

ここが Cドライブのルートディレクトリになります。Cドライブ直下という言い方もします。

C:\ もしくは C:/ と表します。

ルートというのは、根源とか根本という意味で、IT用語では ルートサーバー、ルート認証局などがあります。

サブディレクトリ

ルートディレクトリ以下のディレクトリをすべて サブディレクトリといいます。

Cドライブのルートディレクトリの中のサブディレクトリ「ユーザー」、サブディレクトリ「ユーザー」の中のサブディレクトリ「パブリック」など。

ただサブディレクトリという言葉を使う場合は、現在いるフォルダの中にあるフォルダ、下にあるフォルダをいいます。

「ユーザー」のサブディレクトリ「パブリック」など。

また反対に一つ上のディレクトリを 親ディレクトリといいます。

「パブリック」からみると 「ユーザー」が親ディレクトリです。

カレントディレクトリ

カレントディレクトリとは 現在いるディレクトリ、作業しているディレクトリのことです。

例えば Cドライブ→ユーザー→パブリックと進み、パブリックフォルダ内で作業しているとします。

その場合、パブリックフォルダがカレントディレクトリになります。

C:\Users\Public と表します。


パス

コンピューターの世界では ディレクトリやファイルの場所は パスで表記されます。

そのファイルがどこにあるのか?

パスによって経路が示されています。

絶対パス

絶対パスというのは ルートディレクトリからの経路です。

では具体的に見てみましょう。

例えばデスクトップにデータというフォルダがあるとします。

フォルダ

フォルダ上で右クリック→プロパティをします。

プロパティ

ここがそのフォルダの正式な場所になります。Cドライブ内のどこにそのフォルダやファイルがあるのか知ることができます。

絶対パスでは以下のように決まりがあります。

  • ルートディレクトリは /や\で表記する・・・C:\
  • ディレクトリとディレクトリは /や\で区切る・・・C:\Users\user\Desktopなど

アプリケーションの設定項目には、データがどこに保存されているのか?調べると分かることがあります。

データの場所

Cドライブから絶対パスで データのあるところまで辿り バックアップなどをとることができます。

相対パス

相対パスは ホームページの作成などでよく使われます。

絶対パスがルートディレクトリからの経路であったのに対して 相対パスは現在いるディレクトリ、カレントディレクトリからの経路を表します。

閲覧しているホームページというのも Windowsと同じようにディレクトリによって構成されています。

ホームページもパソコンで作成するので 全く同じなのです。

例えばこのようにフォルダ・ファイルがあるとします。

index.htmlが そのホームページのトップページです。

プロパティ

サブディレクトリのsample1にtest.htmlがあります。

プロパティ

test.htmlからintdex.htmlにサイト内でリンクを貼りたいというときに 相対パスを使います。

test.htmlから一つ上のディレクトリにあるindex.htmlなので、

./../index.html となります。

逆にindex.htmlから test.htmlへは ./sample/test.html となります。

相対パスでは以下のように決まりがあります。

  • パスはカレントディレクトリから表す
  • カレントディレクトリは .で表す・・・./sample/test.html
  • 親ディレクトリは ..で表す・・・./../index.html
  • カレントディレクトリと先頭の / は省いてよい・・・../index.html

相対パスは絶対パスよりも短く表記することができます。

なのでホームページ作成などでは 相対パスを使います。

このようにパソコンのフォルダやファイルの場所を表すときや、Linux OS、CUIでの操作、ドメインホームページなどでディレクトリやパスという言葉が出てくることがあります。