セキュリティ対策の第一歩 ルーターの導入

セキュリティ対策の基本は、ルーターの導入です。あるいは、ルーターがあるかどうかの確認になります。

パソコンにセキュリティソフトをインストールするよりも先に確認すべきです。

ルーターにはIPマスカレード、パケットフィルタリングなどの機能があり、導入するだけでファイヤーウォールの役目となり、パソコンを不正アクセスから守ってくれます。

ルーターを導入するのとしないのとでは、格段に差があります。

モデムとパソコンを直接つないでインターネットをしているということは、パソコンを直接インターネットの世界にさらしているようなものです。

パソコンにセキュリティホール・脆弱性がある場合、ものの数分でウイルスやスパイウェアに感染することも考えられます。

ルーターが、パソコンの代わりにインターネットの世界とやりとりをするので、パソコンはルーターの後ろに隠れるようなかたちになります。

ルーターは、パソコンとインターネットの世界の間で、砦や関所・城のような役割があり 必要な情報だけを行き来させます。

一般的になりつつあるルーター接続

近年では、回線事業者・プロバイダともにルーター接続が一般的になってきています。

  • NTT 光 隼→ルーター接続
  • NTT 光プレミアム→ルーター接続(CTU)
  • NTT Bフレッツ→モデム経由の接続
  • 各社ADSL→モデム及びルーター接続
  • 各社CATV→モデム及びルーター接続
  • 電力系光ファイバー→モデム及びルーター接続

ケーブルテレビで使うケーブルモデムは、他の回線と違い やや特殊な接続なので一概にはいえません。ルーター機能はないことがほとんどです。

パソコンに、プロバイダのIDとパスワードを入力して接続するという方法は、ルーター接続ではありません。

ルーター接続かどうかは、契約している回線事業者に確認するか、ipconfigコマンドなどで確認する方法があります。

ルーターは複数台のパソコンを同時にインターネットに接続できるというメリットがありますが、利用しているパソコンが一台だとしてもルーターの導入は推奨されています。