ROM上のソフトウェアの書き換え

ファームウェアとは、電子機器を制御するために組み込まれているソフトウェアです。機器のROMに書き込まれています。

ファームウェア

ROM上のソフトウェアを書き換えて最新にする、アップデートすることをファームウェアの更新といいます。

パソコンのマザーボード上のBIOSやUEFIも ファームウェアの一種です。マザーボードの場合は BIOS・UEFIという呼び方で統一されています。

機器

パソコンや周辺機器など、様々な部品・機器にファームウェアが内蔵されています。

ルータールーター

ルーターには回線業者のレンタルのものや、市販されているものがありますが、基本的にどちらのルーターにもファームウェアは内蔵されています。


無線LANルーター無線LANルーター

無線機能の付いたルーターです。ルーター機能のないものをアクセスポイントともいいます。


ネットワークプリンターネットワークプリンター

LAN接続のプリンターをネットワークプリンターといいます。


ネットワークディスクネットワークディスク

LAN接続のハードディスクを、ネットワークディスクやNAS(ナス)といいます。


他には LAN接続・無線LAN接続のネットワークカメラなどがあります。

一般的に、IPアドレスがある、ログインして設定を行うネットワーク機器の多くがファームウェアを内蔵しています。

他にパソコンを構成している部品にもファームウェアが内蔵されているものがあります。

マザーボードマザーボード

マザーボードのファームウェアは、BIOSやUEFIともいいます。


光学ドライブ光学ドライブ

パソコンにはほとんどの機種で内蔵されています。CDやDVDなどを使用する機器です。


ハードディスクハードディスク

OSがインストールされていたり データが記憶されている機器です。


SSDSSD

フラッシュメモリーで読み書きを行うストレージです。

更新ファイル

ファームウェアは、あとから不具合や欠陥、脆弱性が見つかることがあります。他に 新しいOSに対応したり、転送速度の改善や機能の追加といった場合もあります。

通常のWindowsやソフトウェアのアップデートと同じと考えていいでしょう。

重要かつ緊急のファームウェア更新ファイルもしばしばあります。

例えば、ネットワーク機器では 外部から操作される可能性のある脆弱性が見つかるといったこともあります。またハードディスクでは、そのまま使用していると重大な故障につながるファームウェアの問題が見つかり、更新ファイルが公開されたこともあります。

逆に発売から長く経つものの、特に問題がない機器ではファームウェアの更新ファイルが公開されないということもあります。

ファームウェアの更新ファイルの内容や更新方法については、メーカーサイトで確認するのが一般的です。

更新方法

機器によってファームウェアの更新方法は多少異なります。

まずファームウェアの更新ファイルをメーカーサイトから、パソコンにダウンロードします。

ファームウェアの更新その後 機器の管理画面からファイルを指定して更新します。

パソコンにダウンロードしたファイルを 機器に送信するという作業が内部で行われていることになります。


ログイン機能のないネットワークプリンターやパソコンを構成している部品である光学ドライブ、ハードディスク、SSDなどでは、パソコン側からファームウェア更新用のソフトウェアを使いファームウェアを送信・更新します。

ファームウェアの更新は、ファイルの書き換えになるので 少し時間がかかることもあります。更新中に パソコンや機器の電源を切ったりしないように注意が必要です。

また機器によっては 自動更新するものも多く、必ずしも手動で更新を行うというわけではありません。

ネットワークディスクやHDD・SSDなどはデータが格納されているため、事前にバックアップをとるなど慎重に行う必要があります。

ネットワーク機器やパソコンで、通信速度や動作速度が遅いなど何らかのトラブルが起きているという場合、ファームウェアの更新ファイルが公開されていないか確認するということがあります。

その機器が原因となっている問題が解決することもあります。

またファームウェアを更新しておくことで、将来起こり得るであろうトラブルを事前に回避することができると考えることもできます。