マザーボードのBIOS更新

マザーボード上のROMに書き込まれているプログラムである BIOSにはアップデートがあります。

アップデートには、主に不具合の修正や機能の追加などが含まれています。他のプログラムのアップデートと同様、BIOSも例外ではありません。それなりの理由があり、メーカーもBIOSアップデートを公開しています。

例えば実際の例では、ノートパソコンのバッテリーが充電されないトラブルがあり、それを解決するためのBIOS更新ファイルというようなこともあります。

具体的にどのような不具合の修正や機能の追加があるかは、メーカーサイトで公開されています。

メーカー製パソコン

メーカー製パソコン メーカー製パソコンでは、メーカーや機種によって BIOSアップデートがある場合もあれば、ない場合もあります。

すべてのパソコンでBIOSアップデートがあるわけではありません。


もしBIOSのアップデートがある場合は、その更新ファイルの内容を確認します。時として 緊急性・重要性の高いBIOS更新ファイルもあります。

適用することで、トラブルが回避されたり、未然に予防できたりすることもあります。

メーカー製パソコンでは、BIOS更新ファイルとアップデート用のソフトウェアがセットになっている場合が多くなっています。

メーカーサイトで、BIOS更新ファイルとアップデート用のソフトウェアをダウンロードして行います。

自作パソコン

自作パソコン自作パソコンでは BIOSアップデートは一般的によく知られています。

BIOSアップデートしなければ、CPU交換ができないなどの現実的な問題が起きることもあります。


更新ファイルも定期的に公開されています。

自作パソコンでは、Windows上から行う方法とBIOS画面で直接ファイルを指定して更新するなど複数の方法が用意されていることがあります。

自作パソコンでは、BIOS更新ファイルとアップデート用のソフトウェアが別々になっている場合が多くなっています。

マザーボードのメーカーで、BIOS更新ファイルとアップデート用のソフトウェアをダウンロードして行います。

基本的な流れ

BIOSアップデートの基本的な流れは以下のようになります。

  • 現在のBIOSバージョンの確認
  • メーカーサイトに更新ファイルがないか確認
  • 更新ファイルの内容、注意点を確認
  • 更新ファイル・ソフトウェアのダウンロード
  • 所定の方法でBIOSアップデート

現在のBIOSバージョンの確認ができるところは、BIOS画面、msinfo32、メーカーのソフトウェアです。自作パソコンなども同様です。

メーカーサイトに行くと、大抵BIOSバージョンを確認する方法が示されています。BIOSやmsinfo32でもBIOSバージョンを見ることができますが、不具合やバグで間違ったバージョンが表示されていることも有り得なくはありません。必ずメーカーの指示する方法によって、BIOSバージョンを確認します。

注意点

アップデート用のソフトウェアを使う場合、指示に従って進めていくだけなので それほど難しい作業ではありません。

パソコンが再起動して、再起動時にBIOSの更新、ファイルの書き換えが行われるようなっています。メーカーによっては更新中にビープ音が断続的に鳴ることもあります。

あるいは、再起動せずに、Windows上で更新が行われることもあります。

ソフトウェアのウィザードに従う、BIOSの更新が終わるまでパソコンをむやみに扱わないなどが注意点です。またデスクトップパソコンでは、コンセントに引っかかったり、ブレーカーが落ちるなどして電源が切れることがないようにします。

ノートパソコンでは、バッテリーが装着されていないと実行できないようになっていることもあります。

失敗事例は非常に少ないのですが、万が一 アップデートに失敗した場合は、パソコンが起動しない、電源を入れてもロゴが表示されないなどの問題が出てきます。他のソフトウェアのアップデートとは異なり、ややリスクを伴います。

自己責任に近い形になりますので 指示に従って慎重に行う必要があります。

方法

ここでは、実際にメーカー製パソコンでのBIOSアップデートの例をあげて解説しています。

まずメーカーのサポートサイトなどで、型番を正確に入力してBIOSアップデートやドライバーアップデートがないか確認します。

このパソコンでは、BIOSアップデートの項目が以下のようになっています。

メーカーサイト

アップデート手順などを確認します。パソコンにインストールされているソフトウェアでバージョンを確認するようになっています。

アップデート手順

ソフトウェアを起動し、BIOSバージョンを確認します。ここでは 4.80とあります。公開されている更新ファイルが、5.10なのでアップデートがあるということになります。

BIOSバージョンの確認

アップデートファイルをダウンロードします。注意事項をよく確認します。

注意事項

ダウンロードしたファイル。ここでは、更新用のソフトウェアと更新ファイルがひとつになっているものです。

ダウンロードしたファイル

クリックして起動します。注意事項を再度確認します。

注意事項の再確認

更新をクリックすると、パソコンが再起動します。そして、画面に何も映らない状態で、1分ほどファイルの書き換えが行われ、更新が終わると自動的にパソコンが起動してきます。

BIOSバージョンが変わり、アップデートされていることが分かります。

アップデート後

Windows上からソフトウェアを使って、BIOSを更新するとはいっても、メーカーや機種によって操作方法などは異なります。場合によっては、ソフトウェアを起動した後に、更新ファイルを直接指定するということもあります。

また、再起動時に自動的にBIOS画面に入り、進捗状況を示すゲージが表示されたり、ビープ音がしばらく鳴り続けるということもあります。

BIOS更新が終わると、自動的に起動してくることがほとんどです。もし仮にBIOSの設定を手動で変更していると、設定がリセットされ初期化される場合もあります。

重要な点は、BIOSバージョンの確認から実際の更新作業まで、メーカーの指示している方法に従うということと、アップデート中にパソコンを扱わないということです。画面が暗くなって故障しているように見えたり、3分から5分ほどかかることもあります。やや時間がかかることもあります。