タブレットとは何か?

タブレットは 近年よく見るようになった機器です。

タブレットとは何かといいますと、板状・薄型のコンピューターや周辺機器です。

パネル上で指先や専用のペンを使い操作することができます。

一般的は タブレットというときは、タブレットPCを指すことが多くなっています。

  • タブレットPC・・・タブレット型のコンピューター
  • ペンタブレット・・・タブレット型のパソコン周辺機器、イラスト用途

OS

タブレットPCは OSがいくつかあり、ある程度分類することができます。

OSが違うと見た目やデザイン、機能などに違いが出てきます。

Windows

MicrosoftのOS Windowsが使われているタブレットは、Windows タブレットといいます。

いくつかのメーカーが ハードウェアは自社で製造し、OSにWindows 8.1、Windows 10などを搭載しています。

Microsoftが製造し Windowsを搭載しているタブレットを Surface サーフェイスといいます。

Windowsのタブレットの特徴は、Windows搭載のパソコンと操作が基本的に同じで Officeが搭載されていれば使うこともできます。

iOS

Appleのタブレットに搭載されているOSを iOSといいます。

製造から販売まで Appleが行っており、iPad、iPad Air、iPad miniなどがあります。

Appleのスマートフォン iPhoneもiOSで、操作性などはほとんど同じです。

Android

Googleの開発したOSを Android アンドロイドといいます。

Android OSは スマートフォンで最も使われているOSです。

タブレットの多くも このAndroid OSが使われています。

SONYやASUSなど多くのメーカーがタブレットを製造し、OSにAndroidを搭載しています。

Nexusと名前の付くタブレットは Android OSを搭載したタブレットに付けられることがあるブランド名です。製造は各メーカーに委託されています。

Fire タブレット

Amazonが製造・販売しているタブレットをFire タブレットといいます。

OSには GoogleのAndroidをベースにした Fire OSが使われています。

Amazonで販売されているKindle 本という電子書籍をみたり、音楽・動画を楽しむとができるのが特徴です。Wi-Fi機能やブラウザを搭載しており、Androidのタブレットと操作感は似ています。

電子書籍を見るのに特化したタブレットは Kindle Paperwhite といいます。タブレットというよりは 電子書籍リーダーです。

2in1とは?

2in1 ツーインワンとは、1つのもの中に2つの機能があるという意味です。

ノートパソコンで使われる言葉で、「2in1 ノートパソコン」とかいいます。

ノートパソコンを 通常のノートパソコンとして使ったり、タブレットとして使ったりすることができます。

ノートパソコンのキーボード部分を 360度回転させることができるものや、着脱できるものがあります。

MicrosoftのSurfaceは 2in1のノートパソコンになりますが、タブレットに近い構造になっています。

タブレットのメリット・使い方

タブレットにはいくつかのメリットがあります。

タブレット

普段と異なる場所で使える

薄型で軽いので携帯性に優れます。

例えば自宅や会社の中で タブレットを手に取り自由に移動して使用することができます。

普段と異なる場所で使える、例えばキッチンでレシピサイトを見ながら料理する、ベランデで日光浴しながらインターネットするなど。

ノートパソコンも携帯性に優れますが、タブレットに比べると持ち運びしにくく場所をとります。

情報の取得がしやすい

タブレットはどちらかというと情報の取得に優れたデバイスです。

パソコンは いろいろなことができるように様々な機能やアプリケーションが搭載されていますが、その度に電源を入れる必要があります。

タブレットは 毎回電源を入れるというわけでもなく アプリケーションの起動も早いのがその理由です。

例えば インターネットやメール、アプリ使用、地図、マルチメディア鑑賞、ファイル閲覧などがあげられます。

またパソコンほどではないにしても簡単な編集ならタブレットでもできます。

外出時も持ち運びしやすい

外出する際に 持ち運びしやすいというメリットがあります。

例えば 旅行に行く際に宿泊先などで Wi-Fiを利用してインターネットをするかもしれません。

そうした時に 「ノートパソコンを持っていくのはちょっと・・」ということもあります。

その点 タブレットは軽く かばんやバッグに入れても かさばらない、持ち運びしやすいというメリットがあります。

プレゼンテーション

出先で 相手先の会社に写真やファイル、資料など見せたりということもあります。

ビジネス用途でも タブレットは使われることがあります。


画面の切り替え

タブレットは縦に持ったときと 横に持った時では 表示されている画面は 自動的に切り替わります。

インターネット・カメラ・写真など。この点はスマートフォンも同じです。

通常 縦にした時。

縦

横にした時。

横

インターネットで表示されている画面が PC用のレイアウトになっている場合もあれば、タブレットの解像度に合わせて 最適な大きさになっていることもあります。

どちらになっているかは、タブレット側で設定するものではなく、ホームページ側の設定で決まります。

例 Youtube。

レスポンシブ

大手のサイト・主要サイトなどはタブレットでも見やすい画面になっていることが多く 使いやすくなっています。

PCサイトがそのままのデザインで表示される場合は 拡大・縮小などすることで操作します。

タブレットの主な機能

機能としては、スマートフォンとほとんど一緒、もしくはそれに近くなっています。

Wi-Fi機能

タブレットには 有線LANのポートはないため インターネットへの接続は Wi-Fi機能を使います。

ほぼすべてのタブレットにWi-Fi機能は搭載されています。

自宅や会社・外出先で Wi-Fi機能を使用する際は、Wi-Fiの基本的な接続方法などは知っておいたほうがいいでしょう。

特別難しいわけでもなく、SSDを見つけパスワードを入力し接続すれば ブラウザを起動してインターネットにつながります。

Bluetooth

ほとんどのタブレットには Bluetooth機能が搭載されています。

Bluettoothを使うことで 周辺機器 例えばスピーカー、ヘッドフォン、キーボードなどを無線で使うこともできます。

3.5mmステレオミニプラグ

Wi-Fi機能、Bluetoothと同じく 3.5mmステレオミニプラグもほとんどのタブレットに付いています。

3.5mmステレオミニプラグは、スピーカーやヘッドフォン、イヤフォンなどを接続することができます。

カメラ

全面と背面に1つずつレンズが付いていて、画面上で操作することで 移す方向を切り替えることができるものがほとんどです。

写真だけでなく 動画をできることも多くなっています。

このようにタブレットは スマートフォンと同じく Wi-Fi機能、Bluetooth、3.5mmステレオミニプラグ、カメラがほぼ標準で搭載されています。

ただ一部のタブレットには、Bluetoothが搭載されていないこともあります。

Micro-USB

Micro-USBは、タブレットをパソコンと接続したり、充電する際に使う端子です。

ほとんどのタブレットは Micro-USB端子を持っています。

AppleのiPadは、Micro-USBではなく Lightning ライトニングという独自の規格になります。

タブレットの選び方

OS

OSには、Windows、iOS、Android、Fire OSがあります。

主要なものはこの4つです。

見た目やデザイン、もともと搭載されているアプリケーションに違いがあります。

タブレットでどういうことをしたいかを ある程度明確にするといいでしょう。

大きさ

タブレットの大きさは インチサイズで分かるようになっています。。

これは液晶ディスプレイと同じで タブレットにも 7インチや8インチというのがあります。

1インチは、2.54cmでパネル部分・実際の画面描画領域の対角線の長さです。

タブレットのインチサイズは様々で 7インチ、8インチ、12インチなどがよく採用されています。

解像度

画面のきめ細かさや表示領域のことです。

パソコンの解像度と同じです。フルHD 1920×1080、WXGA 1280×800、HD 1280×720など。

CPU・メモリー・ストレージ

パソコンと同じで CPU、メモリー(RAM)、ストレージ(フラッシュメモリ)は搭載されています。

単位は、CPUが GHz、メモリーとストレージはGB。

いずれも数値が大きいほど性能は高い傾向があります。

ストレージは 内部ストレージと外部ストレージに分かれていることがあり、MicroSDカードなどを増設して容量を自分で追加できるものもあります。

SIMカード

タブレットでSIMカードを使いインターネット接続する方法もあります。

外出先などで Wi-Fiスポットなどがないところでは、Wi-Fiでインターネット接続ができませんが、SIMカードを使うことで 携帯電話のLTE回線などを使ってインターネット接続が可能となります。

市販されている iPadやAndroidのタブレットで「SIMフリー」「LTE対応」とあるタブレットでは、別途SIMカードを契約することで 持ち運んで使うことができます。。

キャリア

携帯電話のキャリアである ドコモ・au・ソフトバンクなどで販売されているタブレットというのは、基本的にSIMカードのスロットが標準で付いています。回線契約も行うことで ほとんどの場所でインターネット接続も可能となります。

どこのキャリアも AppleのiPad、SONY・ASUS・FujitsuなどのAndroid OSを搭載したタブレットがあります。

Wi-Fiモデル

市販されているタブレットで、しばしば見かける 「Wi-Fiモデル」というのは、単純にSIMカードを付けて使うようなタブレットと区別するために Wi-Fiモデルと表記しています。こうしたタブレットには SIMカードは基本的に付いていません。Wi-Fiのみで使うということです。

タブレットPCのベストセラー

関連情報