ヘッドフォンとスピーカーの基本的なつなぎ方

パソコンではもちろんヘッドフォンやイヤホン、スピーカーを使うことができます。

すごく当たり前のことなのですが、まだ使ったことがないという方もおられるかもしれません。

パソコンからは何らかのかたちで音声が出ています。Windowsの音や動画・音楽を再生した音などです。

パソコンからの音は、パソコンに内蔵されているスピーカーや液晶ディスプレイに内蔵されているスピーカー、外付けのスピーカーなどから出ています。

ステレオミニプラグとUSB

ヘッドフォンやスピーカーの一般的な接続方法には、ステレオミニプラグとUSBの2種類があります。

ステレオミニプラグ(3.5mm)がアナログ、USBがデジタルとなります。

音質に関してはそれほど違いが大きいわけではなく、単に接続方法の違いです。3.5mm ステレオミニプラグはパソコンの他にスマートフォンやその他オーディオ機器にも使われている汎用性の高い規格です。USBの場合は主にWindowsやMacなどのUSB端子をもつパソコンに繋ぐことができます。

通常のヘッドフォンは、ステレオミニプラグのものがほとんどです。

ヘッドセット

ヘッドフォンとヘッドセットの違いは、マイク機能が付いているかどうかです。

音声通話ができるマイク機能が付いているものをヘッドセットといいます。

ヘッドセットにもステレオミニプラグとUSBの2種類のものがあります。ステレオミニプラグのヘッドセットは、マイク用と音声聞き取り用の2本のケーブルが付いています。

出力端子につなぐ

ヘッドフォンやスピーカーは、ステレオミニプラグの接続は簡単でパソコンや液晶の出力端子に繋ぐだけです。

だいたいヘッドフォンのマークとかが付いていたり、OUTと刻印されてたりします。

OUT デスクトップパソコンのヘッドフォン端子。OUTとあります。


マーク ノートパソコンの接続端子。ヘッドフォンのマークがあります。

液晶ディスプレイ 液晶ディスプレイのヘッドフォン端子。通常はあまり使いません。パソコン本体のヘッドフォン端子を使います。


インターネット電話などができるマイク機能が付いているものをヘッドセットともいいますが、マイク機能があるものは接続のケーブルが2本付いています。

その場合もうひとつのマイク用のケーブルは、パソコンのINとあるところや、マイクのマークが付いているところへ接続します。

パソコンからヘッドフォンへ、マイクからパソコンへ音声がそれぞれ行き交います。


実際に繋いでみる

ここにヘッドフォンがあります。3.5mm ステレオミニプラグです。

ヘッドフォン

繋ぐだけです。

繋ぐ

パソコンからのすべての音をヘッドフォンで聞くことができます。

ヘッドフォンで聞く

パソコン以外でも、スマートフォンなどの端子にももちろん繋ぐことができます。

スマートフォン

それでは次にスピーカーを繋いでみます。

ここに2.1ch スピーカーがあります。

2.1ch スピーカー


デスクトップなら背面に 3.5mmステレオミニプラグ用の出力端子があります。ここにつなぎます。

出力端子


前面の端子に繋いでも音は出るようになっています。

前面の端子


ノートパソコンは、ヘッドフォンと同じ端子につなげばいいだけです。

ヘッドフォンと同じ端子


ノートパソコンにもスピーカーを取り付けることができます。

ノートパソコン


ヘッドフォンと同じように 3,5mmステレオミニプラグがあるスマートフォンやタブレットにも接続することができます。

スマートフォン

メリット

ヘッドフォンを使用すると周りに音が聞こえないようになるので、迷惑をかけたりすることがないことが先ず1つあげられます。

それともう1つは、高音質になるということです。

これは一概にはいえないのですが、それなりの大きさや性能のあるヘッドフォンやスピーカーにするとほぼ間違いなく音質は向上します

動画や音楽などのコンテンツをより臨場感あふれる高音質なサウンド・重厚なデジタルサウンドを楽しむことができます。

デスクトップパソコンやノートパソコンの音は内蔵されているスピーカーから音が、スピーカーそのものが小型なのでどうしてもこもったような音やかすれたような音になる傾向があり、必要最低限の音質しか確保できないことがあります。

こうした場合は、スピーカーやヘッドフォンを付けることでより音質を高めることはできます。

スピーカーやヘッドフォンでも、ミドルクラス以上のものになると特に違いがはっきりとしてきます。


ヘッドフォンの一例

ヘッドフォンはいろいろなメーカーが出しています。

SONY、Pioneer、audio-technica、JVCケンウッド、パナソニックなど。

Amazon イヤホン・ヘッドホンのベストセラー

ヘッドセット

ヘッドフォンとヘッドセットの違いは、マイク機能が付いているかどうかです。

音声通話ができるマイク機能が付いているものをヘッドセットといいます。

ヘッドセットにもステレオミニプラグとUSBの2種類のものがあります。ステレオミニプラグのヘッドセットは、マイク用と音声聞き取り用の2本のケーブルが付いています。

Amazon ヘッドセットのベストセラー

スピーカーの種類

スピーカーには、2.0ch、2.1ch、5.1chなどのスピーカーがあります。

2つ一組のスピーカーをよく 2.0chスピーカーといいます。2.1chスピーカーというのは 重低音担当のスピーカー(ウーファー)が追加されて全部で3つのスピーカーのあるものです。

5.1chでは、4つのスピーカーに1つの重低音担当のスピーカーが付いているものをいいます。

よく使われるスピーカーは 2.0chと2.1chスピーカーです。2.0chは主にUSB接続、2.1chは主に3.5mmステレオミニプラグでの接続です。

5.1chでは 5.1chスピーカーに対応したパソコンなどで使用されます。