USB2.0とUSB3.0の違い

USB機器には、USB2.0やUSB3.0という表記を見かけることがあります。

USB規格はしばらく USB2.0の時代が長かったのですが、USB3.0が登場してから、パソコンや周辺機器のUSB規格もUSB3.0対応のものが増えてきました。

このページでは、USB2.0とUSB3.0の違いについて解説しています。

速度

USB2.0もUSB3.0も同じUSB規格ですので、大きく形状が違うということはありません。

何が違うのかといいますと、先ずは転送速度が違います。

USB3.0の方が新しい規格なので、データの転送速度がUSB2.0よりも速くなります。

  • USB2.0・・・480Mbps
  • USB3.0・・・5Gbps (5120Mbps)

USB3.0はUSB2.0に比べ理論上は約10倍のスピードがあるといわれています。

例えば パソコンからUSBメモリなどへコピーをする時の速度がより速くなるということです。

見ため

USBメモリーや外付けHDDなどUSBを使用した周辺機器は、パッケージなどでUSB3.0対応という表記があります。

USB3.0の接続端子部分を見てみると、今までのUSB2.0とは少し違うのが分かります。

USB2.0のUSBメモリ 今までのUSB2.0規格のUSBメモリ。


USB3.0のUSBメモリ USB3.0対応のUSBメモリ。端子の部分が青いのが分かります。


USB2.0ポート パソコンのUSBポート。今までのUSB2.0のものです。


USB3.0ポート USB3.0のポート。 端子が青くなっています。

SSという文字が刻印されていることもあります。SSは、Super Speedの略。


USB3.0の条件

USB3.0は、USB3.0に対応した機器を、パソコン側のUSB3.0のポートに接続した時に、はじめてUSB3.0の速度がでます。

例えば USB3.0のUSBメモリを、従来のUSB2.0のUSBポートに接続しても、速度の上限は USB2.0になります。

またUSB2.0のUSBメモリを、パソコン側のUSB3.0のポートに接続しても、速度の上限は USB2.0になります。

下位互換性といい、規格が異なる場合は上位の規格が下位の規格に速度を合わせるようになっています。

USB3.0の周辺機器があっても、パソコン側のUSBポートがUSB3.0でなければ、USB3.0の速度は出ませんが、使用にあたっては特に問題はありません。

今使用しているパソコンにUSB3.0ポートがあるのならば、USBメモリや外付けHDDなどの周辺機器は USB3.0対応のもののほうが転送速度が速くメリットも多いといえます。

実際の比較

実際にどのくらいコピー速度に違いがあるのか試してみました。

比較 使用するのは トランセンド製のUSBメモリ。

左がUSB2.0、右がUSB3.0です。両方とも容量は同じ32GBです。


青いポート USB3.0のポートを持つパソコンに接続します。青いポートです。


テストここにそれぞれ順番に繋いでテストしてみます。


データのコピ約3GBほどのデータが入ったフォルダをコピーして、かかった時間を計測します。


さて結果はどうなったかといいますと、以下のとおりです。

  • USB2.0・・・5分43秒
  • USB3.0・・・2分57秒

少しデータを追加して 約7GBのコピーも行ってみました。

  • USB2.0・・・13分21秒
  • USB3.0・・・7分21秒

かなり違いがあるのが分かると思います。

USB3.0のポートがあるパソコンなら USB3.0のメモリを使用したほうが明らかに転送速度が速くなるというのが分かります。


USBメモリーの選び方

まずはUSB2.0対応のものかUSB3.0対応のものかになります。

価格はそれほど大きく違うわけではないので USB3.0の方が人気があります。

次に容量ですが、USBメモリは近年 大容量化が進んだデバイスのひとつです。

以前は 64MB、128MB、256MBという単位のメモリーがよく使用されていましたが、最近では 1GB以上は当たり前になっていて 2GB、4GB、8GB、16GB、32GBなどのメモリーがほとんどです。64GB、128GBも出てきています。

1024MBで1GBなのでかなり容量が増えているのが分かります。

そのため、データが多くて容量不足というのはあまり聞くこともなくなりつつあります。