USBのモバイル版

パソコンには USBという接続端子があります。

USBで プリンターやUSBメモリー、外付けハードディスクなど様々な周辺機器を繋ぐことができます。

では Micro-USBとは何か?

これはUSBのコネクタ形状を小さくしたインタフェースになります。

具体的には スマートフォンやタブレット、デジタルカメラなどで使われている規格です。

パソコンのようにUSBのインタフェースを設けることができないため、より小型化した Micro-USBを使っているということです。

Micro-USBは、ITU(国際電気通信連合)によって 「携帯電話の充電はMicro-USBで標準化する」という勧告がなされているため、ほとんどのスマートフォン、タブレットは Micro-USB端子を持っています。

Micro-USB B

Micro-USBには タイプAとタイプBがあります。

一般的にスマートフォンやタブレットに付いているのは タイプBが多いです。

Micro-USB B端子Micro-USB B端子。

台形の形をしています。


ケーブルMicro-USB B端子のケーブル。

ケーブルの接続側。片方はUSB、片方はMicro-USBなどが多い。パソコンと繋ぐと充電やデータ転送を行うことができます。


充電器Micro-USB B端子の充電器。

スマートフォンやタブレットには、ケーブルと充電器アダプターがセットになっていることがあります。ケーブルのUSB部分をアダプターに付けることで コンセントからも充電できます。


デジタルカメラも Micro-USBの端子があることが多く、充電やデータ転送ができます。形状が Micro HDMIに似ています。

またMicro USBは、それ以前に普及していた Mini USBにも似ています。端子の形状は異なりますので 注意が必要です。

Micro-USBは USB2.0の速度になります。

USB3.0に対応しているものは、一部のポータブルハードディスクなどで使われています。

ポータブルハードディスクUSB3.0対応のMicro-USB B端子。

Micro USB Bのケーブルを使うことができますが、速度は2.0までです。


USB3.0対応USB3.0対応のMicro-USB Bのケーブル。

Micro-USB A

一部のモバイル機器には Micro-USBのタイプAの端子を持つものがあります。

充電器Micro-USB A端子。

台形ではなく長方形になっています。


タイプAのケーブルだけではなく、タイプBのケーブルも繋ぐことができるので Micro-AB端子ともいいます。

タイプAは、ほとんど使われなくなってきており ほとんどのモバイル機器は タイプBのものになっています。

Apple製 モバイル機器

Apple製のモバイル機器 iPhoneやiPadなどは Micro-USBではなく Lightning ライトニングという独自の規格を使っています。

どちらの向きでも抜き差しできる特徴があります。

Appleの用意している 変換コネクターでMicro-USBを使うこともできます。