ファイルとは

ファイルとは、分かりやすくいうと書類です。

書類が種類別に分類されるように、パソコン内のファイルも文書、画像、音楽などいろいろあります。

フィイルの末尾についている.docや.jpgなどを拡張子とよびます。

様々なファイル

ファイルには様々なものがあります。

テキストファイル

文字や記号のみテキストデータで作られているファイル。

メモ帳で作成したファイルにあります。拡張子は txt。

テキストデータは 文字の書式・修飾情報を持たないのが特徴です。

広い意味では、HTMLファイル、CSVファイル、XMLファイルなどテキストエディタで開けるファイルをテキストファイルということもあります。

CSVファイル

拡張子 csvは CSVファイルといいます。

メモ帳で開くとタブやカンマで区切られたファイルです。

Excelやメールソフトなどにインポートすることができる互換性の高いファイル形式です。

レポートやデータをCSVファイルで作成し、CSVファイルの使い方は受け取った人に任せるというときに使われます。

Excelで開くこともできます。

Officeのファイル

Microsoft Ofiiceで作成したファイル。

Word、Excel、PowerPointなど。拡張子は doc、xls、pptなど。

PDFファイル

PDF形式のファイル。PDF Readerで開くことができるファイル。拡張子は pdf。

PDFファイルは 扱いやすいため 広く普及しています。

画像ファイル

静止画像用のファイル。

jpg、png、bmp、gifなどがあります。

音声ファイル

音声用ファイル。

mp3、wav、wam、midiなどがあります。

動画ファイル

動画用ファイル。

mpg、avi、swf、mov、wmvなどがあります。

拡張子とは

拡張子は、ファイルの種別を表す .jpg、.doc、.mp3などのことです。

拡張子の表示は、コントロールパネル→フォルダオプションから「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外すとファイルの拡張子が表示されます。

拡張子

ファイルは その拡張子が開けるソフトで 開いたり編集したりします。。

jpgをMicrosoftのWordで開いたりはできません。

データファイル

自分で作成したファイルや上記に紹介したようなファイルを データファイルといいます。

通常 扱うのはデータファイルのみです。

データファイル以外にも プログラムファイルファイル、システムファイルなどがあります。

アプリケーションを構成しているファイルをプログラムファイル、Windowsを構成しているファイルをシステムファイルといいます。

こうしたファイルは デスクトップ上やマイドキュメント内など分かるところにはありませんが 操作・編集・削除などしないようにしましょう。

ファイルの管理

Windowsでは フォルダを作成してファイルを管理します。

ファイルの種類ごとにまとめたり、用途ごとに分けたりします。

また間違って削除したり編集したりしても 復元できるようにバックアップをすることもあります。