ファイルの種類をあらわす拡張子

ファイルには拡張子というものがあります。

そのファイルが何のファイルであるのか判別し、ファイルをクリックすると対応したソフトで開くことができるようになっています。

例えば、写真は jpg、PDFファイルは pdf、Word文書は doc、音楽ファイルは mp3などです。

拡張子

ファイル名と拡張子の間は .(ドット)で句切られてています。

Windowsでは、拡張子とプログラムが関連付けされているのでクリックしたら関連付けされているプログラムで起動するようになっています。

Windowsのファイルは すべて拡張子が付いていますが、全部開けるというわけではありません。

システムファイルなど ユーザーの操作とは直接関係ないファイル、必要なプログラムがインストールされていないファイルは開くことができないようになっています。

登録されている拡張子の表示・非表示

拡張子の表示・非表示の設定は、フォルダオプションにて行うことができます。

コントロールパネルのフォルダオプション

フォルダオプション

登録されている拡張子は表示しないのチェックで、拡張子の表示・非表示を切り替えることができます。

表示・非表示

もともとのWindowsの設定では、表示しないにチェックが入っています。

つまり Windowsに登録されている主要な拡張子 たとえば pdf、jpg、doc、mp3、exe、txtなどの拡張子は表示されないということです。

表示するしないで特に使い方が変わるわけではありませんが、表示しておいたほうがパッと見てどんなファイルか分かりやすい、頻繁にファイルを扱うようになると作業スピードが上がるということがあります。


関連付け

例えばこうしたことはないでしょうか?

何かの音楽ファイルをクリックしたとします。すると音楽ファイルが再生されるのですが、自分の起動させたいソフトではないとします。

音楽ファイル再生

これは拡張子の関連付けを変更することで、自分の起動させたいソフトに変更することができます。

右クリック→プログラムから開く→既定のプログラムの選択。

右クリック

変更したいプログラムを選んで OK。

規定のプログラムの選択

これで 起動するプログラムを変更することができます。アイコンの見た目も少し変わります。

プログラムの変更

ファイル上で右クリック→プログラムから開くでは、その時だけ起動するプログラムを選ぶこともできます。

プログラムから開く

普段使用しているソフトと違うソフトを使いたいという時は、右クリックしてプログラムを選ぶことができます。

拡張子によっては 特定のソフトでしか開けないということがありますが、jpg、pdf、txt、mp3、htmlなどの汎用的なファイルは 様々なソフトで開けるようになっています。