HTMLファイル編集やプログラミング言語入力で使う

テキストエディタとは、

文字通り テキストファイルを編集するソフトのことです。

Windowsには メモ帳というソフトが付いているのですが、実はこれもテキストエディタになります。

メモ帳

メモ帳は テキストを入力してメモ書きとして使ったり、フォントサイズなどを変更して簡単な文書を作成・印刷することもできます。

保存すると 拡張子は .txtです。

保存

メモ帳は他に CSVファイルやHTMLファイルを開いて編集することができます。

CSVファイルやHTMLファイルを右クリックして プログラムから開く→メモ帳です。

メモ帳は、漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット・記号などテキストを入力できるのですが、フォント種類やサイズ変更以外はほとんど機能がありません。

テキスト入力でよく使うようになると 少し物足りない・機能が不足しているということになります。

そこでテキストエディタを使います。

メモ帳が今まで出来ていた CSVファイルやHTMLファイル・CSSファイルの編集をはじめ、メモ帳では開けなかったPHPファイルなど プログラミング言語が書かれたファイルを開いて編集したりすることもできます。

保存

メモ帳と違う点として、色を付けることができて見やすくできたり、特定の文字数で改行・折り返しができたり、ある程度使いやすいようにカスタマイズすることができます。

HTML言語やプログラミング言語で書かれたものを ソースコードといいます。

ソースコードを作成・編集したりする作業では テキストエディタはよく使用されています。

テキストエディタには 有料のものと無料・フリーのものとがありますが、機能をそれほど求めない場合は、初めて使う場合は 無料のものをまず使用します。

フリーのもので 代表的なテキストエディタには EmEditor Free、TeraPadなどがあります。