OSインストール後に行う作業

OSをインストールしたら、次にドライバーのインストール作業が必要になります。

ドライバーはマザーボードと、グラフィックボードを使用していたらそのドライバーになります。

ともに付属のディスクを使用します。


マザーボードのドライバインストール

XPインストール直後の画面。

インストール直後

OSをインストールしても、ドライバがインストールされていないとまだ完全に使用できる状態ではありません。

デバイスマネージャで確認すると?マークが付いているのが分かります。

デバイスマネージャ

マザーボードの箱に同梱されているドライバCDをセットします。

中古のマザーボードなどで自作していてCDがない場合は、インターネット上でメーカーサイトからドライバをインストールします。

インストール作業を進めます。

メーカーにより表示は異なりますが、Driverなど英語で表記されているところです。Driver以外のソフトなどもCDに入っていますので、必要であればインストール作業を行います。インストール後は再起動を求められたりしますので、指示に従います。

インストール

デバイスマネージャで確認すると不明なデバイスや?マークが消えていればインストールは成功しています。

ビデオコントローラ(VGA互換)などと最後にひとつ残っていれば、それがグラフィックボードになります。

ビデオコントローラ

グラフィックボードのドライバインストール

マザーボードのドライバインストールと同じく、添付のドライバCDを使用するかメーカーサイトからダウンロードするかしてドライバのインストールを行います。

インストール後再起動させデバイスマネージャで正しくインストールされているかどうか確認します。

インストールできていれば、ディスプレイアダプタにグラフィックボードのチップ名が表示され、?マークなどが消えているはずです。

ディスプレイアダプタ

インストール後は、画面のプロパティで解像度の変更もできるようになります。

解像度