グラフィックボード

マザーボードへのグラフィックボードの取り付けの方法です。

グラフィックボードの取り付けは、パソコン内の電源配線を行った後のほうが作業しやすい場合もあります。

具体的にいうとグラフィックボードを先に取り付けると、マザーボードへのプロントパネルからの配線やフロントUSBの配線などが難しくなることがあります。

また仮組み後、Windowsやドライバのインストールがすべて終わった後に、グラフィックボードを取り付けるという方法もあります

Windows インストール時はマザーボードのオンボードグラフィックの端子にモニターをつなぐことができます。

仮組みとWindows インストールが終わったあとのほうが作業しやすいということもあります。出来上がったパソコンにグラフィックボードを増設するという感覚です。

ただし、マザーボードに映像出力端子のないマザーボードでは、グラフィックボードは一番最初のディスプレイ接続時から取り付けが必要です。

この場合、グラフィックドライバーは Windowsインストール後に行います。

グラフィックボードの取り付けついては、ケースバイケースで自分にあった方法で行うといいでしょう。


方法

グラフィックボードを取り付ける場所(スロット)を確認します。通常は PCI-EXPRESS×16スロットと呼ばれる場所です。

スロット

ケース背面のカバーを外し、グラフィックボードを装着できるようにします。ラッチタイプの場合は、ラッチをオープンさせます。

ラッチ

グラフィックボードです。

グラフィックボード

マザーボードとグラフィックボードの切抜きを合わせ、直角に取り付けます。スロット右側に爪やロックなどが付いていることがほとんどです。スライドさせたり解除させたりした上で取り付けます。

直角

ラッチタイプの場合は、ネジを付ける必要はありません。そのままラッチを閉じます。ラッチの付いていない場合はインチネジ大で固定します。

閉じる