高速な読み書きを実現

SSDとは、 Solid State Drive ソリッド・ステート・ドライブの略です。OSやプログラムをインストールしたり、データの保管場所となる部品です。

コンピューターでは、ハードディスクと同じく補助記憶を担当します。

内蔵や外付けのストレージは、ハードディスクかSSDかのいずれかに大きく分けることができます。

このページではSSDとは何か?またSSDの特徴や関連する用語について解説しています。

大きさ・規格

SSDは、大きさ 2.5インチ、接続規格 SATAが主流となっています。

2.5インチといわれるサイズは、ノートパソコンで使われるハードディスクと同じ大きさになります。また接続規格であるSATAもハードディスクと同じです。

SSD2.5インチ SATAのSSD。


大きさ2.5インチ HDD(左)
2.5インチ SSD(右)


7mmと9.5mmSSDには、主に7mmと9.5mmの高さがあります。これは2.5インチのハードディスクと同様です。

近年は7mmのものが多くなっています。


SSDは、2.5インチ SATAのタイプの他に mSATAやM.2という板状のタイプのものもあります。

仕組み

SSDとHDDの最大の違いは、動作・可動部分があるかないかです。

HDDの磁気ディスクHDDは、内部のプラッターといわれる磁気ディスクが高速に回転しています。

主に鉄・合金などの金属で構成されており、磁化することで読み書きを行います。


内部SSDは、データの読み書きを フラッシュメモリーで電気的に行います。

半導体デバイスです。


SSDは、NAND型フラッシュメモリーといわれることもあります。

NAND(ナンド)というのは、半導体メモリーにおける電子回路の構造のことで、論理演算のNOT(AND)である NANDからきています。またNAND型のなかでも、3次元の構造で積層されたものを 3D NANDといいます。

補助記憶

SSDのデータは、パソコンの電源をOFFにしても消えることはありません。不揮発性のデバイスです。

コンピューター上では、ハードディスクと同様に補助記憶を担当します。

容量を示す単位も同じで、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)などになります。

ハードディスクは500GB、1TB、2TB、4TB、あるいはそれ以上など全体的に大容量のものが多くなっていますが、SSDは、128GB、480GB、512GB、1TBなどが多くなっています。ハードディスクに比べると容量はやや少ないという傾向があります。

しかし動作原理が異なることから、データの書き込みや読み出しがハードディスクより高速であることが実証されています。

セル

SSDを構成している記憶素子をセルといいます。

この1つのセルに対して、何ビットの情報を記録できるかという違いがあり、以下のように分類されることがあります。

  • SLC・・Single Level Cell、1ビットの情報
  • MLC・・Multi Level Cell、2ビットの情報
  • TLC・・Triple Level Cell、3ビットの情報
  • QLC・・Quad Level Cell、4ビットの情報

近年のSSDは、TLCやQLCが多くなっており、1つのセルに記録できる情報が増加、高密度化してきています。

また特定のセル・領域に書き込みが集中しないようにする ウェアレベリングという技術が使われています。これによりSSDの記憶素子に対し平均的に書き込みを行い、寿命や耐久性の向上が図られています。ウェアレベリングを担当するコントローラーというチップが内蔵されています。

TRIM

SSDでは、一度OS上でデータ削除しても、SSD上ではまだ使えない領域として残ります。このような領域を再度使えるようにするために、TRIM機能といわれるものがあります。

最適化Windows 10、ドライブの最適化とデフラグ、TRIMで最適化。


Windows 7以降のOSでは、SSDを認識するとデフラグではなく TRIMコマンドを実行します。

外付けSSD

USBなどで接続して使うSSDを 外付けSSDといいます。主にバックアップ用途として使われます。

外付けSSD基本的にUSBから電源をとる バスパワーで動作します。

外付けHDDに比べると、読み書き速度の他、軽い、耐衝撃性に優れるなどの特徴があります。


2.5インチのハードディスクと大きさやネジ穴が共通であることから、パソコンやゲーム機に内蔵されているハードディスクをSSDに交換して使うということもあります。