データそのものと入れ物

Windowsでは、データやデータの格納場所として、ファイルとフォルダがあります。

ファイルは、データそのものです。データファイル、プログラムファイル、システムファイルなどがあります。フォルダは、ファイルを収容するものです。

  • ファイル・・データ
  • フォルダ・・ファイルの入れ物

データファイル

自分で作成したファイルやデスクトップにあるようなファイルを、データファイルといいます。

データファイル以外には、アプリケーションを構成しているプログラムファイルやWindowsを構成しているシステムファイルがあります。

データファイルは、クリックして編集したりなど直接扱うことがありますが、プログラムファイルやシステムファイルは、編集したり直接扱うということは、ほとんどありません。

テキストファイルとバイナリーファイル

文字や記号のみのテキストデータで作られているファイルを、テキストファイルといいます。メモ帳やテキストエディタで作成したファイル、開けるファイルになります。

txtファイル、CSVファイル、XMLファイル、HTMLファイル、他にGPSのログで使われるGPXファイル、KMLファイル、地理情報システム GISで使われるGeoJSONファイルなどがあります。

一方、テキストファイル以外のデータファイル、メモ帳やテキストエディターで開いても、人が理解できるようには表示されないファイルを、バイナリーファイルといいます。

Microsoft Ofiiceのファイル、PDFファイル、JPGファイル、MP3ファイル、MP4ファイルなどがあります。

これらのファイルは、JPG、PDFなど種別を表す拡張子が付いていますが、その拡張子に対応したアプリケーションで開いたり編集したりします。

実行ファイル

プログラムの起動に関わるファイルで、プログラムファイル、バイナリーファイルになります。

実行形式ファイル、exeファイル、エグゼファイルともいいます。

プログラミング言語で記述されているファイルです。クリックするとプログラムが起動したり、ウィザード形式によってプログラムのインストールが始まります。

プログラムをインストールすると、デスクトップ上にアイコンが作成されたり、クリックするとプログラムが起動します。

デスクトップ上にあるこれらのアイコンは、実行ファイルのショートカットアイコンであることがほとんどです。

exeファイルは、特定のアプリケーションで開くというわけではなく、Windowsで対応してます。Windowsで対応しているファイルは他に、ZIPファイルなどがあります。

フォルダ

フォルダとは、ファイルを収納する入れ物です。Windowsではフォルダを作成してファイルを管理します。

コンピューターの世界では ディレクトリともいいます。Windowsでは分かりやすいように文房具のフォルダに例えています。

ファイルが増えてきたら、フォルダを作って整理します。何もないところで右クリック→新規作成→フォルダ。新しいフォルダを作成できます。

新規作成

フォルダに名前を付けることができます。

名前

右クリックで名前の変更もできます。

名前の変更

フォルダの中にフォルダを作ることもできます。種類や日付などで分類していくのが基本です。

フォルダの中

Windowsの多くのファイルは、フォルダにまとめられ階層的に管理されています。

プロパティ

プロパティとは、属性情報という意味で ファイルやフォルダの詳細な情報を見ることができます。

ファイルやフォルダ上で右クリック→プロパティ。

プロパティ

主に容量や作成日時などを調べることがあります。