HTMLファイル編集やプログラミング言語入力

テキストエディタとは、文字通り テキストファイルを編集するソフトのことです。

Windowsにはメモ帳というソフトが付いているのですが、これもテキストエディタになります。

メモ帳

メモ帳は テキストを入力してメモ書きとして使ったり、フォントサイズなどを変更して簡単な文書を作成・印刷することもできます。

保存すると 拡張子は .txtです。

保存

メモ帳は、他にCSVファイルやHTMLファイルを開いて編集することができます。CSVファイルやHTMLファイルを右クリックして プログラムから開く→メモ帳です。

メモ帳は、漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット・記号などテキストを入力できるのですが、フォント種類やサイズ変更以外はほとんど機能がありません。テキスト入力でよく使うようになると、やや機能が不足しているということになります。

そこでテキストエディタを使います。

メモ帳が今まで出来ていた CSVファイルやHTMLファイル・CSSファイルの編集をはじめ、メモ帳では開けなかったPHPファイルなどプログラミング言語が書かれたファイルを開いて編集したりすることもできます。

保存

メモ帳と違う点として、色を付けることができる、特定の文字数で改行・折り返しができる、使いやすいようにカスタマイズすることができます。

HTML言語やプログラミング言語で書かれたソースコードを作成・編集したりする作業では、よく使用されています。