文字入力の基本

パソコンでの文字入力は、文字入力ソフト IMEを使って行います。

Windowsのパソコンでは、デフォルトで Microsoft IMEが使われています。Microsoft IME以外には、Google 日本語入力、ATOKなどがあります。

Windows 10のIMEは、タスクバー右下のタスクトレイに表示されます。

IME

「あ」や「A」と表示されている箇所で、右クリックすると設定項目が表示されます。ローマ字入力・かな入力の切り替え、単語の登録などIMEに関する設定を行うことができます。

IMEの設定

複数のIMEがインストールされている場合は、アイコンをクリックして切り替えることができます。

IMEの切り替え

切り替えたIMEも、右クリックで設定項目が表示されます。

切り替えたIMEの設定

ローマ字入力・かな入力

文字入力には、ローマ字入力とかな入力があります。

ローマ字入力とは、キーボードのKA→か、SA→さ のように入力されます。かな入力は、キーボードのK→の、S→と のようにキーボードに印字されている ひらがなが入力されます。

パソコンの出荷時やIMEの初期設定は、ほとんどローマ字入力になっています。IMEの設定で切り替えることができます。

かな入力の設定Microsoft IMEの例。

IMEの設定から、かな入力を使うをオンにします。


切り替えGoogle 日本語入力の例。

ローマ字入力・かな入力の切り替え。

半角と全角

文字入力には、半角と全角があります。半角は主にアルファベット・数字・記号、全角は主に日本語で使います。

半角と全角

入力時に「あ」となっていれば全角、「A」となっていれば半角です。一般的に半角と全角の切り替えは、キーボード左上にある 半角/全角キーで切り替えます。

半角/全角キー半角/全角キー。


半角と全角の切り替えブラウザの検索フォーム、メモ帳、Wordなどで、半角/全角キーを押すと、半角と全角が切り替わります。


半角から全角は、キーボード中央下の カタカナ・ひらがなキーを押して切り替えることもできます。

カタカナ・ひらがなキーカタカナ・ひらがなキー。

変換

文字入力における変換は、主にスペースキーとTabキーが使われます。

Microsoft IMEとGoogle 日本語入力に関していえば、スペースキーは一般的な変換、Tabキーは予測・学習変換で、ユーザーに候補を提示するという意味で サジェスト機能ともいいます。

スペースキーとTabキースペースキー(下)とTabキー(左上)。


スペースキーを押すと、その言葉に対応した漢字などが表示されます。スペースキーで選び、Enterキーで決定します。

スペースキーでの変換

Tabキーを押すと、その言葉に対応している部分のみの変換だけではなく、使われる可能性の高い他の単語や助詞なども含めて表示されます。Tabキーで選び、Enterキーで決定します。

Tabキーでの変換


Tabキーでは、使用頻度の高い単語も表示されるため、近年はTabキーをメインとし、必要に応じてスペースキーを使うということが多くなっています。

Microsoft IMEとGoogle 日本語入力では、入力中・入力後に表示されるのは、デフォルトでは予測変換の方になっているため、基本的に使用するキーは Tabキーであるといえます。

スペースキーはもちろん使うことがありますが、Tabキーにおける変換の精度・効率さはかなり高くなっています。これは、MicrosoftやGoogleが検索エンジンの会社でもあり、Webページに載っている言葉や文章、ユーザーの入力する単語や頻度など大規模な集積されたデータ、ビッグデータを保有・解析できるようになったことが関係しているといえます。

Shiftキー

キーボード入力では、Shiftキーを使うことが多くなっています。

例えば、A~Zのアルファベットの大文字は、Shiftキーを押しながら該当のキーを入力します。

ShiftキーShiftキー。


またカタカナを入力する場合は、一般的な方法として、Shiftキーを押しながら カタカナ・ひらがなキーを押すと、カタカナ入力に切り替わります。

カタカナ入力カタカナ入力。

再度ひらがなのキーを押すと ひらがな入力になります。


半角カタカナで入力する場合は、IMEの箇所で切り替えることができます。

記号や演算子も、Shiftキーを使って入力することが多くなっています。

例えば、#や%などの記号を入力する場合は、Shiftキーを押しながら、キーボード上段の数字のキーを押します。また計算を行う四則演算の演算子は、Shiftキーを押しながら、該当のキーを押します。

半角の状態では半角、全角の状態では全角に対応したものが出ますが、通常 記号や演算子は半角を使います。

記号や演算子

記号によっては、Shiftキーを使わずにそのまま入力できるものもあります。一般的に記号に関しては、それぞれのキーの上段に印字されているものは Shiftキーを使い、下段にあるものは Sfitfキーを使わずに入力することができます。また記号によっては、半角の状態でないと表示できないものもあります。

このように Shiftキーは、文字入力において重要なキーとなっています。