右クリックを使う

マウスやノートパソコンのタッチパッドは、左クリックと右クリックとがあります。

主な操作は左クリックが中心になってきますが、パソコンの基本的操作・応用的操作の大半は、右クリックによって可能となってきます。

パソコン操作を覚えていくには、右クリックを意識的に使用するという方法があります。

右クリックを使用していると徐々にパソコン操作のスピードが早くなったり、パソコンでできることが広がりを持つようになります。

いろいろなところで使える右クリック

右クリックは基本的にどこでもすることができます。どこの部分にマウスカーソルをあてて、右クリックするかによって表示される項目が異なるのです。

マイコンピュータのCD/DVDドライブのアイコン上で、右クリック→取り出しで、ドライブのトレイが開きます。

取り出し

ごみ箱 右クリック→ごみ箱を空にする。

ごみ箱

フォルダやファイル上で右クリックすると様々なメニューがあります。

メニュー

ドライブやフォルダ、ファイル上で右クリック→プロパティで容量を調べたりします。

容量

アイコンなども左クリックだけではなくて、右クリック→開くでも可能です。

開く

タスクバーの上で右クリックすると、タスクマネージャーなどを起動させることができます。

タスクバー

フォルダやファイル上で右クリックすると、パソコンにインストールしているウイルス対策ソフトで、そのフォルダやファイルのみスキャンすることができます。

スキャン

ブラウザ上で右クリック。メニューバー、お気に入りバーなどの表示・非表示を選べます。

ブラウザ

Windows 10。左下 スタートボタンで右クリック。プログラムと機能、デバイスマネージャなど比較的使用頻度の高い項目が表示されます。

Windows 10

いろいろなところで練習と思って右クリックしているうちに、パソコンの機能や仕組みを理解するのが早くなります。