スピーカーを取り付けて音を楽しむ

パソコンは、マザーボードにサウンド機能・サウンドチップが実装されているので、自作パソコンでもノートパソコンでも必ず音が出るようになっています。

自作パソコンでは、主にディスプレイにスピーカーが内蔵されていて音が出ています。ディスプレイにスピーカーが内蔵されていない場合は、外付けのスピーカーをつなぐことで音を出すことができます。

このページでは、自作パソコンにおける一般的なスピーカーの接続・取り付け方法について解説しています。

接続方法

パソコンとディスプレイ、パソコンとスピーカーなどの接続方法は、有線なら3.5mmステレオミニプラグUSB、無線ならBluetoothになります。マザーボードが対応している場合は、S/PDIF 光デジタルでの接続もできます。

最も一般的、汎用的な接続方法は、3.5mmステレオミニプラグです。

ディスプレイとの接続

自作パソコンやデスクトップパソコンで一番多いのは、ディスプレイの内蔵スピーカーで音を出しているパターンです。

音質はやや劣りますが、一般的な用途では問題ないレベルです。

オーディオ端子マザーボードのオーディオ端子。マザーボードにはサウンド機能が必ず付いています。LANと同じで基本的なデバイスになります。オンボードサウンドともいいます。


オーディオケーブル液晶ディスプレイなどに付属している オーディオケーブル。3.5mmステレオミニプラグケーブルともいいます。


出力端子ケーブルの色を合わせて接続します。パソコン側の出力は緑です。他にマイク(ピンク)、外部機器からの入力(青)などがあります。


液晶ディスプレイ液晶ディスプレイ側もケーブルと色が合うようになっています。


オーディオ端子、液晶ディスプレイも、緑が出力する端子、青が入力される端子と覚えます。

ディスプレイには、正面に出力端子が付いていることがあります。ここにイヤフォンをつなげば、音がディスプレイから出力されてイヤホンで聞くことができます。

HDMI接続では、オーディオケーブルは使用しません。

一般的な小型スピーカー

ディスプレイにスピーカーが内蔵されていない、あるいはディスプレイ内蔵のスピーカーやノートパソコンなどで、音質が物足りないという場合は、スピーカーを取り付けることができます。

一般的なスピーカーは、2つで1組になっているものがほとんどです。2.0chスピーカーともいいます。内蔵のスピーカーよりも音が広がりを持つようになりしっかりした音になります。

2.0chスピーカー一般的な小型スピーカー。


電源供給電源供給が必要になります。

USBバスパワーは、パソコンのUSB端子から電源をとります。

2.1ch スピーカー

小型のスピーカーに、もう一つウーファー(重低音)を担当したスピーカーを加えたものです。

2つ1組みのスピーカーは、2chスピーカーで、これに0.1ch(ウーファー)を足して2.1chスピーカーといいます。計3つのスピーカーです。ウーファーのスピーカーはやや大きめになります。

音楽や動画などで、音がさらに迫力が出るようになります。

2.1chスピーカー2.1chスピーカー。重低音担当スピーカーが追加されます。

5.1ch スピーカー

4つの小型のスピーカー、1つのウーファー、それにセンタースピーカーを加えたものです。

計6つのスピーカーで。5.1chスピーカーといいます。

マルチメディア(DVD・ブルーレイ)の再生で、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。再生には5.1chに対応したサウンド機能が必要で、自作パソコンではサウンドカードを増設することもあります。

5.1chスピーカー5.1chスピーカー。5+1で計6つのスピーカーになります。


5.1chでの再生ができないパソコンでも、2.1chのスピーカーとして再生されるので、完全な5.1chではないにしてもそれなりに高音質・迫力のあるサウンドになります。


スピーカーの例

パソコンとスピーカーの基本的な接続は、3.5mmステレオミニプラグケーブルやUSBです。

3.5mmステレオミニプラグやBluetoothは、対応していればスマートフォンやタブレットでも使えます。

近年は、USB接続のスピーカーが増えてきています。S/PDIF 光デジタル接続は、やや上級者向けです。

一般的には、スピーカーの筐体が大きいほど高音質になる傾向があります。

Amazon PCスピーカーのベストセラー

関連情報