ヘッドフォンとスピーカーの基本的なつなぎ方

パソコンでは、ヘッドフォンやイヤホン、スピーカーを使うことができます。

通常パソコンからの音は、パソコンに内蔵されているスピーカーやディスプレイに内蔵されているスピーカーなどから出ています。

端子にヘッドフォンやスピーカーをつなぐことで、内蔵スピーカーから外付けのヘッドフォンやスピーカーから音を出すことができます。

このページでは、最も基本的なステレオミニプラグによる接続を、実例を交え紹介しています。

ステレオミニプラグとUSB

ヘッドフォンやスピーカーの一般的な接続方法には、ステレオミニプラグUSBの2種類があります。ともに端子に接続するだけという簡単な方法になります。

ステレオミニプラグがアナログ、USBがデジタルとなります。音質に関してはそれほど違いが大きいわけではありません。

3.5mm ステレオミニプラグは、パソコンの他に スマートフォン、タブレット、オーディオ機器にも使われている 汎用性の高い規格です。イヤフォン端子といえば、ほぼこの3.5mm ステレオミニプラグの端子を指します。

USBの場合は、主にWindowsやMacなどのUSB端子をもつパソコンに繋ぐことができます。

無線では、Bluetoothによる接続もあります。

出力端子

ヘッドフォンやスピーカーは、パソコンやディスプレイの出力端子につなぎます。ヘッドフォンのマークが付いていたり、OUTと記載されています。

OUT デスクトップパソコンのヘッドフォン端子。OUTとあります。


マーク ノートパソコンの接続端子。ヘッドフォンのマークがあります。

液晶ディスプレイ 液晶ディスプレイのヘッドフォン端子。

ヘッドフォン

3.5mm ステレオミニプラグです。

ヘッドフォン

繋ぐだけです。

繋ぐ

パソコンからのすべての音をヘッドフォンで聞くことができます。

ヘッドフォンで聞く

パソコン以外でも、スマートフォンなどの端子にももちろん繋ぐことができます。

スマートフォン

スピーカー

それでは次にスピーカーを繋いでみます。

2.1ch スピーカー


デスクトップなら背面に 3.5mmステレオミニプラグ用の出力端子があります。ここにつなぎます。

出力端子


前面の端子に繋いでも音は出るようになっています。

前面の端子


ノートパソコンは、ヘッドフォンと同じ端子につなげばいいだけです。

ヘッドフォンと同じ端子


ノートパソコンにもスピーカーを取り付けることができます。

ノートパソコン


ヘッドフォンと同じように、3,5mmステレオミニプラグがあるスマートフォンやタブレットにも接続することができます。

スマートフォン


ヘッドフォン

パソコンやスピーカーに内蔵されているスピーカーの音は、スピーカーそのものが小型なので、どうしてもこもったような音やかすれたような音になる傾向があり、届く音がよく聞こえないということもあります。

音は、波として空気中を振動して伝わってきます。

そのため減衰するという特徴があります。また音源が小さければ波も弱いため、パソコンから出た音は、人が音として認識するときにはかなり減衰して、本来の音が聞こえなくなっているということになります。

ヘッドホンを使うということは、減衰をなくすということであり、スピーカーを使うというのは、音源を大きくするということになります。

ヘッドフォンやスピーカーを使うと、聞こえない音が聞こえる、本来のデジタルサウンドが聞こえるといわれるのは、こうした音の持っている特性があるからといえます。

Amazon イヤホン・ヘッドホンのベストセラー

ヘッドセット

ヘッドフォンとヘッドセットの違いは、マイク機能が付いているかどうかです。音声通話ができるマイク機能が付いているものを、ヘッドセットといいます。

ヘッドセットにもステレオミニプラグとUSBの2種類のものがあります。ステレオミニプラグのヘッドセットは、マイク用と音声聞き取り用の2本のケーブルが付いており、USBに変換するコネクターが付属していることがあります。

Amazon PC用ヘッドセットのベストセラー

スピーカー

スピーカーには、2.0ch、2.1ch、5.1chなどのスピーカーがあります。

2つ一組のスピーカーを 2.0chスピーカーといいます。2.1chスピーカーは、重低音担当のスピーカー(ウーファー)が追加されて全部で3つのスピーカーあります。

5.1chは、4つのスピーカーに1つの重低音担当のスピーカーが付いているものをいいます。

よく使われるスピーカーは 2.0chと2.1chスピーカーです。

5.1chでは 5.1chスピーカーに対応したパソコンなどで使用されます。