パソコンパーツはパソコンショップに豊富にある

自作パソコンのパーツは、パソコン専門店やパソコンパーツを取り扱う専門店で購入することができます。

通常の電器店・家電店ではほとんど取り扱っていないので、行ったとしてもPCケース、ハードディスクやメモリー、OSなどパソコンを自作する上で必要なパーツを用意することはできません。

パソコンパーツを販売している店はパソコンショップ、PCパーツ店とも言われます。

バルク品ここには、バルク品といわれる梱包や保障を簡素化したパソコンのパーツ・部品が販売されています。

専門店なので品数が豊富で、価格も家電店などに比べると低いのが特徴です。


ハードディスクなら3.5インチや2.5インチ、メモリーならDDR3、DDR4、PCケース・マザーボードなら、ATXやMicroATXなど、また部品の組み立てに必要なネジや工具、インストールするOSなどパソコンを自作する上で必要なものはほとんど揃っていいます。

BTOパソコンまた自社ブランドのBTOパソコンをおいているお店もあります。

店舗・通販ショップ

パソコンショップは実店鋪と通販を兼ねているお店がほとんどです。店舗でパーツも販売されていますが通販でも同じように購入できます。

近場にパソコンショップ・PCパーツ店がない、行く時間がないという場合は、通販を利用するという方法もあります。

主な通販サイトには、以下のようなところがあります。

ヨドバシカメラは大型家電店ですが、パソコンパーツもそれなりに揃っています。

主に中古品を取り扱っているところは、以下のところがあります。

中古パーツの探し方

中古のパソコンパーツといえば、じゃんぱらです。主要都市に実店舗があります。

検査品質、価格の妥当性、在庫、商品の質、検索機能など総合的にランクが高いです。

サイト内の検索を使い、例えば Core i7 3770のCPUを探しているのなら、サイトで 3770とか型番の一部を入力して検索します。探している商品名や商品名の一部 例えばチップセット名などを入力するのもいいでしょう。

中古パーツは、ヤフーオークションも市場規模が大きく見つけやすいのですが、保証等が一様でないため若干注意は必要です。

新品パーツの探し方

新品のパソコンパーツは、やはり価格.comやAmazonを利用している人が多いようです。

CPUやマザーボードなど、ソケットやチップセットが変わったあとも、しばらく新品の在庫は残っていますので、1世代前や2世代前の新品のパーツが見つかることもあります。

価格.comは、パソコンパーツの最安値などを調べることができます。製品ごとにジャンル分けされているので探しやすくなっています。

Amazonもパソコンパーツは多いです。バルク品や中古品(マーケットプレイス)もあったりします。送料が無料なので、最安値がAmazonということもあります。

価格.comとAmazonのいいところは、商品のレビューが見れるところにあります。その商品を使ってみてどうだったか、という率直な感想が見れたりするので購入前の判断材料になります。

特価品やアウトレット品

パソコンパーツ店などでは、特価品やアウトレット品という扱いで一部の商品を安く提供していることがあります。

特によく見られるものとしては、型落ちした商品や訳あり品などです。

パソコンパーツは新機能を搭載した商品や高性能な商品が短い期間で次々と出てくるので、今までの商品が型落ちすることになります。

次の製品が出るので、今までの在庫品を処分するという時に特価品として安くなることがあります。

CPU、マザーボードなど世代が変わるときに こうしたことがよくあります。

店舗側が早く売れてほしい、早く在庫を処分したいというときに、需給バランスで値下げされることも多いということです。

またアウトレット品というのは、特別な理由で安くなる商品のことですが、一番多いのが外箱の破損や展示品処分などです。これらも製品自体には特に問題ないのですが価格が安くなることがあります。

特価品やアウトレット品になりやすいものとしては、PCケース、電源、グラフィックボード、光学ドライブなどがあげられます。

為替相場との関係

パソコンパーツの価格は為替相場の影響を受けやすくなっています。

これはパソコンパーツの多くが海外から輸入されているためです。

1ドル=80円、1ドル=100円とかよくニュースでも取り上げられます。これが為替相場です。1ドルが80円から100円になったときは円安が進んだいいます。

例えば1ドル80円の時、海外で1ドルのパソコンパーツを輸入代理店などが輸入する場合、円は80円支払われます。これに対して 1ドル100円の時、同じく1ドルのものに対して今度は100円支払うことになります。

正確にはドル建てなので、1ドルのものを輸入する際に、輸入代理店が1ドル用意するために 余計に円を払ってドルに変える必要があります。

1ドルに対して円の価値が下落しているため、20円余計に支払うことになります。

つまり、パソコンパーツは円高の時が安く、円安になると高くなることになります。円高の時のほうがお買い得ということになります。

傾向としてパソコンパーツ全般にいえることですが、特に影響がすぐに出るのが米国産のパソコンパーツです。Intel(CPU、マザーボード、SSD)、電源(Antec)、PCケース(Antec、CoolerMaster)、AMD(CPU、グラフィックボード)など。

またマザーボードやハードディスク、メモリーなども円安が進むとじわじわと価格が上がってきます。