バルク品とリテール品の違い

パソコンパーツには、バルク品とリテール品があります。

バルク品というのは、その言葉の響きから保証がないもの、動作するかどうか分からないものというイメージもあるかもしれません。それはジャンク品になります。

動作するかどうか分からないもの、未検証のもの、保証期間がないものをジャンク品といいます。

このページでは、バルク品とリテール品とは何か?実例を交えて解説しています。

バルク品

バルク品というのは、パソコンメーカーで過剰在庫になったパーツ、使われなくなったパーツがパソコンショップに流通して販売されているものです。

パソコンパーツのメーカーは、パソコンを組み立てるメーカーにハードディスクや光学ドライブ、メモリー、CPUなどをまとめて販売するのですが、その際に余った在庫がそのままパソコンパーツ店に流通します。

ですからパソコンショップに流れたパーツは、簡易包装で販売されます。

バルク品といえども、本来は 市販されるパソコンに組み込まれるパーツですから、品質はほとんど問題ないわけです。

bulk バルクは、ばら積みとか船の積荷という意味があります。

バルク品は簡易包装ということもあり、価格が安いなどのメリットがあります。

特徴とメリット

  • 元はパソコンメーカー向け
  • 価格が安い
  • パッケージ、包装が簡素化されている
  • 保証期間がやや短い(3ヶ月~10ヶ月)
  • 主にPCパーツ店、専門店で販売されている

バルク品 主なパーツ

バルク品としてよく店頭でみるのは、下記のようなパーツがあります。これらのパーツはバルク品だけというわけではなくて、バルク品もリテール品もあるというのが一般的です。

  • ハードディスク
  • メモリー
  • 光学ドライブ
  • カードリーダー

ハードディスクバルク品のハードディスク。

パソコンショップで積まれて販売されていることがあります。


光学ドライブバルク品の光学ドライブ。

リテール品

リテール品というのは、バルク品と逆できちんとパッケージに入って販売されているものです。

パソコンパーツメーカーが、外装箱メーカー保証書、説明書、添付CDなどを付属して、一般ユーザーに販売するために出荷した正規品です。

ボックス品、パッケージ品ともいいます。

特徴とメリット

  • 一般ユーザー向け
  • バルク品より価格が高い
  • パッケージ、包装がしっかりしている
  • その部品に関連するソフトが添付していることが多い
  • 保証期間が長い(1年~3年)

リテール品 主なパーツ

リテール品としてよく店頭でみるのは、下記のようなパーツがあります。パソコンパーツで使用されるものは、ほぼすべてリテール品です。

  • PCケース
  • 電源
  • CPU
  • グラフィックボード
  • SSD

CPUIntel製CPU。

CPUはIntel製とAMD製とがありますが、ともにリテール品です。CPU、CPUクーラーなどセットになっています。CPUクーラーにはグリスが塗布されています。


グラフィックボードグラフィックボード。

グラフィックボード本体、マニュアル、ドライバCDなどがセットになっています。


リテール品リテール品のSSD。


箱の中リテール品の箱のなかには、マニュアルや添付CD、ケーブルなどが一緒に入っています。

ただ最近は、SSD本体とマニュアルのみと簡素化されてきています。

どちらが人気がある?

バルク品とリテール品の両方があるパソコンパーツではどちらが人気があるのでしょうか?

バルク品もリテール品もあるパーツには以下のものがあります。

  • ハードディスク
  • メモリー
  • 光学ドライブ
  • カードリーダー

前述したように製品の質というのは、ほとんど変わらないので価格の安いバルク品のほうが人気があります。

ただし最近では、バルク品とリテール品の価格差がなくなってきたことと、リテール品の保証期間が長くなってきているので、それほど大きな違いというのはなくなりつつあります。