テザリングとは

スマートフォンにはテザリングという機能があります。テザリング tetheringは、つなぎとめるという意味。

テザリングを有効にすると、スマートフォンで使用しているパケット通信を、パソコンなどで使うことができます。

例えば、出先でノートパソコンを持ち歩いていたり インターネット環境のないところで、インターネットに接続したいということがしばしばあります。

こうしたときに、スマートフォンのテザリングを活用することができます。

設定

アンドロイド系のスマートフォンでは、設定→無線とネットワークにテザリングの設定箇所があります。

設定

テザリングにはUSBケーブルを使うUSBテザリング、無線、Bluetoothで使う方法があります。

無線で使う場合は ポータブル Wi-Fiアクセスポイント。タップして有効にします。

Wi-Fiアクセスポイント

確認画面が出たらOK。

確認画面

テザリングが有効になると、左上にテザリング使用中のマークがでます。

マーク

この時点で スマートフォンがモバイルルーターのようになります。スマートフォンから電波が出ており、その電波(SSID)を拾えば パソコンでもインターネットに接続できます。

SSIDとパスワードは、ポータブル Wi-Fiアクセスポイント設定で行うことができます。

アクセスポイント設定

Wi-Fiホットスポットを設定。

Wi-Fiホットスポットを設定

SSID、セキュリティ、パスワードを自分で設定することができます。

一度設定すれば、以後テザリングを有効にした時は 設定内容を記憶した状態となるため、テザリングを有効にする度に設定したりする必要はありません。

SSIDとパスワードの設定

基本的にはデフォルトのままでも特に問題はないと考えられますが、自分で分かりやすいように設定することができます。

パソコンで使う

無線を受信できるノートパソコンやタブレット、子機を増設しているパソコンであれば、電波・SSIDを受信できます。

ノートパソコン無線LANと考え方は同じです。

テザリング中のスマートフォンは、モバイルルーターや無線LANアクセスポイントと同じと考えます。


SSIDが表示SSIDが表示されるので、クリックしてパスワードを入力します。


インターネットに接続インターネットに繋がります。


USBテザリングUSBテザリングは、USBケーブルをパソコンと繋ぎ「USBテザリング」をONにします。


Bluetoothテザリング

タブレットのインターネット接続。Wi-FiテザリングかBluetoothテザリングで接続できます。

両機器がBluetoothに対応していれば、機器同士を Bluetoothでペアリングします。


USBテザリングとBluetoothテザリングでは、暗号化は必要ありません。

料金

テザリングをすると、別途料金がかかることもあります。

例えば、携帯電話の料金プラン(通話定額・データ通信定額)なら、ドコモは無料(FOMAは除く)、auはオプションで月額500円、ソフトバンクはオプションで月額500円のようになります。

データ通信定額なら、別途通信料がかかることはありません。しかしパケット通信の上限を超えると速度が遅くなります。

料金プランや機種、キャンペーンなどによって違いがあるため、テザリングを使用する際は念のため 近くのショップなどで確認しておいたほうがいいでしょう。