WimaxとLTE

モバイルデータ通信とは、外出先など場所を選ばずにインターネット接続できるサービスです。対応エリアは非常に広くなっており、定額で利用できるところが増えてきています。

現在主流のモバイルデータ通信は、WimaxとLTEになります。

このページでは、WimaxとLTEの違いについて解説しています。

Wimax

WimaxWimaxは、無線通信規格のことを指します。

UQコミュニケーションズが提供しているデータ通信規格・回線です。

無線の周波数帯は、2.5GHz帯を使用しています。

UQコミュニケーションズは、KDDIグループの会社になります。事実上 KDDIの回線・インフラになります。そのため、auのLTEエリアで使えたり スマートフォンの割引が適用されることがあります。

Wimaxの規格をさらに高速化したのが Wimax2、Wimax2+になります。

LTE

LTELTEとは、携帯電話各社、キャリアがデータ通信用に提供している回線の規格です。

携帯電話会社の回線・インフラです。


Gは generation(世代)略です。それぞれの世代で使用する周波数帯などが異なり、通信速度の向上がみられます。

  • 3G・・・第3世代、W-CDMA・cdma2000、2GHz帯など
  • 3.5G・・・第3.5世代、HSDPA、HSUPA、2GHz帯など
  • 3.9G・・・第3.9世代、LTE、2GHz帯
  • 4G・・・第4世代、LTE-Advanced、3.5GHz帯など
  • 5G・・・第5世代、Sub6(3.7GHz帯と4.5GHz帯)ミリ波(28GHz帯)

LTEは、第四世代 4Gの手前の規格、準備段階の規格として 3.9Gにあたり4Gではないのですが、LTEと呼称していいと ITU 国際電気通信連合に認可されています。正式な第4世代 4Gは LTE-Advancedといい 2016年にスタートしています。

LTEやLTE-Advancedは、呼称に関して分かりづらいところがありますが、一般的にどこのキャリアも両方をまとめて4Gとしています。2020年に5Gが始まる予定です。

速度

WimaxとLTEの速度の違いはよく比較されるところですが、Wimaxは Wimax2やWimax2+もありますので、LTEと比べるとそれほど大きな違いはありません。

どちらもブロードバンドともいえる回線で 動画視聴やダウンロードなどは一般的な固定回線とほとんど遜色はありません。

しいて言えば Wimax<LTE、Wimax2=LTEという感じです。

ただWimaxやLTEは、光ファイバーやCATVなどの有線のインフラとは異なり、無線にななるため帯域の幅に限りがあります。1日や1ヶ月単位でデータ転送の上限が設定されていることがあり、この点は注意したほうがいいでしょう。

対応エリア

対応エリアはかなり広いと考えていいでしょう。

WimaxもLTEも人口カバー率は95%~99%としています。特に都市部では ほぼ完全にカバーされています。ただ山間部や島などは LTEの対応・非対応は異なることがあります。

Wimaxや他のLTEではエリア外でも、ドコモやauのLTEは使えるという地域があります。ドコモとauは 山間部などでもLTEの使えるエリアがやや広いという傾向があります。

使用する機器にもよりますが、一般的にWimax2が使えないエリアでは Wimax、LTEが使えないエリアでは3Gというように、Wimax2やLTEの未対応エリアでは 下位のサービスを使うことができます。

モバイルルーター

Wimax、LTEともに、モバイルルーターが使われます。

モバイルルーター

モバイルルーターには その機器固有のSSIDがあります。

パソコン、スマートフォン、タブレットでSSIDを見つけパスワードを入力すれば、 インターネットに接続することができます。

モバイルルーターは Wimaxや各携帯電話会社の専用のものを使います。多くの機器は レンタルや月額使用料に含まれます。モバイルルーター以外には USBタイプの子機もあります。

LTE回線は、モバイルルーターの他に LTE対応のスマートフォンのパケット通信で使われています。テザリングすることで スマートフォンをモバイルルーターのように使うこともできます。

モバイルルーターやスマートフォンには、SIMカードが内蔵されており、固有の情報が書き込まれています。