情報資産のバックアップ

バックアップ用の機器ひとつとして ネットワークディスクがあります。LAN接続タイプのハードディスクで NAS ナスともいいます。どちらかというと、主に会社や事業所で使われる傾向があります。

データバックアップ用の他に、複数のPCからアクセスできるという特徴があるため、共有データをおいて使うということもあります。

ネットワークディスクでありがちなのが、データのおき場所になってしまっていることです。

この状態で ネットワークディスクが壊れると、データを喪失してしまうことになります。

ハードディスクを2台搭載しミラーリングするRAID1のものもありますが、操作ミスや予期せぬトラブルで、2台のハードディスクに入っていたデータが消えるということもあります。

会社や事業所の場合は、データというよりも 情報資産という捉え方が適切になります。業務が中断したりすると、可用性の損失ともいうことができます。

ネットワークディスクにのみデータが入っている場合は特に、ネットワークディスクのデータバックアップを検討すべきといえるでしょう。

USBデバイス

バックアップの方法として、NASからUSBデバイスへのバックアップがあります。

多くのネットワークディスクは、USBデバイスへのバックアップが想定された作りになっています。

USBポートNASの背面にUSBポートがあり、USBの外付けハードディスクなどを繋ぐことができるようになっています。


NASの管理画面内で、接続されたUSBデバイスを指定し バックアップの設定をすることで、NASからUSBデバイスにバックアップが行われます。

ネットワークディスクが壊れたりしても、USBデバイスにデータがあるため データは保全される可能性が高くなります。

また、ネットワークディスクにアクセスできないなどのトラブルの際、応急的に USBデバイスをパソコンに接続して共有したりできます。

NASからUSBデバイスのバックアップを取る場合は、Windowsのパソコンで見れるように USBデバイスのファイルシステムはNTFSのほうがいいでしょう。

レプリケーション

NASからNASへのバックアップがあります。もうひとつネットワークディスクを用意して バックアップを行うというものです。ネットワークを介してデータを同期させ、片方が不調になった際も、データへのアクセスが可能であることから レプリケーションということもあります。

ネットワークディスクの多くが、他のネットワークディスクへのバックアップができるようになっています。

管理画面NASの管理画面内で、他のネットワークディスクを指定しバックアップの設定をすることで、LAN内でバックアップが行われます。


これにより ひとつめのネットワークディスクが壊れたり不調になっても、もうひとつのネットワークディスクで代替できる、データを保全できるということになります。

トリプルバックアップ

トリプルバックアップとは、3重・3箇所にバックアップすることです。

例えば、ハードディスク1台のネットワークディスクが現在1つあるなら、USBデバイスと別のネットワークディスクにそれぞれバックアップを行います。

ハードディスクを2台搭載のRAID1のネットワークディスクでも同様です。USBデバイスや別のネットワークディスクにバックアップを行います。

こうすることで、仮に通常使っているネットワークディスクが故障しても、バックアップ用のネットワークディスクを使えるので業務に支障がでることはないでしょう。

トリプルバックアップをするかどうかは、データの量、業務における重要性、データを喪失した場合の影響度などを考えることになります。